追っかけとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 追っかけの意味・解説 

おっ‐かけ【追っ掛け】

読み方:おっかけ

追いかけること。

副詞的に用いて物事引き続いてすぐすること。「試験終わると—夏の合宿がある」

映画で、追跡の場面。

熱狂的なファン俳優歌手などの移動先まで追っていくこと。また、そのような熱狂的なファンのこと。

人力車夫などが辻待(つじま)ちをして客を引くこと。


グルーピー [groupie]/おっかけ/追っかけ<ステージ用語>


追っかけ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 16:30 UTC 版)

追っかけ(おっかけ、英:groupie グルーピー)とは、有名人のファンが、熱狂的になるあまりに、その有名人の行く先をどこまでも追いまわしてしまう行為。ストーカー行為の一種[1][注 1]。またそれを行う人のことも指し、ストーカーの一種。


  1. ^ 警察では、追いかけられた人から申し立てがあれば、即、「ストーカー行為」として統計に組み入れている。法的に見て、やられる人から見て迷惑に感じられるわけなので、ストーカー行為そのもの、との判断になる。
  1. ^ 「平成21年度ストーカー事案及び配偶者からの暴力事案の対応状況について」 (PDF)
  2. ^ a b c d e f 岩波明『ポケット図解臨床心理学がよーくわかる本: 現代人の「心の病」を治療する』秀和システム、2006。p.126
  3. ^ 韓国のサセンが怖すぎる!自宅侵入、携帯変えても10分で特定 | 女性自身” (日本語). WEB女性自身 (2016年1月7日). 2018年12月18日閲覧。
  4. ^ 〈最強ストーカー女〉極秘婚のアンディ・ラウを糾弾!「見栄っ張りで利己的な男!謝罪して」―中国
  5. ^ 熱狂的ファンも!甲冑で踊る名古屋の“イケメン武将隊”が人気(2010年5月1日、東京ウォーカー
  6. ^ この記事はインターネット上にも公開されている。


「追っかけ」の続きの解説一覧

「追っかけ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

追っかけのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



追っかけのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2022 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの追っかけ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS