バースとは?

バース【BaaS】


バース【Bath】

ロンドンの西約150キロメートルにある都市紀元前から先住ケルト人が、この地の温泉信仰対象としたとされる。ローマ帝国支配下にあった紀元1世紀には大浴場神殿が建てられた。その後一時衰退するが、18世紀飲泉流行すると、上流階級保養地として活気取り戻した。1987年に「バース市街」として世界遺産文化遺産)に登録。

バースの画像
ローマ浴場のようす/撮影Loren Sztajer http://os7.biz/u/CAgGS

バース【berth】

船舶列車旅客機などのようになった寝台

船の停泊場所。錨地(びょうち)。また、飛行機停留場所。

バス・タクシーの発着所


バース【verse】

韻文。詩。

詩の一行また、詩の節・連。


バース

〔名〕 (英 berth

① 船や列車などのようになった寝台

或る女1919)〈有島武郎〉前「あなたの寝床(バース)のの下に置いときましたから」

船舶停泊場所。

*泥の勲章1963)〈邦光史郎〉一〇「つまり、タンカー用の船席(バース)なのだ」

③ バス・タクシーの発着所客待ち所。


バース(イギリス)

ロイヤル・クレッセント/バース

バースはロンドンの西140kmイギリス南部エイヴォン県の街です。ブリテン島南部ローマ人支配していた1世紀ころに造られた公衆浴場跡が有名で、街の名前そのままバス(bath)の語源となりました。現在も国内随一温泉場で、毎日125リットルお湯涌き出ています。バースには、全長180mの三日月型の建物ロイヤル・クレッセントなど18世紀ジョージアン形式建造物数多く残っており、街そのものユネスコ世界遺産に登録されています。


バース

名前 BaasBarthBassBaarsBaaseBarrsBarssBathBers

バース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/09 05:16 UTC 版)

バースヴァース)は、英語で




「バース」の続きの解説一覧



バースと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「バース」に関係したコラム

  • ETFの銘柄一覧

    ETFの銘柄数は2012年9月の時点で約140あります。そして、いずれの銘柄にも価格の連動となる対象の商品があります。ここでは、ETFの銘柄をジャンルごとに紹介します。表の「コード」は株式コード、「市...

  • ETFを始めるための最低資金は

    ETFを始めるための最低資金はいくらでしょうか。ETFの取引では売買代金に加えて取引手数料などの費用がかかるため、最低資金は次の計算式で求めることができます。資金=売買代金+取引手数料+その他費用売買...

  • 株式売買を行う日本国内の証券会社の一覧

    個人投資家が株式投資を行う場合、証券会社を通じて株式売買を行うのが一般的です。証券会社は、株式などの有価証券の売買をはじめ、店頭デリバティブ取引や有価証券の管理を主な業務としています。日本国内の証券会...

  • ETFの銘柄の取引単位は

    ETFの取引単位は銘柄により異なります。ETFの場合、取引単位は10株単位や100株単位であることが多いようです。また、価格が1万円前後の銘柄は1株単位、100円前後の銘柄は1,000株単位が多いよう...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「バース」の関連用語

バースのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



バースのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
近畿日本ツーリスト近畿日本ツーリスト
Copyright(C) All rights reserved by Kinki Nippon Tourist.
近畿日本ツーリスト世界遺産
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバース (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS