参照資料とは? わかりやすく解説

参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/21 14:13 UTC 版)

シコルスキー S-97」の記事における「参照資料」の解説

この項目は、航空関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(ポータル 航空 / プロジェクト 航空)。 表 話 編 歴 アメリカ軍VTOLSTOL機 空軍1952 - 1962XV-1 XV-2(英語版XV-3 陸軍1956 - 1962VZ-1(英語版) VZ-2 VZ-3 VZ-4(英語版) VZ-5(英語版) VZ-6(英語版VZ-7英語版VZ-8英語版) VZ-9(英語版) VZ-10(英語版) VZ-11(英語版VZ-12 命名法改正1962 -OV-1 CV-2 XV-3 XV-4(英語版) XV-5(英語版XV-6 CV-7 XV-8(英語版)/AV-8/AV-8B XV-9 OV-10 XV-11(英語版) OV-12/XFV-12 XV-15 AV-16 UV-18 UV-20 V-22 UV-23(英語版) XV-24(英語版攻撃機 爆撃機 輸送機 電子戦機 戦闘機 グライダー ヘリコプター 観測機 対潜哨戒機 無人機 偵察機 練習機 汎用機 V/STOL Xプレーン 飛行船 垂直離着陸機一覧 アメリカ軍機の一覧 表 話 編 歴 回転翼機 ヘリコプター シングルローターテールローター ノーター フェネストロン(ファンテイル) ツインローター二重反転式ローター タンデムローター サイド・バイ・サイド・ローター 交差反転式ローター マルチローター式(マルチコプター)トライコプター クアッドコプター ヘキサコプター オクトコプター その他複合ヘリコプター オートジャイロ 航空機の分類回転翼機 表 話 編 歴 各国複合ヘリコプター シコルスキー・エアクラフトシコルスキー S-69 シコルスキー S-72 Xウイング シコルスキー X2 シコルスキー S-97 レイダー SB>1 デファイアントシコルスキー S-100 N100FV 〕 ベル・ヘリコプターベル 533英語版ロッキードXH-51 (航空機)(英語版AH-56 シャイアン パイアセッキ・エアクラフトX-49 カモフKa-22 ユーロコプターユーロコプター VFW-フォッカーVFW・フォッカー H-3 スプリンター複合チップジェット・オートジャイロ 〕 フェアリー・アビエーションロートダイン〔 複合オートジャイロジェット ジャイロダイン複合オートジャイロフレットナーFI 185 (航空機)(英語版)〔 複合オートジャイロFI 265複合オートジャイロマクドネル・エアクラフトXV-1〔 複合オートジャイロコンバーチプレーン萱場工業萱場 ヘリプレーン 1型複合オートジャイロ関連項目ヘリコプター オートジャイロ コンバーチプレーン 二重反転式ローター ABC ローター

※この「参照資料」の解説は、「シコルスキー S-97」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「シコルスキー S-97」の記事については、「シコルスキー S-97」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/06 01:02 UTC 版)

佐々木富雄」の記事における「参照資料」の解説

^ “Tomio Sasaki Olympic Results”. Sports Reference LLC. 2020年4月17日時点オリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ2018年3月15日閲覧

※この「参照資料」の解説は、「佐々木富雄」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「佐々木富雄」の記事については、「佐々木富雄」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/25 05:11 UTC 版)

ジャドソン・ダンス・シアター」の記事における「参照資料」の解説

^ a b c d e f g Banes, Sally (1998). “Judson Dance Theater”. International Encyclopedia of Dance. doi:10.1093/acref/9780195173697.001.0001. ISBN 9780195173697. https://archive.org/details/internationalenc0000unse_q4s8. ^ Johnston, Jill (1962年8月23日). “Democracy”. The Village Voice. https://movementresearch.org/criticalcorrespondence/blog/wp-content/uploads/2012/07/DEMOCRACY_JillJohnston_Aug23_1962-2.pdf ^ “Yvonne Rainer, "No Manifesto"”. 2020年3月25日閲覧。 ^ Rainer, Yvonne (Winter 2009). “Trio A: Genealogy, Documentation, Notation”. Dance Research Journal 41 (2): 16. JSTOR 27764529. ^ Staff (September 4, 2012) "PLATFORM 2012: Judson Now" Danspace Project ^ Kourlas, Gia (September 20, 2018) "Review: MoMA Puts Judson Dance on Display and, Better Yet, in Motion" The New York Times 参考文献 BanesSally1993Democracy's BodyJudson Dance Theater, 1962-1964. Durham, North Carolina: Duke University Press. ISBN 0-8223-1399-5 ISBN 0-8223-1399-5 Burt, Ramsay (2006) Judson Dance Theater: Performative Traces. New York: Routledge. ISBN 0-415-97574-3 ISBN 0-415-97574-3 Chin, Daryl (2010) "Mistaken Identities, Part II" Janevsky, Ana and Lax, Thomas (2018) Judson Dance Theater: The Work Is Never Done (exhibition catalog) New York: Museum of Modern Art. ISBN 978-1-63345-063-9 ISBN 978-1-63345-063-9 "The First Concert of Dance at the Judson Dance Theater"

※この「参照資料」の解説は、「ジャドソン・ダンス・シアター」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「ジャドソン・ダンス・シアター」の記事については、「ジャドソン・ダンス・シアター」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/29 08:04 UTC 版)

ドイツ視覚障害者中央図書館」の記事における「参照資料」の解説

^ “A Piece of History”. 2020年1月10日閲覧。、 ^ a bDZB in Zahlen und Fakten,”. 2020年1月9日閲覧。、 ^ a b Dagmar Giersberg: Online "All Ears and within Reach – The German Central Library for the Blind in Leipzig." Bonn: Goethe Institute, November 2006. Retrieved 08-Aug-2012 ^ The DZB: About Us. Leipzig: DZB, 2011. Retrieved 08-Aug-2012 ^ “A Piece of History”. 2020年1月9日閲覧。、 ^ “A Piece of History”. 2020年1月10日閲覧。、

※この「参照資料」の解説は、「ドイツ視覚障害者中央図書館」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「ドイツ視覚障害者中央図書館」の記事については、「ドイツ視覚障害者中央図書館」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/09 05:08 UTC 版)

イウィ」の記事における「参照資料」の解説

^ Back cover: Ballara, A. (1998). Iwi: The dynamics of Māori tribal organisation from c.1769 to c.1945. Wellington, New Zealand: Victoria University Press.- See also: Durie, A. (1999). Emancipatory Māori education: Speaking from the heart. In S. May (Ed.), Indigenous community education (pp. 6778). Philadelphia, PA: Multilingual Matters.- See also: Healey, S. M. (2006). The nature of the relationship of the Crown in New Zealand with iwi Māori. Unpublished doctoral dissertation, University of Auckland, New Zealand.- See also: Sharp, A. (1999). What if value and rights lie foundationally in groups? The Maori case. Critical Review of International, Social and Political Philosophy, 2(2), 1–28. ^ Taylor, R. (1848). A leaf from the natural history of New Zealand, or, A vocabulary of its different productions, &c., &c., with their native names.- White, J. (1887). The ancient history of the Maori, his mythology and traditions.- Smith, S. P. (1910). Maori wars of the nineteenth century; the struggle of the northern against the southern Maori tribes prior to the colonisation of New Zealand in 1840.- Best, E. (1934). The Maori as he was: A brief account of Maori life as it was in pre-European days.- Buck, P. (1949). The coming of the Maori. ^ Ballara (1998, p. 17) ^ Ballara (1998, p. 164) ^ “Iwi: glossary definition”. National Library of New Zealand. 2012年9月9日閲覧。 ^ Waitangi Tribunal – About the Reports ^ “The Rules of the Maori Party”. The Māori Party. 2008年9月7日閲覧。 “The Maori Party is born of the dreams and aspirations of tangata whenua to achieve self-determination for whānau, hapū and iwi within their own land; to speak with a strong, independent and united voice; and to live according to kaupapa handed down by our ancestors. The vision for the Maori Party will be based on these aspirations [...]” ^ Tahana, Yvonne (2008年8月9日). “Tuhoe leader backs self rule”. The New Zealand Herald (Auckland: APN). http://www.nzherald.co.nz/section/1/story.cfm?c_id=1&objectid=10526089 2008年9月7日閲覧. "Calls from Maori activist Tame Iti for self-government arrangements for the Tuhoe tribe similar to those Wales, Scotland and Northern Ireland have in the UK have been backed by a leader likely to negotiate the tribe's Treaty settlement. ... While other iwi have focused on economic transfer of assets as a way of achieving tino rangatiratanga or self-determination, Tuhoe have spelled out their intention to negotiate constitutional issues." ^ "Paterson J noted the changes in Maori society since 1840, and in particular urbanisation, which, it had been submitted, meant that an allocation to iwi would not deliver the benefits of the settlement to the beneficiaries. He said (at 320321)", from 2000 ^ Table 30, QuickStats About Māori, 2006 Census. Wellington: Statistics New Zealand. ^ “Iwi Helpline”. teohu.maori.nz. Te Ohu. 2016年9月13日閲覧。 ^ “Iwi Radio Coverage”. maorimedia.co.nz. Māori Media Network (2007年). 2015年6月14日閲覧。 ^ “The hidden success of Māori radio”. Massey University. (2003年8月1日). http://www.massey.ac.nz/~wwpubafs/2003/press_releases/01_08_03a.html 2015年9月20日閲覧。 ^ Robie, David (1 May 2009). “Diversity reportage in Aotearoa: demographics and the rise of the ethnic media” (PDF). Pacific Journalism Review (Auckland) 15 (1): 67–91. http://aut.researchgateway.ac.nz/bitstream/handle/10292/2313/pjr_15%281%29_6_diversityreportage_pp67-911.pdf?sequence=1&isAllowed=y 2015年9月20日閲覧。. ^ Walker (2014年10月22日). “First iwi radio station”. Te Ara: The Encyclopedia of New Zealand. Ministry for Culture and Heritage. 2015年9月20日閲覧。 ^ Smith, Cherryl Waerea-I-Te Rangi Smith (1994) (PDF). Kimihia Te Maramatanga: Colonisation and Iwi Development. Auckland: University of Auckland. pp. 119–141. http://www.kaupapamaori.com/assets/SmithC/kimihia_te_maramatanga_chpt6.pdf 2015年9月20日閲覧。. ^ “Maori Radio Upgrade Project”. avc-group.eu. AVC Group. 2015年9月19日閲覧

※この「参照資料」の解説は、「イウィ」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「イウィ」の記事については、「イウィ」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 05:12 UTC 版)

AN/SPY-6」の記事における「参照資料」の解説

^ http://www.raytheon.com/capabilities/products/amdr/ ^ http://www.navy.mil/navydata/fact_display.asp?cid=2100&tid=306&ct=2 ^ “AMDR Competition: The USA’s Next Dual-Band Radar”. 2010年10月13日時点オリジナルよりアーカイブ2010年10月1日閲覧。 ^ “Exhibit R-2A, RDT&E Project Justification: PB 2011 Navy” (2010年3月15日). 2010年10月1日閲覧。 ^ “Archived copy”. 2013年10月18日時点オリジナルよりアーカイブ2013年10月10日閲覧。 ^ a bNew Radar Development Continues for U.S. Navy”. Defense News. 2012年9月20日時点オリジナルよりアーカイブ2011年4月1日閲覧。 ^ "NavWeek: Radar Shove." ^ a b “GAO-13-294SP DEFENSE ACQUISITIONS Assessments of Selected Weapon Programs”. US Government Accountability Office. pp. 117-8 (2013年3月). 2013年5月26日閲覧。 ^ Shalal-Esa (2013年10月23日). “U.S. Navy orders Raytheon to halt radar work after protest”. www.reuters.com. Reuters. 2013年10月23日閲覧。 ^ LaGrone (2014年1月13日). “Lockheed Martin Drops Protest over Next Generation Destroyer Radar”. news.usni.org. US Naval Institute News. 2018年11月25日閲覧。 ^ "The Heart of the Navy’s Next Destroyer." ^ Filipoff, Dmitry (2016年5月4日). “CIMSEC Interviews Captain Mark Vandroff, Program Manager DDG-51, Part 1”. CIMSEC. http://cimsec.org/cimsec-interviews-capt-mark-vandroff-program-manager-ddg-51/25050 2016年5月5日閲覧。 ^ Navy’s Next Generation Radar Could Have Future Electronic Attack Abilities - News.USNI.org, 17 January 2014 ^ 竹内修 (2020年8月21日). “レーダーに見るイージス・アショア断念善後策 その切り札AN/SPY-6」とは?”. 乗りものニュース. https://trafficnews.jp/post/99320 ^ http://defense-update.com/20150512_amdr_cdr.html ^ https://www.youtube.com/watch?v=FADAPPKXk40

※この「参照資料」の解説は、「AN/SPY-6」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「AN/SPY-6」の記事については、「AN/SPY-6」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/05 02:54 UTC 版)

アンジェイ・ フィエドル」の記事における「参照資料」の解説

^ "Andrzej Fiedor Olympic Results". Sports-Reference.com. Sports Reference LLC. 2019年6月1日閲覧。 この項目は、スポーツ関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(プロジェクト:スポーツPortal:スポーツ)。

※この「参照資料」の解説は、「アンジェイ・ フィエドル」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「アンジェイ・ フィエドル」の記事については、「アンジェイ・ フィエドル」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/05 02:54 UTC 版)

グジェゴシ・ボジアナ」の記事における「参照資料」の解説

^ "Grzegorz Bodziana Olympic Results". Sports-Reference.com. Sports Reference LLC. 2019年6月9日閲覧。 この項目は、スポーツ関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(プロジェクト:スポーツPortal:スポーツ)。

※この「参照資料」の解説は、「グジェゴシ・ボジアナ」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「グジェゴシ・ボジアナ」の記事については、「グジェゴシ・ボジアナ」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 20:34 UTC 版)

最も多く翻訳された著作物の一覧」の記事における「参照資料」の解説

^ a b c wycliffe.org (2012年7月現在の合計数) ^ 「ものみの塔2015年2月15日号, 27ページオンライン版. ^ “The Little Prince”. www.lepetitprince.com. 2015年1月12日閲覧。 ^ Giovanni Gasparini. La corsa di Pinocchio. Milano, Vita e Pensiero, 1997. pagina 117. ISBN 88-343-4889-3 ^ http://www.bbc.co.uk/threecounties/do_that/lit_map/beds_lit_map.shtml ^ Alice in a World of Wonderlands ^ Hans Christian Andersens Fairytales in 128 languages ^ Twenty Thousand Leagues Under the Sea (Coradella Collegiate Bookshelf Editions, "About the Author") Available online(英語) ^ Herbert E. Douglass. Messenger of the Lord ^ Steps to Christ (Audio CD), Editorial Reviews ^ http://www.asterix-obelix.nl/index.php?page=manylanguages/collection.inc ^ 「目ざめよ!2009年3月号, 23ページオンライン版. ^ Tintin Around the World Archived 2009年9月10日, at the Wayback Machine. ^ http://ftp.unesco.org/xtrans/a/openisis.a?a=THOMAS+A+KEMPIS&ns=/xtrans/stat/xTransList.a%3Flg&tie=and&t3=11&t4=10 Index Translationum for The Imitation of Christ ^ “The translators of the Book of Mormon.”. MormonTimes (Deseret News). (Date of article: 20 February 2012). http://www.deseretnews.com/article/865550384/The-translators-of-the-Book-of-Mormon.html 2012年2月29日閲覧。 ^ http://www.guinnessworldrecords.com/records-6000/most-translated-author-same-book/ ^ Paulo Coelho's Official Website PauloCoelho.com (2009年3月28日) ^ The Telegraph-Journal on Harry Potter: "The books have been published in 67 languages, sold more than 400 million copies and produced a film franchise that has pulled in $4.5 billion (U.S.) at the worldwide box office." (2008年4月15日) ^ Great Books: The Adventures of Huckleberry Finn - Segment 11: The Popularity of "The Adventures of Huckleberry Finn" on The Adventures of Huckleberry Finn: "All together...the book has been issued in more than 65 languages." (2013年8月6日) ^ "The Pippi books have been translated to 64 languages " (2009) ^ “National epic "The Kalevala" reaches the respectable age of 175”. 2010年8月17日閲覧。 ^ “Orhan Pamuk’s novels translated into 60 languages”. 2013年11月19日閲覧。 ^ The Fort Dodge Messenger on Sherlock Holmes: 「シャーロック・ホームズシリーズ60言語以上に翻訳された。」 (2008年4月13日) ^ Deaf news around Europe and the world Article 2, European Union of the Deaf ^ , Urim Books exhibits book by pastor at New Delhi Book Fair ^ http://www.svejkcentral.com/index.html List of translations of Švejk ^ Jostein Gaarder ^ al-quran.info online quranic projectによると、全訳クルアーン47言語翻訳されたと記載されている。 しかし、他の情報源によると翻訳数は50言語である。: Rana, Nabeel A. (1993年9月3日). “Quran Translated into 114 Languages”. 2013年8月23日閲覧。 ^ http://www.unesco.org/xtrans/bsresult.aspx?lg=0&a=Sienkiewicz&stxt=Quo%20vadis&fr=0 Index Translationum for Quo vadis ^ The Philadelphia Enquirer on Things Fall Apart: 「1958年Heinemann出版社によるロンドンでの出版以来、『崩れゆく絆(Things Fall Apart)』は50言語800万部以上販売されている。」 (2008年3月27日) ^ Johanna SpyriFREE Johanna Spyri Biography, Encyclopedia.com ^ とはいえいくつかのスペイン資料(Institute Cervantes)によると、本書は聖書次いで最も翻訳された書である。Catálogo de Traducciones del Quijote, Instituto Cervantes ^ ^ The OutsiderAlbert CamusPenguin Classics ^ http://www.eric-carle.com/VHCbooks.html ^ Turan, Kenneth (2006年5月17日). “The Da Vinci Code”. Los Angeles Times. http://www.latimes.com/entertainment/news/movies/cl-et-davinci17may17,1,6476913.story 2010年5月8日閲覧。 ^ Oy Moomin Characters Ltd ^ The Independent on The Kite Runner: 「本書は38か国出版され42言語翻訳されオスカー賞ノミネートされ映画となり、1000万部以上販売された。」 (2008年4月15日) ^ Donahue, Deirdre (2013年5月7日). “The Great Gatsby by the numbers”. USA Today. http://www.usatoday.com/story/life/books/2013/05/07/the-great-gatsby-is-a-bestseller-this-week/2133269/ 2013年5月12日閲覧。 ^ Bear with usPaddington celebrates 50th with a new book ,Daily Mail (2008年6月2日) ^ 'I saw Matisse – and came up with Miffy' ,Telegraph.co.uk (12 September 2006) ^ Arcanum Adatbázis Kft Archived 2007年12月13日, at the Wayback Machine. ^ "37 translations" ^ The Telegraph on The Hobbit: 「本書は1937年出版され世界中に40言語1億部以上販売された。」 (2008年3月23日) ^ La familia de Pascual Duarte llega a Corea del Sur, La Voz Libre (2009年11月6日) ^ ,BBC (2003年10月9日) ^ Institut Ramon Llull (Press Releases) on Cold Skin: "The novel, first published in Catalan by La Campana in 2002, has now been translated into 37 languages." (2009年12月8日) ^ Obsessed with Scent ,GNN (2003年10月30日) ^ The Nashua Telegraph on Anne of Green Gables:「本書はボストン初め発行され36言語翻訳され、5,000万部以上販売された。」 (2008年3月20日) ^ 読売新聞 (2008年7月31日) ^ , Spiritual leader's autobiography published in 34 languages ^ “アーカイブされたコピー”. 2014年12月29日時点オリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ2014年12月26日閲覧。, South Korean Christian author’s Books meet Mexican Readers ^ , El Mundo, Reportaje en La Revista: "70os de García Márquez" ^ http://www.freakonomics.com/ ^ , Awfulagent.com (author's agency) (2011年4月26日) ^ “Peter Rabbit gets hieroglyph tale”. BBC News. (2004年12月31日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/4137735.stm 2010年5月8日閲覧。 ^ トットちゃんカマタ先生の「ずっとやくそく」 :著者プロフィール Archived 2008年2月28日, at the Wayback Machine. ^ El Periódico on The Time of the Doves: 「本小説34言語翻訳された。この功績敬意を表しGràcia区は今日本書展示会開催する。」 (2012年9月26日) ^ , People Magazine (2004年4月26日) ^ Eckhart Tolle Biography. New York Times (2008-03-05). Times Topics. ^ “KALIMA publishes Eckhart Tolle's 'A New Earth and the Power of Now' in Arabic as well.”. WAM: Emirates News Agency (2010年4月1日). 2011年7月21日時点オリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ2010年5月24日閲覧。 ^ [:en] ^ The Rocky Mountain News on Goosebumps: "That formula has brought fame and fortune to Stine, whose 87 Goosebumps books have sold more than 300 million copies and been translated into 32 languages." (2008年4月13日) ^ Reuters on the Alexander trilogy: "Manfredi gained international acclaim in 1998 with his trilogy on Alexander the Great, which was translated into 32 languages." (2008年4月2日) ^ CNN TranscriptSunday Morning News `Gone With the Wind' Translated Into Russian ,CNN (2001年3月25日) ^ The Idaho Statesman on Art: "Since then it has been translated into 30 languages." (2008年4月15日) ^ The New Zealand Herald on Spiderwick: "After all, the books had sold millions and had been translated into 30 languages, so it seemed like a good idea." (2008年4月9日) ^ Washington University, Saint Louis on The Tale of Genji: "Now a central pillar of the Japanese literary canon, the book has inspired writers and artists working in every conceivable genre and medium, and has been translated into more than 30 languages." (2008年4月4日) ^ AFP Archived 2008年5月31日, at the Wayback Machine. on Millennium Trilogy: "They have been translated into some 30 languages and a first film adaptation is under way in Sweden." (2008年3月19日) ^ The Independent on 'The No. 1 Ladies' Detective Agency': "Award-winning author Alexander McCall Smith, whose best-selling books about a Botswanan female detective are printed in more than 30 languages, is accused by human rights campaigners of stereotyping tribal groups in Africa." (2008年3月16日) ^ Variety on The Pillars of the Earth: 「『大聖堂(The Pillars of the Earth)』は30言語翻訳され全世界で1,400万部以上 販売された。」 (2008年4月2日) ^ Publishers Weekly on Chasing Vermeer: 「『フェルメール暗号Chasing Vermeer)』は2004年出版されたが、学校教育者向けに100万部以上販売され30言語以上翻訳されている。」 (2008年3月17日) ^ The Los Angeles Times on Buddenbrooks: 「『ブッデンブローク家の人々Buddenbrooks)』は30以上の言語翻訳され長い間トーマス・マン一番人気となっている本である。」 (1993年6月27日) ^ (2009年4月29日) ^ Lindgren, Martin (2009), "Vi är inte alls eniga om stimulanspaket" Archived 2011年9月5日, at the Wayback Machine., Realtid.se

※この「参照資料」の解説は、「最も多く翻訳された著作物の一覧」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「最も多く翻訳された著作物の一覧」の記事については、「最も多く翻訳された著作物の一覧」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/22 01:49 UTC 版)

文姿云」の記事における「参照資料」の解説

^ “台湾文姿云が金 空手女子組55キロ級史上初2連覇 アジア大会”. EXCITE ニュース. 2018年8月26日閲覧。 ^ “台湾文姿云 初出場メダル 空手女子組手 | 芸能スポーツ | 中央社フォーカス台湾”. japan.cna.com.tw. 2021年8月5日閲覧

※この「参照資料」の解説は、「文姿云」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「文姿云」の記事については、「文姿云」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/06 09:23 UTC 版)

アデサンヤ」の記事における「参照資料」の解説

^ Hanks, P.; Coates, R.; McClure, P. (2016). The Oxford Dictionary of Family Names in Britain and Ireland. OUP Oxford. p. 16. ISBN 978-0-19-252747-9. https://books.google.com/books?id=0AyDDQAAQBAJ&pg=PA16 2018年9月8日閲覧。. このページ人名人物)の曖昧さ回避のためのページです。同名の人物に関する複数記事の水先案内のために、同じ人名を持つ人物を一覧にしてあります。お探し人物の記事選んでください。このページリンクしているページ見つけたら、リンクを適切な目に張り替えください

※この「参照資料」の解説は、「アデサンヤ」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「アデサンヤ」の記事については、「アデサンヤ」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/05 02:16 UTC 版)

麓みどり」の記事における「参照資料」の解説

^ Kemp (2010年7月4日). “Hunt, Weightman take half marathon glory”. GoldCoast.com. 2010年12月31日閲覧。 表 話 編 歴 日陸上競技選手大会女子10000m優勝者 1980年代81 増田明美 82 金子るみ子 83 橋本泰子 84 横須賀久乃 85 深尾真美 86 宮原美佐子 87 高橋郁子 88 松野明美 89 朝比奈三代子 1990年代90 松野明美 91 デリラ・アシアゴ(英語版92 真木和 93 麓みどり 94 鍾煥テイ英語版95 鈴木博美 96 鈴木博美 97 弘山晴美 98 川上優子 99 弘山晴美 2000年代00 岡本幸子 01 岡本治子 02 福士加代子 03 福士加代子 04 福士加代子 05 福士加代子 06 福士加代子 07 福士加代子 08 渋井陽子 09 赤羽有紀子 2010年代10 福士加代子 11 杉原加代 12 吉川美香 13 新谷仁美 14 西原加純 15 西原加純 16 鈴木亜由子 17 松田瑞生 18 松田瑞生 19 鍋島莉奈 2020年代20 新谷仁美30:20.44)* 21 廣中璃梨佳 *は大会記録 100m 200m 400m 800m 1500m 5000m 10000m 3000mSC 100mH 400mH 表 話 編 歴 全国女子駅伝6区区間賞 1980年代83 山内美穂宮崎旭化成84 石倉あゆみ(京都家政学園高)* 85 石倉あゆみ(京都家政学園高)* 86 松川千恵子熊本信愛女学院高) 87 松川千恵子熊本信愛女学院高)* 88 知江(京都宇治高)* 89 金田ともこ(京都佐川急便), 麓みどり広島世羅高) 1990年代90 松本初美京都南丹高) 91 松井千加子(広島鈴峯女子高)* 92香織大阪ダイハツ93 増田裕美大阪成蹊女子高94 千葉真子京都宇治高) 95 千葉真子京都立命館宇治高) 96 上野理恵熊本順天堂大), 工藤実子北海道ホクレン97元久美子埼玉埼玉栄高98 小塚文乃(埼玉あさひ銀行99 堀江知佳兵庫須磨女子高2000年代00 小栗千枝愛知中京大中京高)* 01 田顔朋美兵庫須磨学園高) 02 金指亜由美京都立命館宇治高) 03 川島千依(兵庫須磨学園高) 04 藤本知佐兵庫須磨学園高) 05 藤田真弓長崎十八銀行06 藤田真弓長崎十八銀行)* 07 竹中理沙京都立命館宇治高) 08 竹中理沙京都立命館宇治高) 09 久保木亜衣岡山興譲館高) 2010年代10 赤松眞弘(岡山興譲館高)* 11 菅野七虹京都立命館宇治高)* 12 小林美香兵庫須磨学園高) 13 福田有以兵庫須磨学園高) 14 関根花観愛知豊川高) 15 前田乃(大阪・薫英女学院高), 小西真亜子京都立命館宇治高) 16 筒井咲帆群馬ヤマダ電機12:37** 17 福田加里熊本肥後銀行18 後藤夢兵庫西脇工業高) 19 大西ひかり兵庫須磨学園高) 2020年代20 村松灯(京都立命館宇治高) *は区間新**区間記録 1区 2区 3区 4区 5区 6区 7区 8区 9区 表 話 編 歴 全国女子駅伝7区区間賞 1980年代83 金子るみ子 84 佐々木七恵* 85 田崎裕子 86 小林良子 87 荒木久美 88 松野明美 89 朝比奈三代子* 1990年代90 松野明美 91 真木和 92 鈴木博美 93 麓みどり 94 朝比奈三代子 95 木村泰子 96 真木和 97 川上優子* 98 高橋尚子 99 川島亜希子 2000年代00 渋井陽子 01 小鳥田貴子 02 福士加代子 03 小鳥田貴子 04 福士加代子* 05 加納由理 06 福士加代子 07 大崎千聖 08 野口みずき 09 新谷仁美 2010年代10 福士加代子 11 福士加代子 12 新谷仁美 13 新谷仁美 14 重友梨佐 15 前田彩里 16 関根花観 *は区間新 表 話 編 歴 全国女子駅伝9区区間賞 1980年代83 金子るみ子(東京順天高) 84 佐々木七恵岩手ヱスビー食品)* 85 田崎裕子鹿児島京セラ86 小林良子和歌山住金化工) 87 荒木久美鹿児島京セラ88 松野明美熊本ニコニコドー89 朝比奈三代子宮崎旭化成)* 1990年代90 松野明美熊本ニコニコドー91 真木和京都ワコール92 鈴木博美千葉リクルート93 麓みどり広島ダイイチ94 朝比奈三代子宮崎旭化成95 木村泰子石川京都産業大96 真木和京都ワコール97 川上優子熊本沖電気宮崎)* 98 大南博美愛知東海銀行),高橋尚子岐阜積水化学99 川島亜希子愛知東海銀行2000年代00 渋井陽子栃木三井海上01 小鳥田貴子広島デオデオ02 福士加代子京都ワコール03 小鳥田貴子広島デオデオ04 福士加代子京都ワコール30:52** 05 加納由理兵庫資生堂06 福士加代子京都ワコール07 大崎千聖茨城三井住友海上08 野口みずき三重シスメックス09 新谷仁美千葉豊田自動織機2010年代10 福士加代子青森ワコール11 福士加代子京都ワコール12 新谷仁美千葉佐倉アスリート倶楽部13 新谷仁美千葉ユニバーサルエンターテインメントAC14 重友梨佐岡山天満屋15 前田彩里熊本ダイハツ16 関根花観東京日本郵政グループ17 小原怜岡山天満屋18 小原怜岡山天満屋19 新谷仁美東京NTTC2020年代20 新谷仁美東京積水化学) *は区間新**区間記録 1区 2区 3区 4区 5区 6区 7区 8区 9区 表 話 編 歴 全日本実業団女子駅伝3区区間賞 1980年代81 富永ミヤ子(東日本実業団82 吉富純子九州実業団83 山内美穂旭化成84 日高美子京セラ)* 85 田崎裕子京セラA)* 86 深尾真美三田工業87 石倉あゆみ(京セラ88 藤原恵ワコール)* 89 藤原恵ワコール)* 1990年代90 麓みどりダイイチ91 石橋美穂ワコール)* 92 福山つぐみ(ワコール93 片岡純子富士銀行94 五十嵐美紀リクルート)* 95 高橋千恵美日本ケミコン96 弘山晴美資生堂97 永山育美京セラ98 エスタ・ワンジロ日立)* 99 エスタ・ワンジロ日立2000年代00 渋井陽子三井海上01 福士加代子ワコール02 福士加代子ワコール03 L・ワゴイ(英語版)(スズキ04 ルース・ワンジル(日立05 エバリン・ワンボイ(ユタカ技研06 エバリン・ワンボイ(ユタカ技研07 オンゴリ・フィレス・モラー(ホクレン08 渋井陽子三井住友海上09 福士加代子ワコール)* 2010年代10 福士加代子ワコール11 杉原加代デンソー)* 12 福士加代子ワコール)* 13 清水裕子積水化学14 高島由香デンソー)* 15 高島由香デンソー)* 16 高島由香デンソー17 堀優花パナソニック18 渡邊菜々美パナソニック19 堀優花パナソニック2020年代20 新谷仁美積水化学)(33:20)** *は区間新**現行区間記録 1区 2区 3区 4区 5区 6区 表 話 編 歴 全日本実業団女子駅伝6区区間賞 1990年代92 上林一美 (ワコール93 鈴木博美リクルート)* 94 吉田直美リクルート95 真木和ワコール)* 96 大南敬美東海銀行)・武藤美和ダイワハウス97 大南敬美東海銀行98 川島亜希子東海銀行)* 99 麓みどりデオデオ2000年代00 川島真喜子(東海銀行01 北山由美子天満屋02 川島亜希子UFJ銀行)* 03 大山美樹三井住友海上04 大山美樹三井住友海上)・小川清美(京セラ)* 05 石井智子(京セラ06 弘山晴美資生堂)* 07 安藤美由紀第一生命08 永田あや(豊田自動織機09 浦田佳小里天満屋2010年代10 浦田佳小里天満屋11 田中智美第一生命)* 12 石橋麻衣デンソー)(20:48)** 13 中村萌乃ユニバーサルエンターテインメント14 筒井咲帆ヤマダ電機15 橋本奈海(デンソー), 森智香子積水化学16 西原加純ヤマダ電機17 竹地志帆ヤマダ電機18 市川ヤマダ電機19 吉本ひかりダイハツ2020年代20 大西ひかり (日本郵政グループ) *は区間新**現行区間記録 1区 2区 3区 4区 5区 6区 この項目は、陸上選手関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:陸上競技/PJ陸上競技)。

※この「参照資料」の解説は、「麓みどり」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「麓みどり」の記事については、「麓みどり」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/06 01:00 UTC 版)

丸山仁也」の記事における「参照資料」の解説

^ “Hitonari Maruyama Olympic Results”. Sports Reference LLC. 2020年4月17日時点オリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ2018年3月15日閲覧

※この「参照資料」の解説は、「丸山仁也」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「丸山仁也」の記事については、「丸山仁也」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/09 18:53 UTC 版)

ルガノデッリアンジョリフニクラ」の記事における「参照資料」の解説

^ a b Ammann, Christian (2018年7月). “Hope for Lugano funicular”. Today's Railways Europe (Platform 5 Publishing Ltd) (271): p. 18 ^ a b cLugano - Funicolare degli Angioli”. Funimag. 2018年6月25日時点オリジナルよりアーカイブ2018年6月25日閲覧。 ^ Ammann, Christian (2018年11月). “What future for Lugano funicular?”. Today's Railways Europe (Platform 5 Publishing Ltd) (275): p. 59

※この「参照資料」の解説は、「ルガノデッリアンジョリフニクラ」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「ルガノデッリアンジョリフニクラ」の記事については、「ルガノデッリアンジョリフニクラ」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/11 22:47 UTC 版)

ボンディ駅」の記事における「参照資料」の解説

^ “T4: tram-train Les Coquetiers”. Connected Cities. 2012年12月25日閲覧

※この「参照資料」の解説は、「ボンディ駅」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「ボンディ駅」の記事については、「ボンディ駅」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/04 15:04 UTC 版)

フォード・エクスプローラー スポーツトラック」の記事における「参照資料」の解説

“Demands Met: Ford says V8, cab room are key Sport Trac changes”. AutoWeek. 2006年4月10日閲覧。 ^ “Ford Explorer Sport Trac Dimensions”. Template:Cite web呼び出しエラー引数 accessdate は必須です。 ^ Ford Adrenalin & Explorer Sport Trac SVT - Future Vehicle - Motor Trend

※この「参照資料」の解説は、「フォード・エクスプローラー スポーツトラック」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「フォード・エクスプローラー スポーツトラック」の記事については、「フォード・エクスプローラー スポーツトラック」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/06 16:44 UTC 版)

ジョアン・ワールド・ツアー」の記事における「参照資料」の解説

^ Vincent, Alice (2018年2月1日). “Older, wiser but still fabulous - Lady Gaga, Arena Birmingham, review”. The Daily Telegraph. オリジナルの2018年2月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180201135324/http://www.telegraph.co.uk/music/what-to-listen-to/older-wiser-still-fabulous-lady-gaga-arena-birmingham-review/ 2018年2月1日閲覧。 ^ McIntyre (2016年10月2日). “Lady Gaga Is Going On Tour To Dive Bars Across America”. Forbes. 2016年10月6日時点オリジナルよりアーカイブ2017年2月6日閲覧。 ^ Parker (2016年10月2日). “Lady Gaga Talks 'Joanne' Album, Dive Bar Tour: 'I Wanted to Do the Things That Made Me Fall in Love With Music in the First Place'”. Yahoo! Music. 2016年10月3日時点オリジナルよりアーカイブ2017年2月6日閲覧。 ^ Howell (2016年10月25日). “Lady Gaga Dishes On How She Landed Her Super Bowl Gig, Upcoming Tour”. Inquisitr. 2017年1月3日時点オリジナルよりアーカイブ2017年2月6日閲覧。 ^ Lynch, Joe (2017年2月5日). “Lady Gaga Announces Joanne World Tour After Super Bowl Halftime Show”. Billboard. オリジナルの2017年2月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170206102249/http://www.billboard.com/articles/columns/pop/7678056/lady-gaga-joanne-world-tour 2017年2月6日閲覧。 ^ Copsey (2017年2月6日). “Lady Gaga announces Joanne world tour after hit-packed Super Bowl Halftime Show”. Official Charts Company. 2017年2月6日時点オリジナルよりアーカイブ2017年2月6日閲覧。 ^ Allen, Bob (September 21, 2017). “Lady Gaga's Joanne World Tour Earns $52 Million in Opening Trek”. Billboard. http://www.billboard.com/articles/columns/chart-beat/7973616/lady-gaga-joanne-world-tour-52-million-opening 2017年9月22日閲覧。. ^ “Lady Gaga > Tour Dates”. Lady Gaga Official Website. 2017年2月14日時点オリジナルよりアーカイブ2017年3月7日閲覧。 ^ “Lady Gaga's Montreal concert rescheduled for November 3”. The Gazette (Montreal). (2017年10月13日). https://montrealgazette.com/entertainment/lady-gags-montreal-concert-rescheduled-for-november-3 2017年10月13日閲覧。 ^ O'Connor, Roisin (2017年9月19日). “Lady Gaga postpones Europe tour over 'severe physical pain' after revealing she has fibromylagia”. The Independent. https://www.independent.co.uk/arts-entertainment/music/news/lady-gaga-tour-postponed-cancelled-europe-tickets-refund-rescheduled-dates-severe-pain-fibromyalgia-a7952356.html 2017年9月19日閲覧。 ^ “'Tough Girl on the Mend' Lady Gaga Gives Health Update From the Studio, Reschedules European Tour”. Billboard. オリジナルの2017年11月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171116141836/http://www.billboard.com/articles/columns/pop/7998507/lady-gaga-health-update-studio-instagrams-rescheduled-tour 2018年1月18日閲覧。 ^ “Maroon 5 substitui Lady Gaga nesta sexta-feira, 15, no Palco Mundo”. Rock in Rio official website. (2017年9月14日). http://rockinrio.com/rio/pt-BR/novidades/maroon-5-substitui-lady-gaga-nesta-sexta-feira-15-no-palco-mundo 2017年9月15日閲覧。 ^ Daniel Kreps (2018年2月3日). “Lady Gaga Cancels Remainder of Joanne World Tour Due to 'Severe Pain'”. Rolling Stone. 2018年2月4日時点オリジナルよりアーカイブ2018年2月5日閲覧

※この「参照資料」の解説は、「ジョアン・ワールド・ツアー」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「ジョアン・ワールド・ツアー」の記事については、「ジョアン・ワールド・ツアー」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/04 23:42 UTC 版)

ボーダータウン」の記事における「参照資料」の解説

^ From information signs in Bordertown ^ “MINERAL LEASES.”. Adelaide Observer (South Australia) X, (475): p. 5. (1852年7月31日). http://nla.gov.au/nla.news-article160110201 2019年3月7日閲覧。 ^ “Clayton Farm Complex, including Dwelling, Shearing Shed, Hay Shed, Chaff Shed, Stables, Blacksmithy, Cottage and Workshop”. South Australian Heritage Register. Department of Environment, Water and Natural Resources. 2016年6月5日閲覧。 ^ “Bordertown Railway Station”. South Australian Heritage Register. Department of Environment, Water and Natural Resources. 2016年6月5日閲覧。 ^ “Bordertown Institute”. South Australian Heritage Register. Department of Environment, Water and Natural Resources. 2016年6月5日閲覧。 ^ Mares (2016年12月14日). “Every town is a Bordertown”. Inside Story. Swinburne University of Technology. 2016年12月15日閲覧。 ^ “Extra, extra: Historic Border Chronicle newspaper building up for grabs”. 2018年2月26日閲覧。 ^ “Bordertown”. Australian Rail Maps. 2014年7月4日閲覧。 ^ “The Overland”. Great Southern Railway (2013年7月20日). 2014年7月6日時点オリジナルよりアーカイブ2014年7月4日閲覧。 ^ “Economic Stimulus: New Passing Loop at Bordertown Completed” (2011年3月31日). 2013年4月21日時点オリジナルよりアーカイブ2012年10月20日閲覧。 この項目は、オーストラリア関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(プロジェクト:オーストラリア/Portal:オーストラリア)。

※この「参照資料」の解説は、「ボーダータウン」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「ボーダータウン」の記事については、「ボーダータウン」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/06 22:56 UTC 版)

ヘンリー・クプラシュヴィリ」の記事における「参照資料」の解説

^ “The Order of Vakhtang Gorgasali Second Class. Henri Kuprashvili. Eduard Shevardnadze. YouTube”. Template:Cite web呼び出しエラー引数 accessdate は必須です。 ^ “CNN - 05.11.2002. Henry Kuprashvili YouTube”. Template:Cite web呼び出しエラー引数 accessdate は必須です。 ^ “Henry Kuprashvili”. Georgia Today. 2008年11月4日閲覧。 ^ “CNN - 17.02.01. Henry Kuprashvili YouTube”. Template:Cite web呼び出しエラー引数 accessdate は必須です。 ^ “The David the builders union of Chokhawearers 1973-2010.YouTube”. Template:Cite web呼び出しエラー引数 accessdate は必須です。 ^ “The National Seaside Guardians Association of Georgia "AIETI". Competition. 1991.06. YouTube”. Template:Cite web呼び出しエラー引数 accessdate は必須です。 ^ “YouTube”. Template:Cite web呼び出しエラー引数 accessdate は必須です

※この「参照資料」の解説は、「ヘンリー・クプラシュヴィリ」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「ヘンリー・クプラシュヴィリ」の記事については、「ヘンリー・クプラシュヴィリ」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 02:40 UTC 版)

間島」の記事における「参照資料」の解説

^ 朝鮮王朝実録太祖8卷4年1395年12月14日 “以鴨綠江爲界。”“以豆滿江爲界。” ^ 裵祐晟, 清代滿洲関連文献朝鮮後期満州地理認識, Journal of Northeast Asian History, Volume 5-2 Winter 2008 (東北アジア歴史財団). ^ a b c 雅雄 「韓国ドラマ歴史認識」, 城西国際大学紀要, 17(2) (2009.3), p. 13. ^ a b c d eその時今日朝鮮・清の国境会談決裂, 中央日報, 2009.12.03. ^ a b c中関近代 2. 間島問題, 東北アジア歴史財団 ^ 満州における抗日パルチザン活動 ^ 間島一帯亘る未曾有の暴動事件 神戸大学 電子図書館システム --一次情報表示-- ^ 間島共産党暴動 | しばやん日々 20150923155447ce1.gif (1500×996) ^ 金基燦 『空白の北朝鮮現代史白頭山売った金日成新潮社, 2003/06. ISBN 978-4106100192 ^ 鴨緑江豆満江の島は大半北朝鮮領土学会発表, 連合ニュース/WoW!Korea, 2008/11/30. ^ 長白山歴史, 長白山ネット/朝鮮族ネット. ^ [社会白頭山定界碑に刻まれたその川…土門江を見つけた, 朝鮮日報/朝鮮族ネット, 2005/02/10. (朝鮮語) 백두산 정계비에 적힌 그 강… 토문강 찾았다, 朝鮮日報, 2005.02.10. ^ (朝鮮語) 「우리의 땅 ‘간도(間島)’, 이대로 멈추고 말 것인가」, 京郷新聞, 2009-05-04. ^ (朝鮮語) 「간도협약 무효 '국회, 민간단체' 움직임 활발」, TodayKorea, 2009年09月04日. ^ 例えば、(朝鮮語) 백산학회(白山学会)、간도되찾기운동본부(間島取り戻し運動本部) など。参考画像中国語) 『国际观察』 [世界概览]值得中国人警惕的韩国收复“间岛”运动(转载), 天涯社区. ^ (朝鮮語) 「간도되찾기본부, 9월4일 `간도의 날' 선포」, 連合ニュース/Naver, 2005-09-04. ^ (朝鮮語) 「[간도오딧세이]기억하자! ‘간도협약 100주년’」, 京郷新聞, 2009 07/21. ^ 日本経済新聞 2010年10月28日 ^ ノリミツ・オオニシ "Tension, Desperation: The China-North Korean Border", ニューヨーク・タイムズ, October 22, 2006.

※この「参照資料」の解説は、「間島」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「間島」の記事については、「間島」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/08 13:26 UTC 版)

シーケーワン」の記事における「参照資料」の解説

^ CK One fragrancex.com ^ CK One basenotes.net ^ Kilikita, Jacqueline (2018年6月5日). “Meet The Nose Behind All Your Favorite Perfumes” (英語). Refinery29. https://www.refinery29.com/90s-perfume-fragrance-alberto-mollinas 2018年8月22日閲覧。 ^ a b CK One fragrantica.com ^ Wilson, Eric (2007年3月8日). “Perfume-Cologne-Fragrances-Calvin Klein-Twenty Somethings” (英語). The New York Times. https://www.nytimes.com/2007/03/08/fashion/08CALVIN.html 2018年8月22日閲覧

※この「参照資料」の解説は、「シーケーワン」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「シーケーワン」の記事については、「シーケーワン」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 04:34 UTC 版)

バーラーコート空爆」の記事における「参照資料」の解説

^ “India destroys JeM terror camps: Where exactly is Balakot?”. Business Today. https://businesstoday.in/story/india-destroys-jem-terror-camps-where-exactly-is-balakot/1/322367.html 2019年2月26日閲覧。 ^ “India-Pakistan tension: Where is the real Balakot, the Indian Air Force target?” (英語). Gulf News. オリジナルの2019年2月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190226102853/https://gulfnews.com/world/asia/india/india-pakistan-tension-where-is-the-real-balakot-the-indian-air-force-target-1.1551168559497 2019年2月26日閲覧。 ^ “5-star Balakot Camp Was Sitting Duck Target for IAF, 350 Terrorists Killed While Sleeping: Sources”. オリジナルの2019年2月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190226234143/https://www.news18.com/news/india/5-star-balakot-camp-was-sitting-duck-target-for-iaf-350-terrorists-killed-while-sleeping-2049207.html 2019年2月26日閲覧。 ^ “Balakot strike after intel on Pulwamacelebrationmeet”. https://timesofindia.indiatimes.com/articleshow/68176971.cms 2019年2月26日閲覧。 ^ “IAF Western Air Command coordinated 'anti-terror operation'”. The New Indian Express. オリジナルの2019年2月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190228004128/http://www.newindianexpress.com/nation/2019/feb/26/iaf-western-air-command-coordinated-anti-terror-operation-1943999.html 2019年2月27日閲覧。 ^ “Kerala man behind IAF air strike in Pakistan”. MyNation. オリジナルの2019年2月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190228004206/https://www.mynation.com/india-news/air-strike-pakistan-kerala-native-marshal-chandrashekaran-harikumar-plays-crucial-role-operation-pnkumt 2019年2月27日閲覧。 ^ “インドパキスタン空爆 カシミール自爆テロ報復か”. (2019年2月26日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41762570W9A220C1FF8000/ 2019年8月22日閲覧。 ^ “インド軍機がパキスタン空爆テロリスト拠点」”. 産経ニュース. (2019年2月26日). https://www.sankei.com/world/news/190226/wor1902260028-n1.html 2019年9月7日閲覧。 ^ “カシミール自爆テロ治安部隊44人死亡”. (2019年2月15日). https://www.yomiuri.co.jp/world/20190215-OYT1T50028/ 2019年8月22日閲覧。 ^ “Pulwama attack: India will 'completely isolate' Pakistan” (英語). BBC (2019年2月16日). 2019年2月15日時点オリジナルよりアーカイブ2019年2月16日閲覧。 ^ “Jaish terrorists attack CRPF convoy in Kashmir, kill at least 38 personnel” (2019年2月15日). 2019年2月15日時点オリジナルよりアーカイブ2019年2月15日閲覧。 ^ Pulwama Attack 2019, everything about J&K terror attack on CRPF by terrorist Adil Ahmed Dar, Jaish-eMohammad Archived 18 February 2019 at the Wayback Machine., India Today, 16 February 2019. ^ “On Kashmir attack, Shah Mahmood Qureshi says 'violence is not the govt's policy'”. DAWN.COM (2019年2月16日). 2019年2月23日時点オリジナルよりアーカイブ2019年2月26日閲覧。 ^ Tensions Between India and Pakistan Are at Their Highest Point in Decades. Here's What to Know Archived 28 February 2019 at the Wayback Machine., TIME. ^ CNN, Analysis by Nikhil Kumar. “Why being seen as tough on Pakistan helps India's Modi”. オリジナルの2019年2月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190226183258/https://www.cnn.com/2019/02/26/india/india-pakistan-kashmir-analysis-intl/index.html 2019年2月26日閲覧。 ^ a bPakistan warns India against attacking” (2019年2月19日). 2019年2月23日時点オリジナルよりアーカイブ2019年2月26日閲覧。 ^ Dawn.com (2019年2月19日). “Pakistan will address actionable evidence if shared by Delhi, PM Khan tells India after Pulwama attack”. DAWN.COM. 2019年2月24日時点オリジナルよりアーカイブ2019年2月26日閲覧。 ^ Michael Safi; Mehreen Zahra-Malik; Azar Farooq (26 February 2019), “'Get ready for our surprise': Pakistan warns India it will respond to airstrikes”, Guardian, https://www.theguardian.com/world/2019/feb/26/pakistan-india-jets-breached-ceasefire-line-kashmir-bomb Quote: "Pakistan, which was the first to announce the incursion, ..." ^ Maria Abi-Habib; Austin Ramzy (25 February 2019), Indian Jets Strike in Pakistan in Revenge for Kashmir Attack, https://www.nytimes.com/2019/02/25/world/asia/india-pakistan-kashmir-jets.html Quote: "A spokesman for Pakistan’s armed forces, Maj. Gen. Asif Ghafoor, on Tuesday posted on Twitter four images of a forested area pockmarked with small craters and debris, which he said was the site of Indian airstrikes." ^ Slater (2019年2月27日). “Pakistan captures Indian pilot after shooting down aircraft, escalating hostilities” (English). The Washington Post. 2019年2月27日時点オリジナルよりアーカイブ2019年2月27日閲覧。 ^ “IAF struck 'JeM's biggest training camp' at Balakot, says Foreign Secretary Vijay Gokhale on India's operation in Pakistan”. Firstpost. 2019年3月1日時点オリジナルよりアーカイブ2019年3月1日閲覧。 ^ Jalal, Ayesha (2009), Partisans of Allah: Jihad in South Asia, Harvard University Press, ISBN 978-0-674-03907-0, https://books.google.com/books?id=y7VVWhi9jGIC ^ Rānā, Muḥammad ʻĀmir; Mir, Amir (2004), A to Z of Jehadi Organizations in Pakistan, Mashal Books, https://books.google.com/books?id=lNDXAAAAMAAJ ^ “India Pakistan: Kashmir fighting sees Indian aircraft downed” (英語). BBC News. (2019年2月27日). オリジナルの2019年2月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190227074808/https://www.bbc.com/news/world-asia-47383634 2019年2月27日閲覧。 ^ Farmer, Ben; Bedi, Rahul (2019年2月26日). “Indian planes bomb Pakistan as Kashmir tensions escalate”. The Telegraph. オリジナルの2019年2月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190226052643/https://www.telegraph.co.uk/news/2019/02/26/indian-planes-bomb-pakistan-kashmir-tensions-escalate/ 2019年2月26日閲覧。 ^ “JF-17 used to shoot down Indian aircraft, says Pakistan military”. The Economic Times. (2019年3月25日). https://economictimes.indiatimes.com/news/defence/jf-17-used-to-shoot-down-indian-aircraft-says-pakistan-military/articleshow/68564241.cms 2019年9月7日閲覧

※この「参照資料」の解説は、「バーラーコート空爆」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「バーラーコート空爆」の記事については、「バーラーコート空爆」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 08:03 UTC 版)

エルマー・ウェイン・ヘンリー」の記事における「参照資料」の解説

^ Eugene Register-Guard Jun. 28, 1979[リンク切れ] ^ 18歳少年懲役594年朝日新聞昭和49年1974年7月17日夕刊、3版、11面 ^ Serial Killers ISBN 0-7835-0000-9 p.111 ^ a b Olsen, Jack (1974). The Man with the Candy. Simon and Schuster. ISBN 978-0-7432-1283-0 ^ IMDb Freak Out plot summary ^ Rouner, Jeff (2013年12月4日). “Real Horror: Local Filmmaker Brings the Horrific Crimes of Dean Corll to the Silver Screen”. Houston Press. http://www.houstonpress.com/arts/real-horror-local-filmmaker-brings-the-horrific-crimes-of-dean-corll-to-the-silver-screen-6600050 2015年10月16日閲覧。 ^ “In a Madman's World”. Uk.imdb.com. 2013年12月4日閲覧。 ^ “Investigation Discovery Reveals Who Is Most Evil with Leading Forensic Psychologist Dr. Kris Mohandie – On Sunday, December 7”. Discovery Communications. (2014年11月24日). https://corporate.discovery.com/discovery-newsroom/investigation-discovery-reveals-who-most-evil-lead/ 2015年10月17日閲覧

※この「参照資料」の解説は、「エルマー・ウェイン・ヘンリー」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「エルマー・ウェイン・ヘンリー」の記事については、「エルマー・ウェイン・ヘンリー」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/06 01:01 UTC 版)

大杖正彦」の記事における「参照資料」の解説

^ “Masahiko Otsue Olympic Results”. Sports Reference LLC. 2020年4月17日時点オリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ2018年3月16日閲覧。 この項目は、スキー関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(プロジェクト:スポーツPortal:スポーツ)。

※この「参照資料」の解説は、「大杖正彦」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「大杖正彦」の記事については、「大杖正彦」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 08:01 UTC 版)

ロバート・ベルデラ」の記事における「参照資料」の解説

^ “Bob Berdella”. Orlando Sentinel. (2014年7月20日). http://www.kansascity.com/news/special-reports/kc-true-crime/article704522.html 2017年5月20日閲覧。 ^ a b Jackman, Tom; Cole, Troy (1995) [1992]. Rites of Burial. London: Virgin. ISBN 0-86369-996-0. LCCN 93--12489. OCLC 40330251. OL OL17075631M ^ “Robert A. Berdella, Already Convicted of One Count of First-Degree Murder, Pleads Guilty to A Second Charge”. Orlando Sentinel. (1988年12月20日). http://articles.orlandosentinel.com/1988-12-20/news/0090170142_1_berdella-sentenced-to-life-antiques-dealer 2017年5月20日閲覧。 ^ Bovsun, Mara (2016年7月23日). “Kansas City Sicko Kept Detailed Diary, Photos of Sex Torture, Bondage and Murder”. New York Daily News (New York City: Tronc). http://www.nydailynews.com/news/crime/kansas-city-sex-slayer-detailed-diary-torture-murder-article-1.2723454 2017年5月19日閲覧。 ^ Newton, Michael (2002). The Encyclopedia of Kidnappings. Facts On File Crime Library. New York: Facts On File. p. 25. ISBN 978-0-8160-4486-3. LCCN 2001-40170. OCLC 593209888. OL 9741936M. https://books.google.com/books?id=EZjlE4-1GSIC&pg=PA25 ^ Federal Reserve Bank of Minneapolis Community Development Project. "Consumer Price Index (estimate) 1800–" (英語). Federal Reserve Bank of Minneapolis. 2019年1月2日閲覧。 ^ Robbins, William; Times, Special To the New York (1988年12月20日). “Missourian Admits Murders of 5 Men” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/1988/12/20/us/missourian-admits-murders-of-5-men.html 2019年8月11日閲覧。 ^ “NY Daily News - We are currently unavailable in your region”. www.tribpub.com. 2019年8月11日閲覧。 ^ Sias, James (2016-09-07) (英語). The Meaning of Evil. Springer. ISBN 9781137568229. https://books.google.es/books?id=WVL_DAAAQBAJ&pg=PA46&redir_esc=y#v=onepage&q&f=false ^ Scherstuhl (2009年9月24日). “Berdella: The Movie is torture to sit through”. The Pitch. 2018年9月15日時点オリジナルよりアーカイブ2018年9月15日閲覧。 ^ Gore (2005年11月8日). “Bazaar Bizarre”. filmthreat.com. Film Threat. 2017年3月18日閲覧。 ^ “Crime Documentary: Bazaar Bizarre”. crimedocumentary.com (2014年7月15日). 2017年6月5日閲覧。 ^ Logan (2004年9月9日). “The Lighter Side of Torture”. The Pitch. 2018年9月3日時点オリジナルよりアーカイブ2018年9月3日閲覧。 “Meade cuts to commentary by the Rev. Roger Coleman, who spent an agonizing time counseling a suicidal Berdella during the killer's initial incarceration. Four years later, a panicked Berdella called Coleman and said prison officials were withholding his heart medication. Shortly thereafter, Berdella died of a heart attack.”

※この「参照資料」の解説は、「ロバート・ベルデラ」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「ロバート・ベルデラ」の記事については、「ロバート・ベルデラ」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 07:10 UTC 版)

父子鷹」の記事における「参照資料」の解説

日本映画感想文 父子鷹より この項目は、文学関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:文学/PJライトノベル)。項目が小説家作家の場合には {{Writer-stub}} を、文学作品以外の本・雑誌の場合には {{Book-stub}} を貼り付けてください

※この「参照資料」の解説は、「父子鷹」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「父子鷹」の記事については、「父子鷹」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 15:40 UTC 版)

パレスチナのキリスト教」の記事における「参照資料」の解説

“Palestinian Christians in the Holy Land”. IMEU (2012年12月17日). 2021年9月26日閲覧。(英語) “Christians of the Middle East - Country by Country Facts and Figures on Christians of the Middle East”. ThoughtCo. (2019年2月4日). 2021年9月26日閲覧。(英語) “Situation of Christians in West Bank worsening since Hamas take-over”. Catholic News Agency (2006年5月3日). 2021年9月26日閲覧。(英語) “Cristianos en Tierra Santa”. Franciscanos OFM Santiago (2012年). 2021年10月4日閲覧。(スペイン語) “Yacoub Shaheen, the Assyrian singer from Palestine taking Arab Idol by storm”. Ajam Media Collective (2017年2月17日). 2021年9月27日閲覧。(英語) “パレスチナ聖公会エルサレム教区訪問終えて”. 日本聖公会 東京教区 (2004年2月12日). 2021年9月30日閲覧。-同教区は、エルサレム・中東聖公会エルサレム教区姉妹教区関係である。 Daniel P. Hadley. “Catholicism, France and Zionism: 1895-1904”. Gaines Junction. 2021年10月12日閲覧。(英語)

※この「参照資料」の解説は、「パレスチナのキリスト教」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「パレスチナのキリスト教」の記事については、「パレスチナのキリスト教」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/15 18:28 UTC 版)

マーヴィン・アレン (サッカー指導者)」の記事における「参照資料」の解説

UNCサッカーメディアガイド2008 http://ncsoccerhalloffame.com/dr-marvin-allen この項目は、サッカー選手関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:サッカー/PJサッカー選手/PJ女子サッカー)。

※この「参照資料」の解説は、「マーヴィン・アレン (サッカー指導者)」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「マーヴィン・アレン (サッカー指導者)」の記事については、「マーヴィン・アレン (サッカー指導者)」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/23 09:09 UTC 版)

ふしぎなブロビー プリンセス・ブロブを救え!」の記事における「参照資料」の解説

^ The Rescue of Princess Blobette, Absolute Entertainment, (May 1991) ^ “不思議なブロビー -プリンセス・ブロブを救え!-”. ジャレコ. 2011年4月10日閲覧。 ^ “Game Boy (original) Games (PDF)”. Nintendo. 2011年6月15日時点オリジナルよりアーカイブ2011年9月24日閲覧。 ^ a b Griffiths, Ed (2004年9月25日). “Reviews: Rescue of Princess Blobette”. Nintendojo. 2011年4月10日閲覧。 ^ Club Nintendo (Nintendo of Europe) 4 (1): 20. (1992). ^ Buchanan, Levi. “Top 100 NES Games of All Time: 74. A Boy and His Blob: Trouble on Blobolonia”. IGN. 2011年4月10日閲覧。 ^ Watts, Steven (2009年3月3日). “Reimagined Boy and His Blob Coming to Wii”. 1UP.com. 2009年3月4日時点オリジナルよりアーカイブ2009年3月3日閲覧。 ^ “Download New BIT.TRIP Kicks, Speeding Karts, Magic Castles and More”. Nintendo of America (2009年11月23日). 2009年11月23日閲覧。 ^ Riley, Adam (2009年12月7日). “Interview | WayForward Talks A Boy and his Blob (Wii)”. Cubed3. 2011年4月14日閲覧。 ^ Barnholt, Ray (2009年5月7日). “Retronautsploration: A Boy and His 'Boy and a Boy and His Blob”. 1UP.com. 2011年11月6日閲覧。 ^ a b @toshihiro_app (2017年7月17日). 『PPKP(パンチ パンチ キック パンチ)』はキックパンチで平和を取り戻せ!【とっておきインディーVol.129】. (インタビュー). ファミ通,KADOKAWA.. https://www.famitsu.com/news/201707/17137770.html 2020年6月7日閲覧

※この「参照資料」の解説は、「ふしぎなブロビー プリンセス・ブロブを救え!」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「ふしぎなブロビー プリンセス・ブロブを救え!」の記事については、「ふしぎなブロビー プリンセス・ブロブを救え!」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/16 05:16 UTC 版)

エリート・ホテル」の記事における「参照資料」の解説

^ Ankeny, Jason. エリート・ホテル - オールミュージック ^ Christgau, Robert (1981). “Consumer Guide '70s: H”. Christgau's Record Guide: Rock Albums of the Seventies. Ticknor & Fields. ISBN 089919026X. https://www.robertchristgau.com/get_chap.php?k=H&bk=70 2019年2月24日閲覧。 ^ Sweeting, Adam (2004年4月9日). “Emmylou Harris, Elite Hotel”. The Guardian. 2016年1月24日閲覧Emmylou Harris Elite Hotelライナーノーツ 表 話 編 歴 エミルー・ハリススタジオ・アルバム『グライディング・バード』 『緑の天使』 『エリート・ホテル』 『真珠の舟』 『10セントの街の三日月』 『ブルー・ケンタッキー・ガール』 『ライト・オブ・ザ・ステーブル』 『雪に映える薔薇のごとく』 『エヴァンジェリン』 『シマロン』 『ホワイト・シューズ』 『サリー・ローズのバラッド』 『サーティーン』 『エンジェル・バンド』 『ブルーバード』 『ブラン・ニュー・ダンス』 『カウガールズ・プレイヤー』 『レッキング・ボール』 『レッド・ダート・ガール』 『スタンブル・イントゥ・グレース』 『オール・アイ・インテンディド・トゥ・ビー』 『ハード・バーゲン』 コラボレーション・アルバム『トリオ』 (ドリー・パートンおよびリンダ・ロンシュタットとの共作) 『トリオII』 (ドリー・パートンおよびリンダ・ロンシュタットとの共作) 『ウェスタン・ウォール:ザ・ツーソン・セッションズ』 (リンダ・ロンシュタットとの共作) 『オール・ザ・ロードランニング』 (マーク・ノップラーとの共作) 『オールド・イエロー・ムーン』 (ロドニー・クロウエルとの共作) 『トラヴェリング・カインド』 (ロドニー・クロウエルとの共作) ライヴ・アルバムラスト・デート』 『アット・ザ・ライマン (ナッシュ・ランブラーズとの共演) 『スパイボーイ』 コンピレーション・アルバムトゥゲザー・アゲイン〜ベスト・オブ・エミルー・ハリス』 『プロファイル2: ザ・ベスト・オブ・エミルー・ハリス』 『デュエット』 『ソングス・オブ・ザ・ウェスト』 『ベリー・ベスト・オブ・エミルー・ハリス:ハートエイクス&ハイウェイズ』 『ソングバード』 ヴィデオ・アルバム『リアル・ライブ・ロードランニングマーク・ノップラーとの共演) Related articlesロイ・オービソン ジョン・デンバー グラム・パーソンズ ダニエル・ラノワ ロドニー・クロウエル欲望』 『ラスト・ワルツ

※この「参照資料」の解説は、「エリート・ホテル」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「エリート・ホテル」の記事については、「エリート・ホテル」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/08 08:55 UTC 版)

ネズパース語」の記事における「参照資料」の解説

^ Lewis, M. Paul; Simons, Gary F.; Fennig, Charles D., eds. (2015). "ネズパース語". Ethnologue: Languages of the World (18th ed.). Dallas, Texas: SIL International. ^ “UNESCO Atlas of the World's Languages in danger” (英語). www.unesco.org. 2018年5月17日閲覧。 ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Nez Perce”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/nezp1238 ^ “Facts for Kids: Nez Perce Indians (Nez Perces)”. www.bigorrin.org. 2017年2月9日閲覧。 ^ “Nimi'ipuu Language Teaching and Family Learning”. NILI Projects. 2017年8月10日閲覧。 ^ a b c Haruo, Aoki (1994). Nez Perce Dictionary. ISBN 9780520097636. https://books.google.com/?id=Z3X0q28uB7cC&printsec=frontcover&dq=nez+perce+dictionary#v=onepage&q&f=false

※この「参照資料」の解説は、「ネズパース語」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「ネズパース語」の記事については、「ネズパース語」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/08 09:48 UTC 版)

マーク・ミヤケ」の記事における「参照資料」の解説

^ “UHM Department of Linguistics Alumni”. 2010年5月8日閲覧。 ^ "Doctoral Degrees Granted in Foreign Languages in the United States: 1999". ^ “Beyond Boundaries: Religion, Region, Language and the State”. British Museum. 2015年7月24日閲覧。 ^ “Mr Marc Miyake | Staff” (英語). SOAS, University of London. 2016年2月4日時点オリジナルよりアーカイブ2021年9月8日閲覧

※この「参照資料」の解説は、「マーク・ミヤケ」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「マーク・ミヤケ」の記事については、「マーク・ミヤケ」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/08 09:40 UTC 版)

ジョン・マクウォーター」の記事における「参照資料」の解説

^ McWhorter, John H. "Lexicon Valley". Slate. The Slate Group, a Graham Holdings Company. (Listen to McWhorter's pronunciation of his own name at the beginning of each podcast.) ^ “NY Daily News- Articles By John McWhorter”. NY Daily News. 2014年11月29日閲覧。 ^ Word on the Street: Debunking the Myth of a Pure Standard English, John H. McWhorter V, Perseus Publishing, 1998 ^ Miller, Jason Philip (2006). Gates, Henry Louis; Higginbotham, Evelyn Brooks (eds.). McWhorter, John. New York: Oxford University Press. doi:10.1093/aasc/9780195301731.013.5211. ISBN 9780195301731。 ^ Black Conservative Intellectuals in Modern America, Michael L. Ondaatje, University of Pennsylvania Press, 2010, p. 174 ^ McWhorter, John (2007). Language Interrupted: Signs of Non-Native Acquisition in Standard Language Grammars. Oxford University Press. pp. 5–18. ISBN 978-0-198-04231-0 ^ Ansaldo, Umberto; Lim, Lisa (2015). Languages in Contact. Cambridge University Press. pp. 194–195. ISBN 978-0-521-76795-8 ^ Giuffrè (2013年). “Review: Linguistic simplicity and complexity”. LINGUIST List. 2016年8月20日閲覧。 ^ McWhorter, J. H. (July 10, 2009). “What else happened to English? A brief for the Celtic hypothesis”. English Language & Linguistics 13 (2): 163–191. doi:10.1017/S1360674309002974. https://www.cambridge.org/core/journals/english-language-and-linguistics/article/what-else-happened-to-english-a-brief-for-the-celtic-hypothesis/7E774117C3B14855E00C75C0726DD095. ^ McWhorter (2014年4月5日). “Opinion | Like, Degrading the Language? No Way”. 2021年9月8日閲覧。 ^ “LSA Public Lectures on Language SeriesLinguistic Society of America”. www.linguisticsociety.org. 2021年9月8日閲覧。 ^ McWhorter (2011年1月25日). “Frances Fox Piven, Jim Sleeper and Me”. The New Republic. 2014年11月29日閲覧。 ^ McWhorter (2015年12月13日). “Actually, Scalia had a point.”. CNN. 2016年12月3日閲覧。 ^ Satin, Mark (2004). Radical Middle: The Politics We Need Now. Westview Press and Basic Books, p. 10. ISBN 978-0-8133-4190-3. ^ McWhorter (2014年10月18日). “John McWhorter on Twitter”. 2019年5月28日閲覧。 ^ “Has Anti-Racism Become as Harmful as Racism? John McWhorter vs. Nikhil Singh” (英語). Reason.com (2018年11月30日). 2019年11月20日閲覧。 ^ “Debate: 'The Message of Anti-Racism Has Become as Harmful a Force in American Life as Racism Itself'” (英語). Reason.com (2018年11月9日). 2019年11月20日閲覧。 ^ “What’s Holding Blacks Back?” (英語). City Journal (2015年12月23日). 2019年11月20日閲覧。 ^ All Things Considered (2015年4月30日). “The Racially Charged Meaning Behind The Word 'Thug'”. NPR. 2015年11月25日閲覧。 ^ McWhorter, John. “Baltimore’s mayor and the president said ‘thugs’? Let’s not get too bent out of shape.”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/posteverything/wp/2015/05/01/baltimores-mayor-and-president-obama-said-thugs-lets-not-get-too-bent-out-of-shape/?postshare=7831430516681050 2015年11月25日閲覧。 ^ “'Microaggression' Is the New Racism on Campus” (英語). Time. 2019年11月20日閲覧。 ^ “The Difference Between Racial Bias and White Supremacy” (英語). Time. 2019年11月20日閲覧。 ^ “'Racist' Technology Is a BugNot a Crime” (英語). Time. 2019年11月20日閲覧

※この「参照資料」の解説は、「ジョン・マクウォーター」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「ジョン・マクウォーター」の記事については、「ジョン・マクウォーター」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/22 07:14 UTC 版)

寒川進」の記事における「参照資料」の解説

^ profile on paralympic.org この項目は、陸上選手関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:陸上競技/PJ陸上競技)。

※この「参照資料」の解説は、「寒川進」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「寒川進」の記事については、「寒川進」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/06 01:01 UTC 版)

野戸恒男」の記事における「参照資料」の解説

^ “Tsuneo Noto Olympic Results”. Sports Reference LLC. 2020年4月17日時点オリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ2018年3月12日閲覧典拠管理 ISNI: 0000 0003 7976 2528 VIAF: 258354019 WorldCat Identities: viaf-258354019

※この「参照資料」の解説は、「野戸恒男」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「野戸恒男」の記事については、「野戸恒男」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/16 10:01 UTC 版)

カーチス・ストレンジ」の記事における「参照資料」の解説

^ “69 Players Who Have Reached The Top-10 In World Ranking”. Official World Golf Ranking. 2013年12月20日閲覧。 ^ “PGA Tour ProfileCurtis Strange”. 2013年12月20日閲覧。 ^ a b cPGA Tour Media GuideCurtis Strange”. 2013年12月20日閲覧。 ^ Apfelbaum, Jim, ed (2007). The Gigantic Book of Golf Quotations. Skyhorse Publishing. ISBN 978-1-60239-014-0 ^ “Fox Sports Signs Curtis Strange”. Golf.com. http://www.golf.com/tour-and-news/fox-sports-signs-curtis-strange-us-open-broadcast-team ^ “6 fascinating stories from Ping's Gold Putter Vault”. PGA Tour (2019年1月10日). 2019年2月8日閲覧

※この「参照資料」の解説は、「カーチス・ストレンジ」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「カーチス・ストレンジ」の記事については、「カーチス・ストレンジ」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/12 09:23 UTC 版)

ヘヴン・フォー・エヴリワン」の記事における「参照資料」の解説

[脚注使い方] ^ Roberts, David (2006). British Hit Singles & Albums. London: Guinness World Records Limited ^ “The Cross (3) = ザ・クロス* – Shove It = 夢の大陸横断 (1988, CD)”. Discogs. 2020年12月31日閲覧。 ^ a b c Queen Promo Videos: Heaven For Everyone Ultimate Queen. Retrieved 14 November 2011 ^ “Heaven for Everyone”. AllMusic. https://www.allmusic.com/album/heaven-for-everyone-mw0001016201 2019年4月27日閲覧。 ^ "Australian-charts.com – {{{artist}}} – {{{song}}}". ARIA Top 50 Singles. ^ "Austriancharts.at – {{{artist}}} – {{{song}}}" (in German). Ö3 Austria Top 40. ^ "Ultratop.be – {{{artist}}} – {{{song}}}" (in Dutch). Ultratop 50. ^ "Ultratop.be – {{{artist}}} – {{{song}}}" (in French). Ultratop 50. ^ "{{{artist}}}: {{{song}}}" (in Finnish). Musiikkituottajat – IFPI Finland. ^ "Lescharts.com – {{{artist}}} – {{{song}}}" (in French). Les classement single. ^ "Offiziellecharts.de – {{{artist}}} – {{{song}}}". GfK Entertainment Charts. ^ a b “I singoli più venduti del 1995” (Italian). 2018年4月6日閲覧。 ^ "Dutchcharts.nl – {{{artist}}} – {{{song}}}" (in Dutch). Single Top 100. ^ "Charts.org.nz – {{{artist}}} – {{{song}}}". Top 40 Singles. ^ "Norwegiancharts.com – {{{artist}}} – {{{song}}}". VG-lista. ^ (Polish) Notowanie nr721. LP3. (24 November 1995). http://lp3.polskieradio.pl/notowania/?numer=721 2019年3月5日閲覧。. ^ "Official Scottish Singles Sales Chart Top 100". Scottish Singles Top 40. ^ "Swedishcharts.com – {{{artist}}} – {{{song}}}". Singles Top 100. ^ "Swisscharts.com – {{{artist}}} – {{{song}}}". Swiss Singles Chart. ^ "Official Singles Chart Top 100". UK Singles Chart. ^ “The ARIA Australian Top 100 Singles 1995”. ARIA. 2016年3月3日閲覧。 ^ “1995 Belgian (Flanders) Singles Chart” (Dutch). Ultratop. 2010年4月18日閲覧。 ^ “1995 Belgian (Wallonia) Singles Chart” (French). Ultratop. 2010年4月18日閲覧。 ^ 1995 French Singles Chart Disqueenfrance.com Archived 14 February 2009 at the Wayback Machine. (Retrieved 30 January 2009) ^ “JAAROVERZICHTEN – Single 1995” (Dutch). 2018年4月6日閲覧。 ^ French certifications snepmusique.com (Retrieved 8 May 2019) ^ UK certifications Bpi.co.uk (Retrieved 28 December 2008)

※この「参照資料」の解説は、「ヘヴン・フォー・エヴリワン」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「ヘヴン・フォー・エヴリワン」の記事については、「ヘヴン・フォー・エヴリワン」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/16 07:12 UTC 版)

ノーザンケイブフィッシュ」の記事における「参照資料」の解説

[脚注使い方] ^ NatureServe (2014). Amblyopsis spelaea. 2014. p. e.T1080A19034608. doi:10.2305/IUCN.UK.2014-3.RLTS.T1080A19034608.en ^ Chakrabarty, Prosanta; Prejean, Jacques A.; Niemiller, Matthew L. (May 29, 2014). “The Hoosier cavefish, a new and endangered species (Amblyopsidae, Amblyopsis) from the caves of southern Indiana”. ZooKeys (Pensoft) 412: 41–57. doi:10.3897/zookeys.412.7245. PMC: 4042695. PMID 24899861. https://zookeys.pensoft.net/articles.php?id=3824 2015年1月23日閲覧。. ^ Howard (2014年5月30日). “Blind Hoosier Cavefish: Freshwater Species of the Week”. National Geographic. 2015年1月23日閲覧。 Froese, Rainer and Pauly, Daniel, eds. (2005). "Amblyopsis spelaea" in FishBase. 10 2005 version. この項目は、魚類関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(Portal:生き物と自然/プロジェクト:生物)。

※この「参照資料」の解説は、「ノーザンケイブフィッシュ」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「ノーザンケイブフィッシュ」の記事については、「ノーザンケイブフィッシュ」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/16 09:45 UTC 版)

アイリーン・ドナン」の記事における「参照資料」の解説

^ a bEilean Donan”. Canmore. Historic Environment Scotland. 2018年1月23日閲覧

※この「参照資料」の解説は、「アイリーン・ドナン」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「アイリーン・ドナン」の記事については、「アイリーン・ドナン」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/11 08:14 UTC 版)

石岡拓也」の記事における「参照資料」の解説

^ “Takuya Ishioka”. SR/Olympic Sports. Sports Reference LLC. 2011年5月5日閲覧

※この「参照資料」の解説は、「石岡拓也」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「石岡拓也」の記事については、「石岡拓也」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/11 08:04 UTC 版)

石川晴菜」の記事における「参照資料」の解説

^ a b石川晴菜最高です崖っぷちスキー人生から五輪”. 日刊スポーツ (2017年12月28日). 2019年9月28日閲覧。 ^ “Haruna Ishikawa”. Pyeongchang 2018. 2018年2月11日閲覧。 ^ “石川スキー女子大回転石川晴菜選手引退報告”. (2019年3月31日). https://www.asahi.com/articles/ASM3X73JPM3XPJLB00H.html 2019年9月28日閲覧

※この「参照資料」の解説は、「石川晴菜」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「石川晴菜」の記事については、「石川晴菜」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/11 15:51 UTC 版)

V・A・デグチャリョフ記念工場」の記事における「参照資料」の解説

^ “Рейтинг крупнейших компаний России по объему реализации продукции”. 28 10月 2018閲覧。 ^ a b c d e http://www.rbc.ru/companies/id/766. ^ “Список аффилированных лиц”. ОАО «ЗиД». 2017年10月4日閲覧。 ^ “ОАО «Завод им. Дегтярева»” (Russian). High Precision Systems (Vysokotochnye Kompleksy). 2015年1月9日閲覧。 ^ “Russian Defense Business Directory”. Federation of American Scientists. US Department of Commerce Bureau of Export Administration (1995年5月). 2017年7月21日閲覧。 この記述には、アメリカ合衆国内パブリックドメインとなっている記述を含む。 ^ “Modern Firearms - RGS-50M”. modernfirearms.net. 2017年9月27日閲覧

※この「参照資料」の解説は、「V・A・デグチャリョフ記念工場」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「V・A・デグチャリョフ記念工場」の記事については、「V・A・デグチャリョフ記念工場」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/26 06:45 UTC 版)

電気事業者による新エネルギー等の利用に関する特別措置法」の記事における「参照資料」の解説

^ 「RPSグリーン電力認証との関係について」 グリーン電力認証機構事務局2003年3月6日。 ^ RPS制度(EICネット) ^ 西條辰義風力エネルギーへの期待RPS固定価格買い取り制度2002年 ^ a b Feed-In Tariffs: Accelerating the Deployment of Renewable Energy, Miguel Mendonca, World Future Council, ISBN 978-1-84407-466-2 ^ NBOnline 2008年5月26日 ^ 地球温暖化対策の推進に関する法律の一部を改正する法律案飯田哲也2008年4月、P.13 ^ 飯田哲也、「RPS法小委員会報告書(案)」に対する意見2007年3月 ^ 石川敦夫、太陽光発電普及とコストペイバックタイム、立命館経営学46 (2007年5月) P.137 ^ ドイツの固定価格買取制度遠州 尋美、2006年 ^ FIT入門櫻井啓一郎2008年 ^ 武石礼司新エネ導入促進課題-RPS制度への対処2003年10月 ^ The Japan Times Online, 2008年6月4日記事

※この「参照資料」の解説は、「電気事業者による新エネルギー等の利用に関する特別措置法」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「電気事業者による新エネルギー等の利用に関する特別措置法」の記事については、「電気事業者による新エネルギー等の利用に関する特別措置法」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/29 07:17 UTC 版)

インフィニティ・QX30」の記事における「参照資料」の解説

^ Stylish and Capable: Infiniti QX30 Concept debuts in Geneva ^ Infiniti reveals QX30 Concept at Geneva International Motor Show ^ Infiniti QX30 Concept makes North American debut in New York ^ Infiniti reveals 2016 QX50 luxury crossover at New York International Auto Show ^ インフィニティ、 ニューヨークオートショーでラグジュアリー クロスオーバー「QX50 2016年モデル」を公開 ^ Infiniti QX30: a premium active crossover for all purposes ^ インフィニティ「QX30」をロサンゼルスオートショー広州国際モーターショーにて初公開あらゆる運転シーン満たすプレミアムアクティブクロスオーバー~ ^ 进军紧凑型豪华SUV市场 英菲尼迪QX30将于2015广州车展全球同步首发 ^ Infiniti Q60 sports coupe and QX30 premium active crossover set to make European debut at Geneva Motor Show ^ Ewing (2015年12月29日). “The Infiniti Q30 is dead! Long live the Infiniti QX30!” (English). Auto Blog. Auto Blog. 2016年6月20日閲覧。 ^ INFINITI announces U.S. pricing for all-new 2017 QX30 premium active crossover ^ Infiniti QX30: Full range prices available now ^ http://infinitinews.com/en-US/infiniti/usa/presskits/us-2017-infiniti-qx30-press-kit ^ “Infiniti QX30 car-art displayed at London Art Fair”. http://infinitinews.com/en-US/infiniti/usa/channels/infiniti-corporate-news-global-news/releases/infiniti-qx30-car-art-displayed-at-london-art-fair

※この「参照資料」の解説は、「インフィニティ・QX30」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「インフィニティ・QX30」の記事については、「インフィニティ・QX30」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/19 23:36 UTC 版)

HMD Global」の記事における「参照資料」の解説

^ Carlon (2016年12月1日). “Nokia's new Android phones made in "close partnership" with Google”. Android Authority. 2017年7月24日閲覧。 ^ Dua (2016年12月2日). “Meet HMD Global, the Team Bringing Nokia Phones Back”. NDTV. 2017年6月14日閲覧。 ^ “Mikä ihmeen HMD? Tällainen on yhtiö, joka alkaa valmistaa Nokian puhelimia” (Finnish). Yle Uutiset (2016年5月18日). 2016年5月18日閲覧。 ^ “Nokia Mobile (@nokiamobile)”. Twitter. 2017年8月20日閲覧。 ^ “Nokia Mobile”. www.facebook.com. 2017年8月20日閲覧。 ^ Datta, Debabrata (2017). Managerial Economics. Haryana: PHI Learning Pvt. Ltd.. p. 115. ISBN 978-8-12035-241-4 ^ Shah (2016年12月1日). “Nokia Brand Relives”. Counterpoint Research. 2017年6月14日閲覧。 ^ Burton (2016年2月22日). “MWC 2016: Nokia confirms plan to return to smartphones”. V3.co.uk. 2017年8月20日閲覧。 ^ R. (2014年10月27日). “Nokia Planning New Smartphones in 2016 after License Agreement with Microsoft Ends?”. International Business Times. 2017年8月20日閲覧。 ^ Callaham (2016年2月22日). “Nokia CEO says company is in 'no rush' to return to smartphone market”. Windows Central. 2017年8月20日閲覧。 ^ “HMD Global oy”. Business Information System. 2017年6月14日閲覧。 ^ a b c Shilov (2016年12月2日). “HMD Closes Nokia Brand and Patents Deal with Microsoft, Smartphones Due in 2017”. AnandTech. 2017年7月24日閲覧。 ^ “Microsoft sells Nokia feature phones business”. BBC News (2016年5月18日). 2017年6月14日閲覧。 ^ Ranger (2016年5月18日). “Nokia-branded smartphones and tablets are coming – and they will be running Android”. ZDNet. 2017年6月14日閲覧。 ^ Barr (2016年5月18日). “Microsoft sells Nokia brand use to Foxconn and HMD Global”. SlashGear. 2016年5月19日閲覧。 ^ Souppouris (2016年5月18日). “Nokia will return to mobile with Android phones and tablets”. Engadget. 2016年5月19日閲覧。 ^ “Jean-Francois Baril”. LinkedIn. 2016年11月28日時点オリジナルよりアーカイブ2016年5月21日閲覧。 ^ Moore (2016年12月1日). “Nokia is BACKlegendary smartphone maker starts selling phones online again”. 2017年6月14日閲覧。 ^ “HMD Global announces affordable and durable Nokia 150 phones”. HMD Global (2016年12月13日). 2017年6月14日閲覧。 ^ Collins (2017年2月26日). “Everything Nokia announced at its MWC 2017 press conference”. CNET. 2017年6月14日閲覧。 ^ “HMD will officially launch Nokia 3, 5 and 6 in Finland on June 6”. Nokia Power User (2017年6月5日). 2019年2月10日閲覧。 ^ Akolawala (2017年3月24日). “Nokia 3, Nokia 5, Nokia 6 Android Phones to Reportedly Launch at 'Affordable Price' in 120 Markets Simultaneously”. NDTV. 2017年6月14日閲覧。 ^ Warren (2017年7月6日). “Nokia and Zeiss brands reunite for the Android era”. The Verge. 2017年7月24日閲覧。 ^ Fingas (2017年7月6日). “HMD hopes Zeiss can restore 'Nokia' phones to their former glory”. Engadget. 2017年7月24日閲覧。 ^ “HMD now owns 500 Nokia design patents, including one for the Lumia Camera UI”. GSM Arena (2017年7月27日). 2017年8月20日閲覧。 ^ Vasile (2017年7月27日). “Nokia smartphones might soon come with Lumia Camera UI”. Phone Arena. 2017年8月20日閲覧。 ^ “Nokia 8 OZO Audio, Dual-sight & Liquid-cooling: All that you need to know”. Nokia Power User (2017年8月17日). 2017年8月20日閲覧。 ^ Gibbs, Samuel (2017年8月16日). “Nokia 8 hopes to beat Apple and Samsung with 'bothie', a new version of the selfie” (英語). The Guardian (Guardian Media Group). ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/technology/2017/aug/16/nokia-8-bothie-flagship-android-smartphone-apple-samsung 2017年8月18日閲覧。 ^ Wiggins (2017年8月16日). “With a New Smartphone, Nokia-Maker Takes on Apple and Samsung” (英語). Bloomberg L.P.. 2017年8月18日閲覧。 ^ Lynch (2017年10月25日). “Nokia Reintroduces Beta Labs Program for Android 8.0 Oreo Beta Testing”. XDA Developers. 2019年2月10日閲覧。 ^ Rigg (2018年2月25日). “The Nokia 8 Sirocco edition is 95-percent glass”. Engadget. 2019年2月10日閲覧。 ^ Scrivens (2018年2月25日). “Hands on with the Nokia 1, Nokia 6 (2018), Nokia 7 Plus, and Nokia 8 Sirocco”. Android Police. 2019年2月10日閲覧。 ^ El Khoury (2018年2月26日). “Nokia brings back the Lumia's beloved Camera Pro to its Android devices”. Android Police. 2019年2月10日閲覧。 ^ Warren (2018年2月25日). “Nokia's banana phone from The Matrix is back”. The Verge. 2019年2月10日閲覧。 ^ McCann (2018年3月5日). “Hands on: Nokia 8110 4G review”. Tech Radar. 2019年2月10日閲覧。 ^ Rutherford (2018年2月25日). “Nokia's Latest Retro Revival Is Making Me Crave Bananas”. Gizmodo.com. 2019年2月10日閲覧。 ^ Trenholm (2018年2月25日). “Nokia reboots the 8110, the phone from 'The Matrix'”. CNet.com. 2019年2月10日閲覧。 ^ “HMD's Nokia 6 is now available in the U.S. for $229”. DigitalTrends.com (2017年6月26日). 2017年8月20日閲覧。 ^ Williams (2018年7月18日). “Nokia 6 Review: Is this the budget Android phone to beat?”. Trusted Reviews. 2017年8月20日閲覧。 ^ “Nokia 6 teardown: built like a tank”. GSMArena (2017年3月29日). 2017年8月20日閲覧。 ^ Dhapola, Shruti (2017年5月9日). “Nokia smartphones have premium build, go beyond specs, says HMD Global's Juho Sarvikas”. The Indian Express. http://indianexpress.com/article/technology/mobile-tabs/nokia-6-nokia-5-nokia-3-phones-have-premium-built-go-beyond-specs-says-hmd-globals-juho-sarvikas/ 2017年8月20日閲覧。 ^ Montano (2017年1月8日). “Nokia 6 is official! ‘First' Nokia Android Smartphone Launched in China!”. My Nokia Blog. 2017年8月20日閲覧。 ^ Peckham (2018年1月29日). “Nokia 8 review”. Tech Radar. 2017年8月20日閲覧。 ^ “Nokia Campus Espoo”. Nokia. 2017年7月24日閲覧。 ^ Lehtiniitty (2018年11月2日). “Nokia-puhelinyhtiö HMD Globalin pääkonttori muutti Espoossa Karaportista Leppävaaraan”. Mobiili.fi. 2019年2月10日閲覧。 ^ “Contact Us”. HMD Global. 2017年6月14日閲覧。 ^ “Nokia 1 is the first Android Go smartphone by HMD Global”. GSMArena (2018年2月25日). 2019年2月10日閲覧。 ^ Gartenberg (2019年2月24日). “Nokia bets big on buttons with its new budget phones”. The Verge. 2019年2月24日閲覧。 ^ Rogerson (2017年10月31日). “Nokia 2 announced with two-day battery life and a low price”. Tech Radar. 2019年2月10日閲覧。 ^ Yanachkov (2018年5月29日). “Nokia 5.1, 3.1, 2.1 are announced: pure Android, affordable price”. Phone Arena. 2019年2月10日閲覧。 ^ “Nokia 2 V — Long-lasting entertainment”. Nokia.com. 2019年2月10日閲覧。 ^ “A new era for Nokia smartphones”. HMD Global (2017年2月26日). 2019年2月10日閲覧。 ^ “Nokia 3.1 Plus InternationalPhone specs comparison”. Phone Arena. 2019年2月10日閲覧。 ^ “Nokia 3.1 Plus”. 9to5Google.com. 2019年1月31日閲覧。 ^ “Nokia 3.1 A for AT&T and Nokia 3.1 C for Cricket announced in the US” (英語). GSMArena.com. 2019年6月20日閲覧。 ^ Schoon (2019年8月20日). “Nokia 3V debuts on Verizon this week for $168” (英語). 9to5Google. 2019年8月20日閲覧。 ^ “Nokia X5 officially announced in China”. nokiamob.net (2018年7月18日). 2019年2月10日閲覧。 ^ Rice-Jones (2018年7月19日). “The quietly announced Nokia X5 features a 5.8" screen and a notch”. KnowTechie. 2019年2月10日閲覧。 ^ “Nokia 5.1 Plus launched in India”. GSMArena (2018年9月24日). 2019年2月10日閲覧。 ^ “HMD Global launches first smartphone, the Nokia 6 in China”. HMD Global (2017年1月8日). 2019年2月10日閲覧。 ^ Adams (2018年1月5日). “Nokia 6 (2018) is official: coming with OZO Audio and "Bothie" photo mode for $230”. Android Authority. 2019年2月10日閲覧。 ^ “首发诺基亚X6Nokia X 系列手机正式亮相中国” (中国語). IThome.com. 2018年12月8日閲覧。 ^ Gandhe (2018年5月16日). “Nokia's first smartphone with a notch officially unveiled in China”. Neowin. 2019年2月10日閲覧。 ^ Cantisano (2018年7月19日). “HMD Global announces Nokia 6.1 Plus”. Neowin. 2019年2月10日閲覧。 ^ “Nokia 7.2 and 6.2 unveiled with triple cameras, 6.3" HDR10 screens”. gsmArena (2019年9月5日). 2019年9月5日閲覧。 ^ Kastrenakes (2017年10月18日). “The Nokia 7 has a ‘bothie' camera for half the price of the Nokia 8”. The Verge. 2019年2月10日閲覧。 ^ Nield (2018年11月4日). “Nokia 7.1 review”. Tech Radar. 2019年2月10日閲覧。 ^ Martonik (2018年2月25日). “Nokia announces €749 Nokia 8 Sirocco, improved Nokia 7 Plus and Android Go-powered Nokia 1”. Android Central. 2019年2月10日閲覧。 ^ “官方放出诺基亚X7正面照” (中国語). IThome.com. 2018年12月8日閲覧。 ^ “外媒确认:诺基亚8.1就是诺基亚X7的"全球"版本 – 诺基亚8.1,诺基亚X7” (中国語). www.ithome.com. 2018年12月8日閲覧。 ^ “Nokia X71 debuts as the company's first phone with a punch hole display”. gsmArena (2019年4月2日). 2019年4月2日閲覧。 ^ “Nokia 8: Three firsts in one precision designed flagship”. HMD Global (2017年8月16日). 2019年2月10日閲覧。 ^ “Nokia 9 Pureview goes official, see the first five-camera setup”. gsmArena (2019年2月24日). 2019年2月24日閲覧インドノキア2.2が6,999ルピー発売

※この「参照資料」の解説は、「HMD Global」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「HMD Global」の記事については、「HMD Global」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 09:21 UTC 版)

情報デザイン」の記事における「参照資料」の解説

^ http://www.design.ccsu.edu/ ^ Per Mollerup, Data Design: Visualising quantities, locations, connections, Bloomsbury Academic, 2015 ^ “First Ever Area Charts Created 200+ Years Ago”. AnyChart. 2015年12月25日閲覧。 ^ Tufte, Edward (1983). The Visual Display of Quantitative Information. Cheshire, Connecticut: Graphics Press. ISBN 0961392142 ^ Crosier. “John Snow: The London Cholera Epidemic of 1854”. University of California, Santa Barbara. 2015年12月30日閲覧。 ^ Corbett. “Charles Joseph Minard: Mapping Napoleon's March, 1861”. Center for Spatially Integrated Social Science. 2014年9月21日閲覧。 ^ Popova. “The Invention of ISOTYPE: How a Vintage Visual Language Paved the Way for the Infographics Age”. Brain Pickings. 2015年12月25日閲覧。 ^ Small. “Florence Nightingale's statistical diagrams”. 2015年12月30日閲覧。 ^ Duarte, Nancy. Slide:ology: The Art and Science of Creating Great Presentations. Beijing: O'Reilly Media, 2008. Print.

※この「参照資料」の解説は、「情報デザイン」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「情報デザイン」の記事については、「情報デザイン」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/20 05:13 UTC 版)

池田和子」の記事における「参照資料」の解説

^ “Kazuko Ikeda”. SR/Olympic Sports. Sports Reference LLC. 2011年5月5日閲覧。 この項目は、スキー関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(プロジェクト:スポーツPortal:スポーツ)。

※この「参照資料」の解説は、「池田和子」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「池田和子」の記事については、「池田和子」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/03 02:48 UTC 版)

多元的無知」の記事における「参照資料」の解説

^ Krech, David, and Richard S. Crutchfield. 1948. Theory and Problems of Social Psychology. New York: McGraw-Hill ^ Thaler, Richard H.; Sunstein, Cass R. (2008). “Chapter 3: Following the Herd”. Nudge: Improving Decisions about Health, Wealth, and Happiness. Yale University Press. ISBN 978-0-14-311526-7. OCLC 791403664 ^ Katz, Daniel, and Floyd H. Allport. 1931. Student Attitudes. Syracuse, N.Y.: Craftsman ^ a b Kitts, James A. (September 2003). “Egocentric Bias or Information Management? Selective Disclosure and the Social Roots of Norm Misperception”. Social Psychology Quarterly 66 (3): 222–237. doi:10.2307/1519823. JSTOR 1519823. ^ Prentice, D. (2007). Pluralistic ignorance. In Encyclopedia of Social Psychology, Sage Publishing Retrieved from http://knowledge.sagepub.com/view/socialpsychology/n402.xml ^ Prentice, Deborah A.; Miller, Dale T. (1993). “Pluralistic ignorance and alcohol use on campus: Some consequences of misperceiving the social norm.”. Journal of Personality and Social Psychology 64 (2): 243–256. doi:10.1037/0022-3514.64.2.243. PMID 8433272. ^ Schanck, Richard Louis (1932). “A study of a community and its groups and institutions conceived of as behaviors of individuals.”. Psychological Monographs 43 (2): i–133. doi:10.1037/h0093296. ^ O'Gorman, Hubert J. (October 1986). “The discovery of pluralistic ignorance: An ironic lesson”. Journal of the History of the Behavioral Sciences 22 (4): 333–347. doi:10.1002/1520-6696(198610)22:4<333::AID-JHBS2300220405>3.0.CO;2-X. ^ Noelle-Neumann, Elisabeth (1993) The Spiral of Silence: Public Opinion – Our Social Skin (2nd ed.). Chicago: University of Chicago Press. ^ O'Gorman, Hubert J. (1975). “Pluralistic Ignorance and White Estimates of White Support for Racial Segregation”. Public Opinion Quarterly 39 (3): 313. doi:10.1086/268231. ^ a b Davis, TL; Laker, J. How College Men Feel about Being Men and "Doing the Right Thing.". Masculinities in Higher Education: Theoretical and Practical Implications.: Routledge, Kegan & Paul Publishers. pp. Ch. 10. http://alanberkowitz.com/articles/college_men.pdf 2018年9月4日閲覧。 ^ Andersen, H.C. (1837). Andersen's Fairy Tales. Children's Classics. ^ Geiger, Nathaniel; Swim, Janet K (September 2016). “Climate of silence: Pluralistic ignorance as a barrier to climate change discussion”. Journal of Environmental Psychology 47: 79–90. doi:10.1016/j.jenvp.2016.05.002. https://climateaccess.org/sites/default/files/Climate%20of%20silence-%20Pluralistic%20ignorance%20as%20a%20barrier%20tClimate%20of%20silence-%20Pluralistic%20ignorance%20as%20a%20barrier%20to%20climate%20change%20discussiono%20climate%20change%20discussion.pdf 2018年9月4日閲覧。. ^ Mildenberger, Matto; Tingley, Dustin (December 2017). “Beliefs about Climate Beliefs: The Importance of Second-Order Opinions for Climate Politics”. British Journal of Political Science 49 (4): 1279–1307. doi:10.1017/S0007123417000321. https://climateadvocacylab.org/system/files/mildenbergertingley_bjps.pdf 2018年9月4日閲覧。. ^ Leiserowitz. “Politics and Global Warming, March 2018”. Yale University and George Mason University. 2018年9月4日閲覧。 ^ Marlon. “Yale Climate Opinion Maps 2018”. Yale Program on Climate Change Communication. 2018年9月4日閲覧。 ^ Mildenberger, Matto; Tingley, Dustin (December 2017). “Beliefs about Climate Beliefs: The Importance of Second-Order Opinions for Climate Politics”. British Journal of Political Science 49 (4): 1279–1307. doi:10.1017/S0007123417000321. https://climateadvocacylab.org/system/files/mildenbergertingley_bjps.pdf 2018年9月4日閲覧。. ^ Ross, Lee; Greene, David; House, Pamela (May 1977). “The "false consensus effect": An egocentric bias in social perception and attribution processes”. Journal of Experimental Social Psychology 13 (3): 279–301. doi:10.1016/0022-1031(77)90049-X.

※この「参照資料」の解説は、「多元的無知」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「多元的無知」の記事については、「多元的無知」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/11 14:14 UTC 版)

ハンセン病療養所」の記事における「参照資料」の解説

^ 健康福祉感染症対策課, 香川県 (2020年5月1日). “ハンセン病患者数、療養所入所者数の推移 (PDF)”. 2021年5月12日閲覧。 『ハンセン病監房記録2006年宮坂道夫集英社新書ハンセン病人権2005年神美知宏、藤野豊牧野正直、解放出版社戦争とハンセン病2010年藤野豊吉川分館

※この「参照資料」の解説は、「ハンセン病療養所」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「ハンセン病療養所」の記事については、「ハンセン病療養所」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/12 15:46 UTC 版)

進入復行」の記事における「参照資料」の解説

Section 5-5-5. Missed Approach”. Aeronautical Information Manual. FAA. (2013-03-07). http://www.faa.gov/air_traffic/publications/media/aim.pdf 2016年2月8日閲覧。 この項目は、航空関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(ポータル 航空 / プロジェクト 航空)。

※この「参照資料」の解説は、「進入復行」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「進入復行」の記事については、「進入復行」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/15 05:21 UTC 版)

あっちいって ユニコーン!」の記事における「参照資料」の解説

^ Pinto, Jordan (2016年12月20日). “Sonar Entertainment moves into kids content”. Kidscreen. http://kidscreen.com/2017/05/05/sonar-entertainment-moves-into-kids-content/ 2020年3月30日閲覧

※この「参照資料」の解説は、「あっちいって ユニコーン!」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「あっちいって ユニコーン!」の記事については、「あっちいって ユニコーン!」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/28 16:10 UTC 版)

廣井法代」の記事における「参照資料」の解説

^ 1998年長野オリンピック廣井法代選手プロフィール ^ “Noriyo Hiroi”. SR/Olympic Sports. Sports Reference LLC. 2011年5月4日閲覧

※この「参照資料」の解説は、「廣井法代」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「廣井法代」の記事については、「廣井法代」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/01 14:43 UTC 版)

建築イラストレーター」の記事における「参照資料」の解説

^ a b “The Facts about an Architectural Illustrator”. ArticleTree. 2013年7月23日時点オリジナルよりアーカイブ2013年2月7日閲覧

※この「参照資料」の解説は、「建築イラストレーター」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「建築イラストレーター」の記事については、「建築イラストレーター」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/10 10:14 UTC 版)

田中秀雄 (陸上選手)」の記事における「参照資料」の解説

^ "Hideo Tanaka Olympic Results". Sports-Reference.com. Sports Reference LLC. Retrieved 5 November 2017. 表 話 編 歴 箱根駅伝10区区間賞1920年代 20 茂木善作* 21 不明 22 下村広次* 23 佐藤秀三24 八島健三* 25 永谷寿一 26 永谷寿一* 27 田代菊之助* 28 縄田尚門 29 鈴木喜政* 1930年代 30 浜田耕作 31 北本正路* 32 北本正路 33 北本正路 34 田中秀雄 35 竹中正一郎* 36 竹中正一郎 37 青地球磨男 38 松永39 石田正巳* 1940年代 40 小島武雄* 41 中止 42 中止 43 平井文夫 44 中止 45 中止 46 中止 47 川田清八 48 後藤秀夫 49 高杉良1950年代 50 後藤秀夫 51 朝倉52 山岸三郎 53 南木信吾* 54 大西増夫 55 大西増夫 56 鈴木重晴 57 佐藤光信* 58 瀬戸功夫* 59 伊藤貞夫 1960年代 60 高田喜久 61 山崎62 横溝三郎* 63 安部喜代志* 64 若松* 65 高口徹* 66 土谷和夫* 67 土谷和夫* 68 土谷和夫 69 三原市1970年代 70 辰巳寿路 71 岩淵72 酒見勝喜* 73 味沢善朗 74 菊地一成 75 竹内譲二* 76 丸橋久良 77 岩瀬哲治* 78 照井典勝 79 小山英士* 1980年代 80 坂本充 81 小山輝夫* 82 山本隆司 83 遠藤司* 84 遠藤司 85 丸山一86 江口和浩 87 小川欽也 88 山田和人 89 北川1990年代 90 岡川91 高梨信介 92座本93 安永淳一 94 尾方剛 95 佐藤信之 96 渡辺高志 97 今泉勝彦 98 大崎悟史 99 宮崎展仁* 2000年代 00 高橋正仁* 01 真名子圭* 02 櫻井勇* 03 北浦政史* 04 糟谷悟 05 山田紘之* 06 高岡寛典 07 松瀬元太(1:08:59)** 08岩義人 09 永井大2010年代 10 福島弘将 11 山本憲二 12 斎藤貴志 13 後藤田健介 14 大津顕杜 15 寺田博16 渡邉利典 17 作田直也 18 小笹椋 19 星岳 *は区間新**現行区間記録 1区 2区 3区 4区 5区 6区 7区 8区 9区 10区 表 話 編 歴 日陸上競技選手大会 男子3000m障害優勝者1930年代 31 久山猛 32 田中秀雄 33 内田34 田中秀雄 35 今井哲夫 36 田中秀雄 37 今井哲夫 38 大沢竜雄 39 大沢竜雄 1940年代 40 大沢竜雄 41 中止 42 石田芳正 46 古谷嘉明 47 高橋進 48 高橋進 49 高橋進 1950年代 50 高橋進 51 高橋進 52 高橋進 53 高橋進 54 高橋進 55 高橋進 56上正57 井上治 58上正59上正1960年代 60 新井博61 横溝三郎 62 奥沢善二 63 G・ローランツ 64 青葉昌幸 65 猿渡武嗣 66 猿渡武嗣 67 猿渡武嗣 68 猿渡武嗣 69 猿渡武嗣 1970年代 70 三浦信由 71 小山隆治 72 小山隆治 73 小山隆治 74 小山隆治 75 小山隆治 76 小山隆治 77 新宅雅也 78 新宅雅也 79 新宅雅也 1980年代 80 新宅雅也 81 酒匂真次 82 河野83 新宅雅也 84 永里85 三枝秀樹 86 愛敬重之 87 愛敬重之 88 山田和人 89 山田和人 1990年代 90 グラエメ・フェル 91 マルセロ・カスカベロ 92 仲村93 ビズネ・ヤエ・トゥーラ 94 ダニエル・ジェンガ(8:19.21)* 95 内富恭則 96 内富恭則 97 ダニエル・ジェンガ 98 ダニエル・ジェンガ 99 アジス・ドリウッジ 2000年代 00 内富恭則 01 岩水嘉孝 02 岩水嘉孝 03 岩水嘉孝 04 岩水嘉孝 05 岩水嘉孝 06 篠藤淳 07 岩水嘉孝 08 岩水嘉孝 09 岩水嘉孝 2010年代 10 武田毅 11 武田毅 12 山下13 山下14 篠藤淳 15 潰滝大記 16 潰滝大記 17 潰滝大記 18 塩尻和也 19 阪口竜平 *は大会記録 100m 200m 400m 800m 1500m 5000m 10000m 3000mSC 110mH 400mH この項目は、陸上選手関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:陸上競技/PJ陸上競技)。

※この「参照資料」の解説は、「田中秀雄 (陸上選手)」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「田中秀雄 (陸上選手)」の記事については、「田中秀雄 (陸上選手)」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/12 01:41 UTC 版)

盛田久生」の記事における「参照資料」の解説

^ "盛田久生". Sports-Reference.com. Sports Reference LLC. Retrieved 19 May 2012. 表 話 編 歴 日陸上競技選手大会 男子棒高跳優勝者1910年代 13 野口源三郎 14 富田友之輔 15 増田久雄 16 三吉友之輔 17 野口源三郎 18 田島堅吉 19 田島堅吉 1920年代 20 芝川太郎 21 原公平 22 中澤米太郎 23 中澤米太郎 25 森岡左喜生 26 草場幸雄 27 中澤米太郎 28 中澤米太郎 29 西田修平 1930年代 30 金盛総多 31 西田修平 32 西田修平 33 西田修平 34 西田修平 35 西田修平 36 西田修平 37 安達清 38 大江季雄 39 森脇篤人 1940年代 40 中村公一 42 沢田文吉 46 田中弘 47 沢田文吉 48 沢田文吉 49 沢田文吉 1950年代 50 沢田文吉 51 沢田文吉 52 沢田文吉 53 沢田文吉 54 沢田文吉 55 古旗康祐 56 中山隆57 安田矩明 58 安田矩明 59 大坪政士 1960年代 60 安田矩明 61 山田62 ロン・モリス(英語版63 ジョン・ペネル(英語版64 大坪政士 65 盛田久生 66 瓜生 67 広田哲夫 68 丹羽清 69 丹羽清 1970年代 70 井上恭一郎 71 丹羽清 72 丹羽清 73 岩間良臣 74 丹羽清 75 高根沢威夫 76 高根沢威夫 77 岩間良臣 78 高橋卓巳 79 小西清隆 1980年代 80 高橋卓巳 81 高橋卓巳 82 荒天のため中止 83 高橋卓巳 84 高橋卓巳 85 利行 86 利行 87 利行 88 利行 89 利行 1990年代 90 イゴール・ポタポビッチ (5m80)* 91 神谷晃尚 92 竹井秀行 93 利行 94 利行 95 竹井秀行 96 横山学 97 鈴木秀98 小林史明 99 澤野大地 2000年代 00 澤野大地 01 横山学 02 安田覚 03 澤野大地 04 澤野大地 (5m80)* 05 安田覚 06 澤野大地 07 澤野大地 08 澤野大地 09 澤野大地 2010年代 10 鈴木崇文 11 澤野大地 12 山本聖途 13 山本聖途 14 澤野大地 15 荻田大樹 16 澤野大地 17 山本聖途 18 山本聖途 19 江島雅紀 *は大会記録 走高跳 棒高跳 走幅跳 三段跳 砲丸投 円盤投 ハンマー投 やり投 この項目は、陸上選手関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:陸上競技/PJ陸上競技)。

※この「参照資料」の解説は、「盛田久生」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「盛田久生」の記事については、「盛田久生」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/18 14:12 UTC 版)

レンゾ・マルテンス」の記事における「参照資料」の解説

^ “Congolese Sculptors Redirect Capital to the Plantation”. Artnet News (2016年11月1日). 2018年3月25日閲覧。 ^ ISCP Archived 2014-02-23 at the Wayback Machine. ^ Yale World Fellow Program ^ KASK Archived 2014-02-22 at the Wayback Machine. ^ Balie, De (2016-11-19), Renzo Martens - Beeldbepalers - De Balie x IDFA Special, https://vimeo.com/192262127 2017年12月13日閲覧。 ^ IHA

※この「参照資料」の解説は、「レンゾ・マルテンス」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「レンゾ・マルテンス」の記事については、「レンゾ・マルテンス」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/15 02:19 UTC 版)

チャールストン教会銃撃事件」の記事における「参照資料」の解説

^ Arthur Jackson (2020年10月19日). “憎しみよりも強い”. デイリーブレッド. 2020年10月19日閲覧。 ^ Ed Payne, CNN (2015年6月18日). “Charleston church shooting: Multiple deaths reported - CNN.com”. CNN. 2015年6月24日閲覧。 ^ Leger, Donna Leinwand (2015年6月19日). “Dylann Roof's father, uncle called police to ID him in church shooting”. USA Today. 2015年6月19日閲覧。 ^ “Church shooting suspect Dylann Roof captured amid hate crime investigation”. The Washington Post (2015年6月18日). 2015年6月18日閲覧。 ^ “Dylann Storm Roof arrested in North Carolina”. KFOR (2015年6月18日). 2015年6月18日閲覧。 ^ Old, Jason (2015年6月18日). “Police: Dylann Roof arrested for trespassing, drug possession at Columbiana Centre”. WISTV.com. 2015年6月18日閲覧。 ^ Sebastian Murdock (2017年1月10日). “教会銃乱射事件黒人9人を殺害したディラン・ルーフ被告死刑”. ハフポスト. https://www.huffingtonpost.jp/2017/01/10/dylann-roof_n_14092906.html 2020年10月19日閲覧。 ^ a b cアジア系アメリカ人交際するオルタナ右翼たち なぜアジア系女性は、白人至上主義者好かれてしまうのか?”. クーリエ・ジャポン (講談社). (2020年6月19日). オリジナルの2020年6月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200621091213/https://courrier.jp/news/archives/202382/?ate_cookie=1592730731 この項目は、犯罪・事件犯罪者犯罪組織などを含む)に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(プロジェクト:事件事故)。 表 話 編 歴 アメリカ合衆国における銃乱射事件 1940年代カムデン死の散歩」(1949年1960年代テキサスタワー(1966年1970年代イースター英語版)(1975年1980年代ウィルクスバリ1982年シアトル賭博場英語版)(1983年) パームサンデー(1984年) サン・イシドロ・マクドナルド(1984年エドモンド郵便局英語版)(1986年ストックトン1989年1990年代ルビーズ(1991年) ウィックリフ中学校1994年コロンバイン高校1999年アトランタ(1999年)(1999年2000年代プラットキャニオン高校2006年バージニア工科大学2007年) サクセステック・アカデミー(2007年) ウェストローズ・モール(2007年) 北イリノイ大学2008年) ジェニーバ(英語版)(2009年ビンガムトン2009年2010年代ペンタゴン2010年ツーソン2011年オイコス大学2012年オーロラ2012年ウィスコンシン州シク寺院2012年サンディフック小学校2012年サンタモニカ2013年ワシントン海軍工廠2013年) アラパホー高校2013年) アイラビスタ(2014年チャールストン教会2015年) バージニア・テレビクルー(2015年) アムクワ・コミュニティー・カレッジ(2015年) コロラドスプリングス・プランド・ペアレントフッド(2015年サンバーナーディーノ2015年オーランド2016年ラスベガス・ストリップ2017年サザーランド・スプリングス英語版)(2017年マージョリー・ストーンマン・ダグラス高校2018年YouTube本社2018年サンタフェ高校銃(2018年ピッツバーグ礼拝所英語版)(2018年サウザンドオークス英語版)(2018年) パウウェイ・シナゴーグ(2019年バージニアビーチ英語版)(2019年エルパソ(2019年)(2019年ミッドランド2019年2020年代アトランタ(2021年)(2021年ボルダー英語版)(2021年バッファロー2022年ロブ小学校2022年関連項目銃規制アメリカ 団体全米ライフル協会 米国銃所有者協会

※この「参照資料」の解説は、「チャールストン教会銃撃事件」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「チャールストン教会銃撃事件」の記事については、「チャールストン教会銃撃事件」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/14 04:37 UTC 版)

三足歩行」の記事における「参照資料」の解説

[脚注使い方] ^ A Comparative Survey of Climbing Robots and Arboreal Animals in Scaling Complex Environments, C. Webster, 2017 ^ Hunt, Kevin D.; Cant, John G. H.; Gebo, Daniel L.; Rose, Michael D.; Walker, Suzanne E.; Youlatos, Dionisios (1996). “Standardized descriptions of primate locomotor and postural modes”. Primates 37 (4): 363–387. doi:10.1007/BF02381373. ^ oceancontent (2009年2月6日). “Tripod Fish”. 2016年9月29日閲覧。 ^ “「売れ残り」から運命猫になったソマ転落事故3本足に”. Sippo. 2020年1月24日閲覧。 ^ “3足歩ロボット開発”. 計測自動制御学会東北支部190研究集会. 2020年1月24日閲覧。 ^ “奇妙な動きをする3本足ロボットSTriDER」”. Gigazine. 2020年1月24日閲覧。 ^ “STriDER: Self-excited Tripedal Dynamic Experimental Robot”. YouTube. 2020年1月24日閲覧。 ^ Illustrated research essay Three-Legged Animals in Mythology and Folklore ^ “モンスターマニュアル モンスター図鑑 ゾーン”. D&D日本公式サイト. 2020年1月24日閲覧

※この「参照資料」の解説は、「三足歩行」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「三足歩行」の記事については、「三足歩行」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/24 01:51 UTC 版)

Hily」の記事における「参照資料」の解説

^ a b c Motley (2017年9月26日). “Dating app Hily uses machine learning to make better matches”. KnowTechie. 2019年3月13日閲覧。 ^ a b c dHily Review”. Dating Site Reviews (2019年8月3日). 2019年8月15日閲覧。 ^ Kreig (2019年2月19日). “Thirst Trap: Swipe right on online dating”. The Daily of the University of Washington. 2019年3月13日閲覧。 ^ a bHily Profile”. SensorTower. 2019年3月13日閲覧。 ^ a b c Butcher (2017年10月5日). “Hily dating app uses AI and identification to improve safety and potential matches”. Techcrunch. 2019年3月13日閲覧。 ^ Daniel (2017年12月7日). “Could dating apps be key to Snapchat's happy ending?”. Verdict. 2019年3月13日閲覧。 ^ a b Williams (2018年8月14日). “Facebook is turning matchmaker. Is this a good thing?”. FT Magazine. 2019年3月13日閲覧。 ^ Jackson (2017年11月6日). “How a Matchmaking AI Conquered (and Was Exiled) from Tinder”. Motherboard. 2019年3月13日閲覧。 ^ Whitlock (2019年7月11日). “Hily Begins European Roll Out With French Launch”. Global Dating Insights. 2019年8月15日閲覧。 ^ Captain (2019年8月27日). “Match.com's dating coaches might help save modern love”. Fast Company. 2019年9月9日閲覧。 ^ Smith (2018年3月14日). “Anxiety and online dating: My real experience with the Hily dating app”. KnowTechie. 2019年3月13日閲覧

※この「参照資料」の解説は、「Hily」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「Hily」の記事については、「Hily」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/24 01:49 UTC 版)

チャンネル13 (アルゼンチン)」の記事における「参照資料」の解説

^ a bEl Trece ahora es eltrece”. Televisión (2016年6月24日). 2016年6月24日閲覧。 ^ a b c Druetta. Villa María: Eduvin. (2011). p. 106. ISBN 978-987-1727-44-5 ^ Bulla, Gustavo. “La comunicación en tiempos de radicalización política: peronismo y televisión (1973/1976)”. Facultad de Ciencias Sociales. 2019年10月15日閲覧。 ^ “Pantalla chica, olvido grande”. La Nación (1998年6月21日). 2015年12月29日閲覧。 ^ “Publicidad de Hupumorpo”. 2017年4月2日閲覧。 ^ Información sobre el proceso de privatización http://www.razonypalabra.org.mx/N/N74/VARIA74/45CalifanoV74.pdf ^ https://www.youtube.com/watch?v=JcfdSDQg9ps ^ Interferencias a las señales de Artear http://www.youtube.com/watch?v=fp0SaiZSnag ^ Interferencias a las señales de Artear http://www.youtube.com/watch?v=T69kM56Kxc0&feature=related ^ “Cristóbal López a punto de comprar Ideas del Sur y mudar a Tinelli a Telefe”. 3 de febrero de 2017閲覧。 ^ “El trece ganó julio”. Television.com.ar (1 de agosto de 2015). 1 de agosto de 2015閲覧。 ^ “Incendio en Artear: evacuaron las instalaciones de El trece y TN, no hay heridos”. eltrece (31 de enero de 2016). 31 de enero de 2016閲覧。 ^ “Incendio en Canal 13 y TN: evacuaron al personal de los estudios”. Infobae (31 de enero de 2016). 31 de enero de 2016閲覧。 ^ “Incendio en Canal 13 y TN: evacuaron los estudios y se cortó la transmisión”. Diario Clarín (31 de enero de 2016). 31 de enero de 2016閲覧。 ^ “Incendio en el edificio de Canal 13 y TN”. Diario La Nación (31 de enero de 2016). 31 de enero de 2016閲覧。 ^ Logotipo de eltrece, por la C&G Partners https://web.archive.org/web/20130530000918/http://www.cgpartnersllc.com/projects-clients/artear-argentcanal-13/el-trece-brand-update/ - インターネットアーカイブ.com ^ Pruebas en HD Canal 13 https://web.archive.org/web/20010417232246/http://www.canal13.com.ar/tecnologia.asp

※この「参照資料」の解説は、「チャンネル13 (アルゼンチン)」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「チャンネル13 (アルゼンチン)」の記事については、「チャンネル13 (アルゼンチン)」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/25 03:39 UTC 版)

DTC広告」の記事における「参照資料」の解説

^ Mogull, Scott A.; Balzhiser, Deborah (September 2015). “Pharmaceutical Companies Are Writing the Script for Health Consumerism”. Commun. Des. Q. Rev. 3 (4): 35–49. doi:10.1145/2826972.2826976. ^ a bDirect-to-consumer advertising of prescription medication in New Zealand”. New Zealand Medical Journal. 2019年5月15日閲覧。 ^ Lazarus. “Direct-to-consumer drug ads: A bad idea that's about to get worse”. Los Angeles Times. 2019年5月15日閲覧。 ^ a b c d Mogull, Scott A. (2008). “Chronology of Direct-to-Consumer Advertising Regulation in the United States”. AMWA Journal 23: 3. https://www.academia.edu/278465. ^ a b c d e f “A history of drug advertising: the evolving roles of consumers and consumer protection”. The Milbank Quarterly 84 (4): 659–99. (2006). doi:10.1111/j.1468-0009.2006.00464.x. PMC: 2690298. PMID 17096638. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2690298/. ^ a b “A Guide To Television Drug Advertising”. American Council on Science and Health (2018年5月30日). 2019年5月11日閲覧。 ^ a b c d “Basics of Drug Ads”. Center for Drug Evaluation and Research (FDA). (2019-02-08). https://www.fda.gov/drugs/prescription-drug-advertising/basics-drug-ads. ^ a b c d e Fayerman. “Health Canada fails to properly regulate drug ads: 10-year study (updated)”. Vancouver Sun. 2019年5月11日閲覧。 ^ a b Ono. “Advertising Fine Print in Drug Ads Sparks A Debate Among Marketers”. The Wall Street Journal. 2019年5月12日閲覧。 ^ a b Russell. “Do drug ads help patients or lead to expensive treatments?”. Chicago Tribune. 2019年5月12日閲覧。 ^ a b c dDrug makers said to skirt Canadian restrictions on ads”. The Globe and Mail. https://www.theglobeandmail.com/report-on-business/drug-makers-said-to-skirt-canadian-restrictions-on-ads/article22618551/ 2019年5月11日閲覧。 ^ Rosenthal, Elisabeth (2016年2月27日). “Ask Your Doctor if This Ad Is Right for You”. The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2016/02/28/sunday-review/ask-your-doctor-if-this-ad-is-right-for-you.html 2019年5月11日閲覧。 ^ Meiselman. “The sneaky way pharmaceutical companies use celebs to market their drugs”. The Outline. 2019年5月12日閲覧。 ^ 強み活かす協力関係先に究極ゴール 情報過多社会における製薬企業患者啓発重要性 くすりの適正使用競技会(RAD-AR) (PDF) ^ “第2回 DTC語源”. 株式会社アーベーツェー. 2019年12月17日閲覧。 ^ “DTC広告”. 製薬医薬業界転職支援 アンサーズ. 2019年12月17日閲覧。 ^ 「「第3回 コード・プライアンス管理責任者/実務担当者会」を開催」『ニューズレター』第179号、日本製薬工業協会2017年5月2019年12月17日閲覧。 ^ 井上良一21世紀医薬品マーケティング」『The Japanese Journal of Antibiotics』第58巻第2号日本感染症医薬品協会2005年4月211(107)、2019年12月17日閲覧。 ^ “RESOLUÇÃO-RDC Nº 96, DE 17 DE DEZEMBRO DE 2008”. 2016年10月17日時点オリジナルよりアーカイブ2017年8月13日閲覧。 ^ “Advertising Regulation for Medication in Brazil”. The Brazil Business. http://thebrazilbusiness.com/article/advertising-regulation-for-medication-in-brazil 2018年2月21日閲覧。 ^ Mintzes, Barbara (February 2009). “Should Canada allow direct-to-consumer advertising of prescription drugs?”. Canadian Family Physician 55 (2): 131–133. ISSN 0008-350X. PMC: 2642505. PMID 19221067. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2642505/. ^ “Prescription drug ad law notable for 'lack of teeth'”. CBC News (2014年12月10日). 2019年5月11日閲覧。 ^ Cozens, Claire (2002年10月23日). “Europe rejects drug advertising”. The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/media/2002/oct/23/advertising.marketingandpr 2019年5月13日閲覧。 ^ Praet, Carolus; Cameron, Glen T.; Chien, Monica. “Pharmaceutical Advertising in Korea, Japan, Hong Kong, Australia, and the US: Current Conditions and Future Directions”. Health Communication Research, 3(1), Pp. 1-63.. https://www.academia.edu/3848441. ^ “Kiwi doctors lobby for crackdown on drug ads”. Stuff. 2019年5月11日閲覧。 ^ “Doctors in New Zealandthe only non-U.S. country that allows DTC advertisingcall for bans”. FiercePharma. 2019年5月11日閲覧。 ^ “A basic guide to prescription-only medicines”. Advertising Standards Authority. 2019年5月15日閲覧。 ^ Schofield (2017年7月10日). “Pharma marketing: UK vs US”. Pharmafield. 2019年5月13日閲覧。 ^ “Drug companies say no to consumer advertising in UK”. www.campaignlive.co.uk. 2019年5月13日閲覧。 ^ a b Donohue, Julie (December 2006). “A History of Drug Advertising: The Evolving Roles of Consumers and Consumer Protection”. The Milbank Quarterly 84 (4): 659–699. doi:10.1111/j.1468-0009.2006.00464.x. ISSN 0887-378X. PMC: 2690298. PMID 17096638. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2690298/. ^ a b Karlin-Smith. “Trump finalizes rule to require drug prices in TV ads”. Politico. 2019年5月9日閲覧。 ^ a b cDirect-to-Consumer Pharmaceutical Advertising: Therapeutic or Toxic?”. P & T 36 (10): 669–84. (October 2011). PMC: 3278148. PMID 22346300. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3278148/. ^ a bThe untold story of TV's first prescription drug ad”. STAT (2015年12月11日). 2019年5月11日閲覧。 ^ a b cTen Years Later: Direct to Consumer Drug Advertising”. Ad Age (2006年10月1日). 2019年5月11日閲覧。 ^ “Drug Industry DTC Ad Guidelines Draw Criticism”. Cardiology News (2005年9月1日). 2019年5月12日閲覧。 ^ “PHARMACEUTICAL INDUSTRY ISSUES DTC AD GUIDELINES”. Ad Age (2005年8月2日). 2019年5月12日閲覧。 ^ “Direct-to-consumer advertising under fire”. WHO. 2019年5月11日閲覧。 ^ a bDrug ads: $5.2 billion annually -- and rising”. CBS News. 2019年5月11日閲覧。 ^ “American Medical Association urges ban on TV drug ads”. Washington Post (2015年11月15日). 2019年5月11日閲覧。 ^ says (2016年3月4日). “Lawmaker seeks to end tax breaks for consumer drug ads”. STAT. 2019年5月11日閲覧。 ^ Karlin-Smith. “Trump issues rule to require drug prices in TV ads, rejecting industry plan”. Politico. 2019年5月9日閲覧。 ^ Pear, Robert (2018年10月15日). “Trump Rule Would Compel Drug Makers to Disclose Prices in TV Commercials”. The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2018/10/15/us/politics/drug-industry-consumer-price-lists.html 2019年5月9日閲覧。 ^ Thrush, Glenn; Thomas, Katie (2019年5月8日). “Drug Prices Will Soon Appear in Many TV Ads”. The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2019/05/08/us/politics/drug-prices-tv-advertisements.html 2019年5月9日閲覧。 ^ “Direct-to-consumer marketing of prescription drugs: a current perspective for neurologists and psychiatrists”. CNS Drugs 18 (2): 69–77. (February 1, 2004). doi:10.2165/00023210-200418020-00001. PMID 14728054. ^ Iizuka, Toshiaki; Jin, Ginger Zhe (September 1, 2005). “The Effect of Prescription Drug Advertising on Doctor Visits”. Journal of Economics & Management Strategy 14 (3): 701–727. doi:10.1111/j.1530-9134.2005.00079.x. ISSN 1530-9134. ^ a b “Effects of patient medication requests on physician prescribing behavior: results of a factorial experiment”. Medical Care 52 (4): 294–9. (April 2014). doi:10.1097/MLR.0000000000000096. PMC: 4151257. PMID 24848203. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4151257/. ^ a b Metzl, Jonathan. “Selling Sanity Through Gender.” Ms Magazine, Fall, 2003. ^ “CDC Press Releases”. CDC. https://www.cdc.gov/media/releases/2016/p0503-unnecessary-prescriptions.html 2017年8月12日閲覧。 ^ “Cause and Effect: Do Prescription Drug Ads Really Work? - Knowledge@Wharton”. Knowledge@Wharton. http://knowledge.wharton.upenn.edu/article/prescription-drug-ads/ 2017年7月28日閲覧。 ^ “Direct marketing of pharmaceuticals to consumers”. Annual Review of Public Health 23 (1): 73–91. (May 1, 2002). doi:10.1146/annurev.publhealth.23.100901.140537. PMID 11910055. ^ Anderson, Richard (2014年11月6日). “Pharmaceutical industry gets high on fat profits”. BBC News. https://www.bbc.com/news/business-28212223 2017年8月12日閲覧。 ^ Orelli, Brian (2017年6月9日). “6 Reasons Why Prescription Drug Prices Are Extremely Expensive -- The Motley Fool”. The Motley Fool. https://www.fool.com/investing/2017/06/09/7-reasons-why-prescription-drug-prices-are-extreme.aspx 2017年8月12日閲覧。 ^ Peter C. Gøtzsche (2013). Deadly Medicines and Organised Crime: How Big Pharma Has Corrupted Healthcare. Taylor & Francis. p. 275. ISBN 9781846198847 ^ “A decade of direct-to-consumer advertising of prescription drugs”. The New England Journal of Medicine 357 (7): 673–81. (August 2007). doi:10.1056/NEJMsa070502. PMID 17699817. ^ “Updated: CSL’s Misleading Promo Materials Result in FDA Untitled Letter”. RAPS (2018年3月7日). 2019年12月17日閲覧。 ^ “Pharma watchers on Twitter chat up Johnson & Johnson Xarelto TV ad that seems 'misleading'” (英語). FiercePharma. 2019年11月14日閲覧。 ^ “Sex, gender, and pharmaceutical politics: From drug development to marketing”. Gender Medicine 7 (4): 357–70. (August 2010). doi:10.1016/j.genm.2010.08.003. PMID 20869636.

※この「参照資料」の解説は、「DTC広告」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「DTC広告」の記事については、「DTC広告」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/25 09:06 UTC 版)

アラン・メールランド」の記事における「参照資料」の解説

^ “MY BIO”. Alain Mailland公式サイト. 2020年1月29日閲覧。 ^ “The Best of Wood Sculpture Art: Alain Mailland”. covetfoundation.com. 2020年1月29日閲覧

※この「参照資料」の解説は、「アラン・メールランド」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「アラン・メールランド」の記事については、「アラン・メールランド」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/25 19:04 UTC 版)

超決定論」の記事における「参照資料」の解説

^ Wolchover, Natalie. “The Universe Is as Spooky as Einstein Thought” (英語). The Atlantic. https://www.theatlantic.com/science/archive/2017/02/spooky-action-at-a-distance/516201/ 2017年2月20日閲覧。 ^ BBC Radio interview with Paul Davies, 1985 ^ The quotation is an adaptation from the edited transcript of the radio interview with John Bell of 1985. See The Ghost in the Atom: A Discussion of the Mysteries of Quantum Physics, by Paul C. W. Davies and Julian R. Brown, 1986/1993, pp. 45-46 ^ J. S. Bell, Free variables and local causality, Epistemological Letters, Feb. 1977. Reprinted as Chapter 12 of J. S. Bell, Speakable and Unspeakable in Quantum Mechanics (Cambridge University Press 1987) ^ A. Zeilinger, Dance of the Photons, Farrar, Straus and Giroux, New York, 2010, p. 266. Abner Shimony, Michael Horne and John Clauser made a similar comment in replying to John Bell in their discussions in the Epistemological Letters: "In any scientific experiment in which two or more variables are supposed to be randomly selected, one can always conjecture that some factor in the overlap of the backward light cones has controlled the presumably random choices. But, we maintain, skepticism of this sort will essentially dismiss all results of scientific experimentation. Unless we proceed under the assumption that hidden conspiracies of this sort do not occur, we have abandoned in advance the whole enterprise of discovering the laws of nature by experimentation." (Shimony A, Horne M A and Clauser J F, "Comment on the theory of local beables", Epistemological Letters, 13 1 (1976), as quoted in Jan-Åke Larsson, "Loopholes in Bell inequality tests of local realism", J. Phys. A: Math. Theor. 47 (2014))

※この「参照資料」の解説は、「超決定論」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「超決定論」の記事については、「超決定論」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/12 16:03 UTC 版)

遅延聴覚フィードバック」の記事における「参照資料」の解説

^ a b Ball, MJ; Code, C (1997). Instrumental Clinical Phonetics. London: Whurr Publishers. ISBN 978-1897635186. https://books.google.com/?id=cEESoIL5YYcC&pg=PA228&dq=delayed+auditory+feedback#v=onepage&q=delayed%20auditory%20feedback&f=false 2015年12月7日閲覧。. ^ Badian, M. (1979). “Standardized mental stress in healthy volunteers induced by delayed auditory feedback (DAF)”. European Journal of Clinical Pharmacology 16 (3): 171–6. doi:10.1007/BF00562057. PMID 499316. ^ Perkell, J. (1997). “Speech Motor Control: Acoustic Goals, Saturation Effects, Auditory Feedback and Internal Models”. Speech Communication 22 (2–3): 227–250. doi:10.1016/S0167-6393(97)00026-5. ^ Dydymus (2012年3月3日). “Japanese develop 'SpeechJammer' gun”. Digital Journal. 2012年3月3日閲覧。 ^ Peter Ramig; Darrell Dodge (2009-10-07). The Child and Adolescent Stuttering Treatment & Activity Resource Guide. Cengage Learning. p. 60. ISBN 9781435481176. ^ Fairbanks, G. (1955). “Selective Vocal Effects of Delayed Auditory Feedback”. J. Speech Hearing Dis. (20): 333–346. ^ Lee, BS. “Some effects of side-tone delay”. J Acoust Soc Am (22). ^ Yates, AJ (1963). “Delayed Auditory Feedback”. Psychol Bull 60 (3): 213–232. doi:10.1037/h0044155. PMC: 2027608. PMID 14002534. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2027608/. ^ Chase, RA; Sutton, S; First, D; Zubin, J (1961). “A developmental study of changes in behavior under delayed auditory feedback”. J Genet Psychol 99: 101–12. doi:10.1080/00221325.1961.10534396. PMID 13692555. ^ MacKay, D.G. (1968). “Metamorphosis of a critical interval: Age-linked changes in the delay in auditory linked changes in the delay in auditory feedback that produces maximal disruption of speech”. The Journal of the Acoustical Society of America 43 (43): 811–821. Bibcode: 1968ASAJ...43..811M. doi:10.1121/1.1910900. ^ Siegel, GM; Fehst, CA; Garber, SR; Pick, HL (1980). “Delayed Auditory Feedback with Children”. Journal of Speech, Language, and Hearing Research 23 (4): 802–813. doi:10.1044/jshr.2304.802. ^ Stuart, A; Kalinowski, J (2015). “EFFECT OF DELAYED AUDITORY FEEDBACK, SPEECH RATE, AND SEX ON SPEECH PRODUCTION”. Perceptual and Motor Skills 120 (3): 747–765. doi:10.2466/23.25.PMS.120v17x2. ^ Tourville, JA; Reilly, KJ; Guenther, FH (2008). “Neural mechanisms underlying auditory feedback control of speech”. NeuroImage 39 (3): 1429–1443. doi:10.1016/j.neuroimage.2007.09.054. PMC: 3658624. PMID 18035557. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3658624/. ^ Hashimoto, Y; Kuniyoshi, SL (2003). “Brain activations during conscious self-monitoring of speech production with delayed auditory feedback: An fMRI study”. Human Brain Mapping 20 (1): 22–28. doi:10.1002/hbm.10119. PMID 12953303. ^ Fukushima, M; Margoliash, D (2015). “The effects of delayed auditory feedback revealed by bone conduction microphone in adult zebra finches”. Scientific Reports 5: 8800. Bibcode: 2015NatSR...5E8800F. doi:10.1038/srep08800. PMC: 4350079. PMID 25739659. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4350079/.

※この「参照資料」の解説は、「遅延聴覚フィードバック」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「遅延聴覚フィードバック」の記事については、「遅延聴覚フィードバック」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/25 15:49 UTC 版)

コルネリウス・マイスター」の記事における「参照資料」の解説

^ “Cornelius Meister zum neuen RSO Chefdirigenten ab September 2010 bestellt” (プレスリリース), Vienna Radio Symphony Orchestra, (2009年1月9日), オリジナルの2011年7月6日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20110706093804/http://rso.orf.at/pdf/rso_meister.pdf 2011年5月29日閲覧。 ^ “Cornelius Meister ab der Spielzeit 2018/2019 Generalmusikdirektor der Staatsoper Stuttgart und des Staatsorchesters Stuttgart” (プレスリリース), Ministerium für Wissenschaft, Forschung und Kunst Baden-Württemberg, (2016年6月15日), http://mwk.baden-wuerttemberg.de/de/service/presse/pressemitteilung/pid/cornelius-meister-ab-der-spielzeit-20182019-generalmusikdirektor-der-staatsoper-stuttgart-und-des-s-1/ 2016年6月18日閲覧。 ^ “コルネリウス・マイスター氏が2017年度から読響首席客演指揮者に就任” (プレスリリース), 読売日本交響楽団, (2016年6月28日), https://yomikyo.or.jp/2016/06/2017.php/ 2016年6月28日閲覧

※この「参照資料」の解説は、「コルネリウス・マイスター」の解説の一部です。
「参照資料」を含む「コルネリウス・マイスター」の記事については、「コルネリウス・マイスター」の概要を参照ください。


参照資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/28 02:38 UTC 版)

リチャード・スペア」の記事における「参照資料」の解説

^ “ArtPress - Richard Spare Collection”. ArtPress. 2018年11月17日閲覧。 ^ Baile de Laperrière, Charles (2006). Who's Who in Art 32nd Edition. Calne, Wiltshire: Hilmarton Manor Press. pp. 821. ISBN 0904722414 ^ Dyson, Anthony (1983). Thomas Ross & Son, Fine Art Printers – The Nineteenth Century Heritage. London: Thomas Ross & Son. pp. 24 & 56 ^ Scottish Arts Council (1979). David Hockney Prints 1954–77. The Midland Group and the Scottish Arts Council in association with Petersburg Press. pp. Catalogue Numbers: 200, 202, 207, 210 & 217 ^ Scottish Arts Council. The Blue Guitar. pp. Catalogue Number 204; Tokyo 186) ^ a b Littlewood, Robert C (2012). The Joy of Being Richard Spare. Stoke-on-Trent: The Lytlewode Press ^ Royal Academy of Arts Summer Exhibition 1973. London: William Clowes & Sons. (1973). pp. 82 ^ Royal Academy of Arts Summer Exhibition 1985. London: Royal Academy of Arts. (1985). pp. 106 ^ Royal Academy of Arts Summer Exhibition 1986. London: Royal Academy of Arts. (1986). pp. 98 ^ Royal Academy of Arts Summer Exhibition 1988. London: Royal Academy of Arts. (1988). pp. 83 ^ Royal Academy of Arts Summer Exhibition 1990. London: Royal Academy of Arts. (1990). pp. 31 ^ Royal Academy of Arts Summer Exhibition 1992. London: Royal Academy of Arts. (1992). pp. 58 ^ Royal Academy of Arts Summer Exhibition 1994. London: Royal Academy of Arts. (1994). pp. 25&33 ^ Royal Academy of Arts Summer Exhibition 1996. London: Royal Academy of Arts. (1996). pp. 28&34 ^ Royal Academy of Arts Summer Exhibition 1997. London: Royal Academy of Arts. (1997). pp. 41 ^ Royal Academy of Arts Summer Exhibition 1998. London: Royal Academy of