算とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 名字辞典 > の意味・解説 

さん【算】

[音]サン(呉)(漢) [訓]かぞえる

学習漢字2年

かぞえる。かぞえること。「算出算数算法暗算(あんざん)・演算(えんざん)・加算概算計算決算採算珠算(しゅざん)・通算予算

もくろむ。はかる。見込み。「算段誤算公算勝算心算成算打算目算

年齢。「算賀聖算宝算

名のりかず・とも

難読算盤(そろばん)・心算(つもり)


さん【算】

昔、中国から渡来した計算用具長方形小さ木片

占い用い算木(さんぎ)。また、その占い

計算勘定。「算が合う」「つるかめ算

はかりごともくろみ計画

胸中予(あらかじ)めこの—ありけん」〈鏡花琵琶伝


さん【算・笇・筭】

〔名〕

中国の数学および和算で使われた計算用具。竹や木でつくられた小さな棒で、その配列変えることによっていろいろの計算を行なった。算木。〔十巻本和名抄(934頃)〕 〔漢書‐律歴志上〕

占い用い算木また、それを用いてする占い

霊異記810‐824)下「空よ落ちて死ぬ。彼の身摧け損ふこと、笇の嚢に入れるが如し」〔儀礼郷射礼〕

③ かず。数量また、年輪のかず。

万葉(8C後)五・沈痾自哀文「未斯笇而遄死去 故曰半也」〔顔延之‐赭白馬賦〕

④ 数をかぞえること。計算勘定

御伽草子乳母の草紙古典文庫所収)(室町末)「やがてさんをぞおしへまいらせける」

(5) そろばん

俚言集覧増補)(1899)「さん 算そろばんをいふ」

(6) 算術数学

(7) はかりごと。てだて。見込み計略。〔日葡辞書(1603‐04)〕

浄瑠璃・昔米万石通(1725)上「銭出さずにうまいことせうでの、きたないおさんで有はいの」〔晉書桓玄伝〕

(8) 結着始末。→算を付ける


ざん【算】


さん‐・す【算】

〔他サ変〕 ⇒さんする(算)


かぞ・える かぞへる 【数・算】

〔他ア下一(ハ下一)〕 [文]かぞ・ふ 〔他ハ下二

順番数量勘定する計算する。

万葉(8C後)五・八九〇「出でて行きし日を可俗閇(カゾヘ)つつ今日今日と吾(あ)を待たすらむ父母らはも」

一つ一つ並べ上げる。数え上げる

青表紙一本源氏100114頃)夕顔なにがし、これがしとかぞへしは」

③ ある範囲内一つとして数に入れる数え入れる

源氏100114頃)関屋「なほ親しき家人中にはかぞへ給ひけり」

あれこれとはかり考える。商量する。

書紀720天武八年四月北野本訓)「諸の食封(へひと)有る寺の所由商量(カソヘ)(〈別訓〉はかり)て、加すべきは加し、除(や)むべきは除めよ、とのたまふ

源氏100114頃)胡蝶こころざしおもむきに随ひて、あはれをもわき給へ労をもかぞへ給へ

(5) 白拍子(しらびょうし)をうたう。白拍子のように無伴奏で、歌謡拍子をつけてうたう。

平家13C前)一〇「白拍子を、まことにおもしろくかぞへすましたりければ」

[語誌](1)古くは、①②の意味で「よむ」と類義関係にある。上代中古の「かぞえる」には「手を折りて(かぞふ)」など、指を使って計算している表現見られるが、「よむ」にはそのような例は見られない。「かぞえる」は専ら数を計算すること自体に意味の中心があったと考えられる
(2)(5)の意味は、「かぞふ」②の、一つ一つ数え上げ並べ上げてたどっていくという意味から派生した用法考えられる。それは、「よむ」が、声を上げてひとつひとつ(数や文字を)区切りながら読みあげていくという原義から派生して、定型である和歌を「詠む」という意味を持つようになったことと類似した派生関係にある。→よむ(読)。
(3)類似形「かずふ」(下二段)の確例は中古以降のものであり、方言形「かずえる」は西日本に限られるところから、「かずふ」は、「数」からの類推で後に新しく生まれたものかと考えられ、口頭語的・俗語的な性格強めながら、規範的文章語的な「かぞふ」と併存したもの思われる
(4)室町時代頃から、ヤ行にも活用して「かぞゆ」(終止形多くかぞゆる」)が使われた。したがって、室町以降連用形の例はヤ行ハ行か明らかでないが、明瞭なものだけを「かぞゆ」の項にあげた。


さん‐・する【算】

〔他サ変〕 [文]さん・す 〔他サ変〕 かぞえる。はかる。加える。

西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉五「その揺擺器(〈注〉さげふり)始て十分に成就し、時限測り天文を算する必要の器とはなりにけり


名字 読み方
かぞえ
名字辞典では、珍しい名字を中心に扱っているため、一般的な名字の読み方とは異なる場合がございます。

読み方
かぞえ

出典:『Wiktionary』 (2018/10/07 04:13 UTC 版)

発音

名詞

  1. サン算木
  2. サン算えること。

発音

さ↘ん

動詞

  1. 算える

活用

サ行変格活用
算-する

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「算」の関連用語

算のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



算のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
名字見聞録名字見聞録
copyright©1996-2021 SPECTRE all rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS