リベラルアーツカレッジとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 施設 > 教育施設 > アメリカ合衆国の大学 > リベラルアーツカレッジの意味・解説 

リベラルアーツカレッジ

英語:liberal arts college

米国において、人文科学中心とする、いわゆるリベラル・アーツ主体とする大学基本的に少人数で、教養や一般教育に重点を置いた教育を行っている。例としては南バージニア大学カールトン大学など。基本的に私立大学が多い。

一般的に、リベラルアーツカレッジは学部生教育充実しているとされる。これに対して研究開発および大学院生養成充実している大学リサーチユニバーシティという。

リベラル・アーツ・カレッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/27 19:38 UTC 版)

リベラル・アーツ・カレッジ英語: Liberal Arts College)は、リベラル・アーツ教育に焦点をあてた教育を学部課程で行なう4年制大学。


  1. ^ ミネソタ大学モリス校など、州立のリベラル・アーツ・カレッジも少数ながら存在する。
  2. ^ a b ワールドアトラス
  3. ^ What is Liberal Arts?”. Southern New Hampshire University. 2019年11月閲覧。
  4. ^ a b History of a Liberal Arts Education”. Liberal Arts School Review. 2019年11月閲覧。
  5. ^ ハーバード大学1636年)、ウィリアム・アンド・メアリー大学1693年)、イェール大学1701年)、ペンシルベニア大学1740年)、プリンストン大学1746年)、コロンビア大学1754年)、ブラウン大学1764年)、ラトガース大学1766年)、およびダートマス大学1769年)。
  6. ^ アイビー・リーグ8校のうち、コーネル大学1865年創立であるため、コロニアル・カレッジには含まれない。
  7. ^ マウント・ホリヨーク・カレッジ(1837年)、ヴァッサー・カレッジ(1865年)、ウェルズリー・カレッジ(1875年)、スミス・カレッジ(1875年)、ラドクリフ・カレッジ(1879年)、ブリンマー・カレッジ(1885年)、バーナード・カレッジ(1889年)の7校。うち、ヴァッサー・カレッジはのちに共学化し、ラドクリフ・カレッジはハーバード大学と統合したが、残る5校は現在も女子大学のままである。
  8. ^ by the numbers”. UC Berkeley. 2019年11月閲覧。
  9. ^ ミネソタ州セントポールマカレスター大学や、コロラド州コロラドスプリングスのダウンタウンに近接するコロラドカレッジなど、大都市に置かれているリベラル・アーツ・カレッジも一部ある。
  10. ^ 10 Reasons to attend a liberal arts college”. 2019 Nov閲覧。
  11. ^ 「Methodology for Wall Street Journal Times Higher Education College Rankings 」2020”. Times Higher Education. 2019年9月閲覧。
  12. ^ ベスト・リベラルアーツ・カレッジ”. タイムズ・ハイヤー・エデュケーション. 2019年11月閲覧。
  13. ^ トップ・リベラルアーツ・カレッジ2019”. Forbes. 2019 Nov閲覧。
  14. ^ 最も入学の難しい米大学”. Niche. 2019年11月閲覧。
  15. ^ リトル・アイヴィー


「リベラル・アーツ・カレッジ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「リベラルアーツカレッジ」の関連用語

リベラルアーツカレッジのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



リベラルアーツカレッジのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリベラル・アーツ・カレッジ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS