減算とは?

減法

(減算 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/19 14:03 UTC 版)

減法(げんぽう、: subtraction)は、一方から一部として他方を取り去ることにより両者の間の差分を求める二項演算で、算術における四則演算の 1 つ。計算することの側面を強調して引き算(ひきざん)、減算(げんさん、げんざん)などとも言う。また、引き算を行うことを「(a から)b を引く」(b is subtracted from a) と表現する。引く数を減数(げんすう、: subtrahend)と呼び引かれる数を被減数(ひげんすう、: minuend)と呼ぶ。また、減算の結果は(さ、: difference)と呼ばれる。




  1. ^ 高木 2008, p. 25, 第二章 四則算法 (一)減法の意義.





品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「減算」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「減算」の関連用語

減算のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



減算のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの減法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS