wealthとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 映画情報 > wealthの意味・解説 

富の力

原題:Wealth
製作国:アメリカ
製作年:1921
配給:パラマウント輸入
スタッフ
監督:William Desmond Tayler ウィリアム・デスモンド・テイラー
原作:Cosmo Hamilton コスモ・ハミルトン
脚本:Julia Crawford Ivers ジュリア・クロフォード・アイヴァース
キャスト(役名
Ethel Clayton エセル・クレイトン (Mary McLeod
Herbert Rawlinson ハーバート・ローリンソン (Phillip Dominick
J. M. Dumont  (Gordon Townsend
Lawrence W. Steers  (Oliver Marshall
George Periolat ジョージ・ペリオラット (Irving Seaton
Claire McDowell クレア・マクドウェル (Mrs. Dominick
Jean Acker ジーン・アッカー (Estelle Rolland
Richard Wayne リチャード・ウェイン (Dr. Howard
解説
英国戯曲家で「男、女、金」などの原作者なるコスモ・ハミルトン原作で、ジュリア・クロフォード・アイヴァース脚色し、「緑の誘惑」などと同じくウィリアム・デスモンド・テイラー監督によったもの。主役エセル・クレイトンと今ユ社の花形ハーバート・ローリンソンそのほかクレア・マクドウェルジョージ・ペリオラット出演する。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
若い女画家メエリー・マクレオドは「荒める女」のモデルを捜しにある踊場行き大胆突飛な金持ち息子フィリップ・ドミニックに認められた。フィリップ聡明そのもののようなエメリーの姿に心ひかれた。数週の後メエリーは家へ帰る列車中で財布忘れて来たのに気がついて途方にくれていた時、乗り合わせフィリップが彼女の兄と名乗って現れ窮境を救ってやる。これが縁で2人恋仲となって結婚する。フィリップの母はこれを好まず、2人の仲を割いて息子を富める社交界婦人結婚させようとしていた。母の富に依頼する生活を快しとしないメエリーは、夫に薦め独立の生活をしようといっていたが、その中2人の仲に子供生まれフィリップの母も純真赤児笑顔には頑くなる心も柔かくならざるを得なかった。その中赤児は病で死し、フィリップ旅行誤解したメエリーはドミニック家を去って己が画室は帰った。フィリップは帰って来て子供の死んだこと、妻の去ったことを聞き、富が2人に幸福を さない、富はかえって2人呪わしいものだ!と母に叫んで妻の元へ走った。

(wealth から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/19 14:24 UTC 版)

(とみ、:Wealth)は、価値ある資源または物的な財産が豊富にあること、またはそのような資産を支配することである。そのような財産または資源を豊富に持つ個人、コミュニティ、地域または国は、富んでいる(豊かである)とされる。


  1. ^ Denis "Authentic Development: Is it Sustainable?", pp. 189-205 in Building Sustainable Societies, Dennis Pirages, ed., M.E. Sharpe, ISBN 1-56324-738-0, 9781563247385. (1996)
  2. ^ Anthony T. Kronman, "Wealth Maximization as a Normative Principle", The Journal of Legal Studies, vol. 9 (March 1980)
  3. ^ James B. Davies, Susanna Sandström, Anthony Shorrocks, and Edward N. Wolff. (2008). The World Distribution of Household Wealth. UNU-WIDER.


「富」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「wealth」の関連用語

wealthのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



wealthのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの富 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS