Pointとは?

ピー [1] 【 P ・ p 】

pitcher野球で,投手ピッチャー。 「 -ゴロ
ページpage)を表す記号( p. )。
parking駐車場を示す記号( P )。
リンphosphorus)の元素記号( P )。
〘音〙 ピアノイタリア piano)を表す記号p )。
parental遺伝学で,親の世代をさす記号世代数を右下に P1 ・ P2 などと記す。
活字ポイント(point)を表す記号
ピコpico)を表す記号( p )。
自動変速装置備え自動車で,変速装置レバー駐車park)の位置にあることを示す記号( P )。

P

parental遺伝学で,親の世代を示す記号
parking駐車場を示す記号
フランス paysage〗 ペイザージュ。油絵キャンバス寸法一系列を表す記号大きくなるほど番号増える風景画用。
ギリシャ petaペタ単位冠する接頭語で,1015 倍を表す。
pitcher野球で,投手を表す記号
〖point〗 活字大きさをいうポイントを表す記号
purple色相で,紫を表す記号
patrolアメリカ海軍航空機識別記号の一で,哨戒機を表す。P-3C など。

p

ラテン picoピコ単位冠する接頭語で,1012 倍を表す。

Π,π(ピー,パイ)

〖pī〗
(π)円周率を表す記号
(Π)相乗積を表す記号

ポイント [0] 【point】

点。地点箇所。 「バッティング--」
要点。重要な箇所。 「出題の-」
得点点数。 「 -をかせぐ」 「二,三-リードしている」
二つ指数差違を表す単位。 「物価前年比で二-の上昇」
活字込め物などの大きさを表す単位。一ポイント一辺が0.3514ミリメートル
尖頭器せんとうき 」に同じ。

ポイント 【point】

文字大きさ単位。1ポイントの文字の高さは、1/72inch(約0.35mm)、JISでは0.3514mm。 >級数

ポイント point

活版印刷における活字サイズを表す単位。1ポイントの大きさは約72分の1インチ(約0.3514)角。

Point コンストラクタ (Size)

Size から Point クラス新しインスタンス初期化します。

名前空間: System.Drawing
アセンブリ: System.Drawing (system.drawing.dll 内)
構文構文

public Point (
    Size sz
)
public:
Point (
    Size sz
)
public Point (
    Size sz
)

パラメータ

sz

新しい Point の座標指定する Size

使用例使用

op_Equality 演算子使用する方法と、Size または 2 つの整数から Point生成する方法次のコード例に示します。また、X プロパティと Y プロパティ使用方法示します。この例は、Windows フォームでの使用意図してデザインされています。Button1 という名前のボタン配置されているフォームコード貼り付けButton1_Click メソッドボタンClick イベント関連付けます。

Private Sub Button1_Click(ByVal
 sender As System.Object, _
    ByVal e As System.EventArgs) Handles
 Button1.Click

    ' Construct a new Point with integers.
    Dim Point1 As New Point(100,
 100)

    ' Create a Graphics object.
    Dim formGraphics As Graphics = Me.CreateGraphics()

    ' Construct another Point, this time using a Size.
    Dim Point2 As New Point(New
 Size(100, 100))

    ' Call the equality operator to see if the points are equal,  
    ' and if so print out their x and y values.
    If (Point.op_Equality(Point1, Point2)) Then
        formGraphics.DrawString(String.Format("Point1.X:
 " & _
            "{0},Point2.X: {1}, Point1.Y: {2}, Point2.Y {3}",
 _
            New Object() {Point1.X, Point2.X,
 Point1.Y, Point2.Y}), _
            Me.Font, Brushes.Black, New PointF(10,
 70))
    End If

End Sub
private void Button1_Click(System.Object sender,
 System.EventArgs e)
{

    // Construct a new Point with integers.
    Point Point1 = new Point(100, 100);

    // Create a Graphics object.
    Graphics formGraphics = this.CreateGraphics();

    // Construct another Point, this time using a Size.
    Point Point2 = new Point(new Size(100,
 100));

    // Call the equality operator to see if the points are equal,  
    // and if so print out their x and y values.
    if (Point1 == Point2)
    {
        formGraphics.DrawString(String.Format("Point1.X: " +
            "{0},Point2.X: {1}, Point1.Y: {2}, Point2.Y {3}",
            new object[]{Point1.X, Point2.X, Point1.Y, Point2.Y})
,
            this.Font, Brushes.Black, new PointF(10,
 70));
    }

}
private:
   void Button1_Click( System::Object^ /*sender*/, System::EventArgs^
 /*e*/ )
   {
      // Construct a new Point with integers.
      Point Point1 = Point(100,100);

      // Create a Graphics object.
      Graphics^ formGraphics = this->CreateGraphics();

      // Construct another Point, this time using a Size.
      Point Point2 = Point(System::Drawing::Size( 100, 100 ));

      // Call the equality operator to see if the points are equal,
  
      // and if so print out their x and y values.
      if ( Point1 == Point2 )
      {
         array<Object^>^temp0 = {Point1.X,Point2.X,Point1.Y,Point2.Y};
         formGraphics->DrawString( String::Format( "Point1.X: "
         "{0},Point2.X: {1}, Point1.Y: {2}, Point2.Y {3}", temp0 ), this->Font,
 Brushes::Black, PointF(10,70) );
      }
   }
private void button1_Click(Object sender, System.EventArgs
 e)
{
    // Construct a new Point with integers.
    Point point1 = new Point(100, 100);

    // Create a Graphics object.
    Graphics formGraphics = this.CreateGraphics();

    // Construct another Point, this time using a Size.
    Point point2 = new Point(new Size(100,
 100));

    // Call the equality operator to see if the points are equal,  
    // and if so print out their x and y values.
    if (point1.Equals(point2)) {
        formGraphics.DrawString(String.Format("Point1.X: " 
            + "{0},Point2.X: {1}, Point1.Y: {2}, Point2.Y {3}", 
            new Object[] { new Integer(point1.get_X()),
 
            new Integer(point2.get_X()), new
 Integer(point1.get_Y()), 
            new Integer(point2.get_Y())    }), this.get_Font()
,
            Brushes.get_Black(), new PointF(10, 70));
    }
} //button1_Click
プラットフォームプラットフォーム
バージョン情報バージョン情報
参照参照

Point コンストラクタ (Int32)

整数値で指定された座標使用して、Point クラス新しインスタンス初期化します。

名前空間: System.Drawing
アセンブリ: System.Drawing (system.drawing.dll 内)
構文構文

解説解説

dw パラメータ下位 16 ビット新しPointx 軸平座標を、上位 16 ビットy 軸の垂直座標指定します。

使用例使用

Point コンストラクタと System.Drawing.Size コンストラクタ、および System.Drawing.ContentAlignment 列挙体の使用方法を示すコード例を次に示します。この例を実行するには、Label1 という名前のラベル配置され、フォームコンストラクタIntializeLabel1 メソッド呼び出す Windows フォームコード貼り付けます。

Private Sub InitializeLabel1()

    ' Set a border.
    Label1.BorderStyle = BorderStyle.FixedSingle

    ' Set the size, constructing a size from two integers.
    Label1.Size = New Size(100, 50)

    ' Set the location, constructing a point from a 32-bit integer
    ' (using hexadecimal).
    Label1.Location = New Point(&H280028)

    ' Set and align the text on the lower-right side of the label.
    Label1.TextAlign = ContentAlignment.BottomRight
    Label1.Text = "Bottom Right Alignment"
End Sub
private void InitializeLabel1()
{
    // Set a border.
    Label1.BorderStyle = BorderStyle.FixedSingle;

    // Set the size, constructing a size from two integers.
    Label1.Size = new Size(100, 50);

    // Set the location, constructing a point from a 32-bit integer
    // (using hexadecimal).
    Label1.Location = new Point(0x280028);

    // Set and align the text on the lower-right side of the label.
    Label1.TextAlign = ContentAlignment.BottomRight;
    Label1.Text = "Bottom Right Alignment";
}
void InitializeLabel1()
{
   // Set a border.
   Label1->BorderStyle = BorderStyle::FixedSingle;
   
   // Set the size, constructing a size from two integers.
   Label1->Size = System::Drawing::Size( 100, 50 );
   
   // Set the location, constructing a point from a 32-bit integer
   // (using hexadecimal).
   Label1->Location = Point(0x280028);
   
   // Set and align the text on the lower-right side of the label.
   Label1->TextAlign = ContentAlignment::BottomRight;
   Label1->Text = "Bottom Right Alignment";
}
private void Initializelabel1()
{
    // Set a border.
    label1.set_BorderStyle(BorderStyle.FixedSingle);

    // Set the size, constructing a size from two integers.
    label1.set_Size(new Size(100, 50));

    // Set the location, constructing a point from a 32-bit integer
    // (using hexadecimal).
    label1.set_Location(new Point(0x280028));

    // Set and align the text on the lower-right side of the label.
    label1.set_TextAlign(ContentAlignment.BottomRight);
    label1.set_Text("Bottom Right Alignment");
} //Initializelabel1
プラットフォームプラットフォーム
バージョン情報バージョン情報
参照参照

Point コンストラクタ (Int32, Int32)

座標指定して、Point クラス新しインスタンス初期化します。

名前空間: System.Drawing
アセンブリ: System.Drawing (system.drawing.dll 内)
構文構文

Dim x As Integer
Dim y As Integer

Dim instance As New Point(x,
 y)
public Point (
    int x,
    int y
)
public:
Point (
    int x, 
    int y
)
public Point (
    int x, 
    int y
)
public function Point (
    x : int, 
    y : int
)

パラメータ

x

点の位置

y

点の垂直位置

使用例使用

op_Equality 演算子使用する方法と、Size または 2 つの整数から Point生成する方法次のコード例に示します。また、X プロパティと Y プロパティ使用方法示します。この例は、Windows フォームでの使用意図してデザインされています。Button1 という名前のボタン配置されているフォームコード貼り付けButton1_Click メソッドボタンClick イベント関連付けます。

Private Sub Button1_Click(ByVal
 sender As System.Object, _
    ByVal e As System.EventArgs) Handles
 Button1.Click

    ' Construct a new Point with integers.
    Dim Point1 As New Point(100,
 100)

    ' Create a Graphics object.
    Dim formGraphics As Graphics = Me.CreateGraphics()

    ' Construct another Point, this time using a Size.
    Dim Point2 As New Point(New
 Size(100, 100))

    ' Call the equality operator to see if the points are equal,  
    ' and if so print out their x and y values.
    If (Point.op_Equality(Point1, Point2)) Then
        formGraphics.DrawString(String.Format("Point1.X:
 " & _
            "{0},Point2.X: {1}, Point1.Y: {2}, Point2.Y {3}",
 _
            New Object() {Point1.X, Point2.X,
 Point1.Y, Point2.Y}), _
            Me.Font, Brushes.Black, New PointF(10,
 70))
    End If

End Sub
private void Button1_Click(System.Object sender,
 System.EventArgs e)
{

    // Construct a new Point with integers.
    Point Point1 = new Point(100, 100);

    // Create a Graphics object.
    Graphics formGraphics = this.CreateGraphics();

    // Construct another Point, this time using a Size.
    Point Point2 = new Point(new Size(100,
 100));

    // Call the equality operator to see if the points are equal,  
    // and if so print out their x and y values.
    if (Point1 == Point2)
    {
        formGraphics.DrawString(String.Format("Point1.X: " +
            "{0},Point2.X: {1}, Point1.Y: {2}, Point2.Y {3}",
            new object[]{Point1.X, Point2.X, Point1.Y, Point2.Y})
,
            this.Font, Brushes.Black, new PointF(10,
 70));
    }

}
private:
   void Button1_Click( System::Object^ /*sender*/, System::EventArgs^
 /*e*/ )
   {
      // Construct a new Point with integers.
      Point Point1 = Point(100,100);

      // Create a Graphics object.
      Graphics^ formGraphics = this->CreateGraphics();

      // Construct another Point, this time using a Size.
      Point Point2 = Point(System::Drawing::Size( 100, 100 ));

      // Call the equality operator to see if the points are equal,
  
      // and if so print out their x and y values.
      if ( Point1 == Point2 )
      {
         array<Object^>^temp0 = {Point1.X,Point2.X,Point1.Y,Point2.Y};
         formGraphics->DrawString( String::Format( "Point1.X: "
         "{0},Point2.X: {1}, Point1.Y: {2}, Point2.Y {3}", temp0 ), this->Font,
 Brushes::Black, PointF(10,70) );
      }
   }
private void button1_Click(Object sender, System.EventArgs
 e)
{
    // Construct a new Point with integers.
    Point point1 = new Point(100, 100);

    // Create a Graphics object.
    Graphics formGraphics = this.CreateGraphics();

    // Construct another Point, this time using a Size.
    Point point2 = new Point(new Size(100,
 100));

    // Call the equality operator to see if the points are equal,  
    // and if so print out their x and y values.
    if (point1.Equals(point2)) {
        formGraphics.DrawString(String.Format("Point1.X: " 
            + "{0},Point2.X: {1}, Point1.Y: {2}, Point2.Y {3}", 
            new Object[] { new Integer(point1.get_X()),
 
            new Integer(point2.get_X()), new
 Integer(point1.get_Y()), 
            new Integer(point2.get_Y())    }), this.get_Font()
,
            Brushes.get_Black(), new PointF(10, 70));
    }
} //button1_Click
プラットフォームプラットフォーム
バージョン情報バージョン情報
参照参照

Point コンストラクタ

座標指定して、Point クラス新しインスタンス初期化します。
オーバーロードの一覧オーバーロードの一覧

名前 説明
Point (Int32) 整数値で指定された座標使用して、Point クラス新しインスタンス初期化します。
Point (Size) Size から Point クラス新しインスタンス初期化します。
Point (Int32, Int32) 座標指定して、Point クラス新しインスタンス初期化します。

.NET Compact Framework によってサポートされています。

参照参照

Point フィールド


パブリック フィールドパブリック フィールド

  名前 説明
パブリック フィールド Empty null 参照 (Visual Basic では Nothing) である Point を表します。
参照参照

Point プロパティ


パブリック プロパティパブリック プロパティ

  名前 説明
パブリック プロパティ Y この Point の y 座標取得または設定します。
参照参照

Point メソッド


パブリック メソッドパブリック メソッド

( プロテクト メソッド参照)
  名前 説明
パブリック メソッド Add 指定した Size指定した Point に追加します。
パブリック メソッド Ceiling PointF の値を次の整数値に丸めることによって、指定した PointFPoint変換します。
パブリック メソッド Equals オーバーロードされます。 オーバーライドされます。 2 つの Point オブジェクトに同じ座標を含めるかどうか指定します。
パブリック メソッド GetHashCode オーバーライドされます。 この Pointハッシュ コード返します。
パブリック メソッド GetType  現在のインスタンスType取得します。 ( Object から継承されます。)
パブリック メソッド Offset オーバーロードされます。 Point指定の量だけ平行移動します。
パブリック メソッド op_Addition Point指定Size平行移動します。
パブリック メソッド op_Equality 2 つの Point オブジェクト比較します。その結果によって、2 つの Point オブジェクトの X プロパティと Y プロパティの値が等しかどうかが示されます。
パブリック メソッド op_Explicit 指定した Point 構造体Size 構造体変換します。
パブリック メソッド op_Implicit 指定した Point 構造体PointF 構造体変換します。
パブリック メソッド op_Inequality 2 つの Point オブジェクト比較します。その結果によって、2 つの Point オブジェクトX プロパティY プロパティの値が異なかどうかが示されます。
パブリック メソッド op_Subtraction Point指定Size の負の値だけ平行移動します。
パブリック メソッド ReferenceEquals  指定した複数Object インスタンス同一かどうか判断します。 ( Object から継承されます。)
パブリック メソッド Round Point の値を最も近い整数丸めることによって、指定した PointFPoint オブジェクト変換します。
パブリック メソッド Subtract 指定した Point から指定した Size減算した結果返します。
パブリック メソッド ToString オーバーライドされます。 この Pointユーザー判読できる文字列変換します。
パブリック メソッド Truncate Point の値を切り捨てることによって、指定した PointFPoint変換します。
プロテクト メソッドプロテクト メソッド
  名前 説明
プロテクト メソッド Finalize  Objectガベージ コレクションにより収集される前に、その Objectリソース解放し、その他のクリーンアップ操作実行できるようにします。 ( Object から継承されます。)
プロテクト メソッド MemberwiseClone  現在の Object簡易コピー作成します。 ( Object から継承されます。)
参照参照

Point メンバ

2 次元平面に点を定義する、整数座標ペア (x 座標と y 座標) を表します。

Point データ型公開されるメンバを以下の表に示します。


パブリック コンストラクタパブリック コンストラクタ
  名前 説明
パブリック メソッド Point オーバーロードされます。 座標指定して、Point クラス新しインスタンス初期化します。
パブリック フィールドパブリック フィールド
  名前 説明
パブリック フィールド Empty null 参照 (Visual Basic では Nothing) である Point を表します。
パブリック プロパティパブリック プロパティ
  名前 説明
パブリック プロパティ Y この Point の y 座標取得または設定します。
パブリック メソッドパブリック メソッド
( プロテクト メソッド参照)
  名前 説明
パブリック メソッド Add 指定した Size指定した Point追加します。
パブリック メソッド Ceiling PointF の値を次の整数値に丸めることによって、指定した PointFPoint変換します。
パブリック メソッド Equals オーバーロードされます。 オーバーライドされます。 2 つの Point オブジェクトに同じ座標を含めるかどうか指定します。
パブリック メソッド GetHashCode オーバーライドされます。 この Pointハッシュ コード返します。
パブリック メソッド GetType  現在のインスタンスType取得します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド Offset オーバーロードされます。 Point指定の量だけ平行移動します。
パブリック メソッド op_Addition Point指定Size平行移動します。
パブリック メソッド op_Equality 2 つの Point オブジェクト比較します。その結果によって、2 つの Point オブジェクトの X プロパティと Y プロパティの値が等しかどうかが示されます。
パブリック メソッド op_Explicit 指定した Point 構造体Size 構造体変換します。
パブリック メソッド op_Implicit 指定した Point 構造体PointF 構造体変換します。
パブリック メソッド op_Inequality 2 つの Point オブジェクト比較します。その結果によって、2 つの Point オブジェクトX プロパティY プロパティの値が異なかどうかが示されます。
パブリック メソッド op_Subtraction Point指定Size の負の値だけ平行移動します。
パブリック メソッド ReferenceEquals  指定した複数Object インスタンス同一かどうか判断します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド Round Point の値を最も近い整数丸めることによって、指定した PointFPoint オブジェクト変換します。
パブリック メソッド Subtract 指定した Point から指定した Size減算した結果返します。
パブリック メソッド ToString オーバーライドされます。 この Pointユーザー判読できる文字列変換します。
パブリック メソッド Truncate Point の値を切り捨てることによって、指定した PointFPoint変換します。
プロテクト メソッドプロテクト メソッド
  名前 説明
プロテクト メソッド Finalize  Objectガベージ コレクションにより収集される前に、その Objectリソース解放し、その他のクリーンアップ操作実行できるようにします。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッド MemberwiseClone  現在の Object簡易コピー作成します。 (Object から継承されます。)
参照参照

Point 構造体

2 次元平面に点を定義する、整数座標ペア (x 座標と y 座標) を表します。

名前空間: System.Drawing
アセンブリ: System.Drawing (system.drawing.dll 内)
構文構文

使用例使用

これらの型に対して定義された、オーバーロードされた演算子いくつか使用して、ポイントサイズ作成するコード例を次に示します。この例では、SystemPens クラス使用方法示します。

この例は、Windows フォームでの使用意図してデザインされています。subtractButton という名前の Button格納するフォーム作成します。コードフォーム貼り付けフォームPaint イベント処理メソッドから PaintEventArgse渡しCreatePointsAndSizes メソッド呼び出します。

Private Sub CreatePointsAndSizes(ByVal
 e As PaintEventArgs)

    ' Create the starting point.
    Dim startPoint As New
 Point(subtractButton.Size)

    ' Use the addition operator to get the end point.
    Dim endPoint As Point = Point.op_Addition(startPoint,
 _
        New Size(140, 150))

    ' Draw a line between the points.
    e.Graphics.DrawLine(SystemPens.Highlight, startPoint, endPoint)

    ' Convert the starting point to a size and compare it to the
    ' subtractButton size.  
    Dim buttonSize As Size = Point.op_Explicit(startPoint)
    If (Size.op_Equality(buttonSize, subtractButton.Size)) Then

        ' If the sizes are equal, tell the user.
        e.Graphics.DrawString("The sizes are equal.",
 _
            New Font(Me.Font, FontStyle.Italic),
 _
            Brushes.Indigo, 10.0F, 65.0F)
    End If

End Sub
private void CreatePointsAndSizes(PaintEventArgs
 e)
{

    // Create the starting point.
    Point startPoint = new Point(subtractButton.Size);

    // Use the addition operator to get the end point.
    Point endPoint = startPoint + new Size(140, 150);

    // Draw a line between the points.
    e.Graphics.DrawLine(SystemPens.Highlight, startPoint, endPoint);

    // Convert the starting point to a size and compare it to the
    // subtractButton size.  
    Size buttonSize = (Size)startPoint;
    if (buttonSize == subtractButton.Size)

        // If the sizes are equal, tell the user.
    {
        e.Graphics.DrawString("The sizes are equal.", 
            new Font(this.Font, FontStyle.Italic),
 
            Brushes.Indigo, 10.0F, 65.0F);
    }

}
void CreatePointsAndSizes( PaintEventArgs^ e )
{
   // Create the starting point.
   Point startPoint = Point(subtractButton->Size);
   
   // Use the addition operator to get the end point.
   Point endPoint = startPoint + System::Drawing::Size( 140, 150 );
   
   // Draw a line between the points.
   e->Graphics->DrawLine( SystemPens::Highlight, startPoint, endPoint );
   
   // Convert the starting point to a size and compare it to the
   // subtractButton size.  
   System::Drawing::Size buttonSize = (System::Drawing::Size)startPoint;
   if ( buttonSize == subtractButton->Size )
   {
      e->Graphics->DrawString( "The sizes are equal.", gcnew System::Drawing::Font(
 this->Font,FontStyle::Italic ), Brushes::Indigo, 10.0F, 65.0F
 );
   }
}
private void CreatePointsAndSizes(PaintEventArgs
 e)
{
    // Create the starting point.
    Point startPoint = new Point(subtractButton.get_Size());

    // Use the addition operator to get the end point.
    Point endPoint = Point.op_Addition(startPoint, new Size(140,
 150));

    // Draw a line between the points.
    e.get_Graphics().DrawLine(SystemPens.get_Highlight(), startPoint, 
        endPoint);

    // Convert the starting point to a size and compare it to the
    // subtractButton size.  
    Size buttonSize = new Size(startPoint);

    if (buttonSize.Equals(subtractButton.get_Size())) {
        // If the sizes are equal, tell the user.
        e.get_Graphics().DrawString("The sizes are equal.", 
            new Font(this.get_Font(), FontStyle.Italic),
 
            Brushes.get_Indigo(), 10, 65);
    }
} //CreatePointsAndSizes


スレッド セーフスレッド セーフ
この型の public static (Visual Basic では Shared) メンバはすべて、スレッド セーフです。インスタンス メンバ場合は、スレッド セーフであるとは限りません。
プラットフォームプラットフォーム
バージョン情報バージョン情報
参照参照

Point

名前 ポワン

ポイント (曖昧さ回避)

(Point から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/27 01:53 UTC 版)

ポイント (point)


POINT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/07/02 17:50 UTC 版)

Point
Corneliusスタジオ・アルバム
リリース 2001年10月24日/ポリスター
2002年 1月22日/マタドール
ジャンル エクスペリメンタル
時間 45分29秒
レーベル 日本の旗トラットリア/ポリスター
アメリカ合衆国の旗マタドール・レコード
プロデュース 小山田圭吾
チャート最高順位
Cornelius 年表
CM
FM
1999年
POINT
2001年
CM2
2003年
POINT収録のシングル
  1. POINT OF VIEW POINT
    リリース: 2001年9月5日
  2. DROP
    リリース: 2001年10月3日
テンプレートを表示

POINT』(ポイント)は、Cornelius2001年に発表した4枚目のスタジオ・アルバムである。

解説

過去3作の多要素的な音楽手法から一転、アンビエントを用いたシンプルでアルゴリズム的な音の構成で練り上げられた作品。トラットリア・メニュー241。アナログ盤はメニュー243。

前作『FANTASMA』に続き、アメリカのマタドール・レコードからもリリースされている。世界21ヵ国でリリースされた。

9曲目の「Brazil」はボサノヴァの「Aquarela do Brasil」のカバー。

『POINT』の楽曲で構成されたミュージック・ビデオ集『FIVE POINT ONE』が2003年にリリースされている。

ジャケットに貼られたシールの裏には「サウンド描~ 視・論 ラブ ミー テンダー」と印刷されている。

収録曲

  1. Bug (Electric Last Minute)
  2. Point of View Point
  3. Smoke
  4. Drop
  5. Another View Point
  6. Tone Twilight Zone
  7. Bird Watching At Inner Forest
  8. I Hate Hate
  9. Brazil
  10. Fly
  11. Nowhere

LPはSIDE-A#1~6 SIDE-B#7~11

全曲作詞・作曲:小山田圭吾(#9のみ作詞:S.K.Russel、作曲:Ary Barosso、編曲:小山田圭吾)






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「Point」に関係したコラム

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「Point」の関連用語

Pointのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

こうせい きごう

ぬりたし

せりだし

おり

ふうとう

とびら

せいはん

なかとじ





Pointのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
印刷関係用語集印刷関係用語集
Copyright (C) 2017 K'sBookshelf All Rights Reserved.
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2017 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
日本マイクロソフト株式会社日本マイクロソフト株式会社
© 2017 Microsoft.All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのポイント (曖昧さ回避) (改訂履歴)、POINT (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS