マスターブートレコードとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > マスターブートレコードの意味・解説 

マスターブートレコード

【英】master boot record, MBR

マスターブートレコードとは、FDISK形式ハードディスクにおいて、先頭部分にあるパソコン起動に関する情報が書かれたセクターのことである。

ハードディスクパーティションに関する情報と、ILP記録されている。MBR読み込まれると、まず、ブートローダー呼ばれるソフトウェア起動する。これにより、ハードディスクに含まれているパーティション情報読み込まれ、その情報に従って起動するOSインストールされているブートセクターという領域読み込むことになる。これらを経てOS起動することになる。

外部記憶装置のほかの用語一覧
HDD:  基本領域  LBA  MBR  マスターブートレコード  ミラーリング  rpm  リビルド

マスターブートレコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/24 09:46 UTC 版)

マスターブートレコード(Master Boot Record、略称MBR)とは、PC/AT互換機に於いて、単数または複数のパーティションに分けられたディスクのパーティション外に存在する先頭セクタでブートセクタの一種である。


[ヘルプ]


「マスターブートレコード」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マスターブートレコード」の関連用語

マスターブートレコードのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



マスターブートレコードのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリマスターブートレコードの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマスターブートレコード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS