母乳栄養とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 母乳栄養の意味・解説 

ぼにゅう‐えいよう〔‐エイヤウ〕【母乳栄養】

読み方:ぼにゅうえいよう

新生児・乳児母乳育てること。特に、母乳だけで育て完全母乳のこと。→混合栄養人工栄養


母乳栄養

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/28 05:48 UTC 版)

母乳栄養(ぼにゅうえいよう)とは、栄養のために母乳乳児授乳すること。粉ミルクによる人工栄養と対となる。以下、断りのないかぎり「授乳」を「母乳栄養」および「直接乳房から母乳を与えること」の双方の意味で用いる。「乳児」には新生児も含める。


注釈

  1. ^ タンデムは二人乗り、縦列などの意味
  2. ^ 過期授乳(extended breastfeeding)と呼ばれるものである。
  3. ^ dry nurseは乳を出さない乳母のこと

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j Joan Younger Meek, Lawrence Noble; Section on Breastfeeding (2022 Jul). “Policy Statement: Breastfeeding and the Use of Human Milk”. Pediatrics 150 (1): e2022057988. doi:10.1542/peds.2022-057988. PMID 35921640. 
  2. ^ Camilia R Martin (2016 May). “Review of Infant Feeding: Key Features of Breast Milk and Infant Formula.”. Nutrients 8 (5): 279. doi:10.3390/nu8050279. PMID 27187450. 
  3. ^ 峯田保恵「妊娠・授乳中の患者の解釈モデルを考慮した服薬説明を支援する薬剤師のコミュニケーションスキルトレーニングの効果の検討」『医療薬学』第44巻第2号、日本医療薬学会、2018年、74-82頁、doi:10.5649/jjphcs.44.74 
  4. ^ a b c 授乳中にお薬を使うにあたって知っておいていただきたいこと”. 国立成育医療研究センター. 2020年12月6日閲覧。
  5. ^ a b c 世界保健機関 "International Code of Marketing of Breast-milk Substitutes" 「母乳代用品のマーケティングに関する国際規準(邦訳全文)
  6. ^ World Cancer Research Fund and American Institute for Cancer Research (2007). Food, Nutrition, Physical Activity, and the Prevention of Cancer: A Global Perspective. Amer. Inst. for Cancer Research. ISBN 978-0972252225. http://wcrf.org/int/research-we-fund/continuous-update-project-cup/second-expert-report  日本語要旨:食べもの、栄養、運動とがん予防世界がん研究基金米国がん研究機構
  7. ^ a b c 相川清「ビフィズス菌の応用研究」『腸内細菌学雑誌』Vol. 12 (1999) No. 2。doi:10.11209/jim1997.12.73
  8. ^ 妊娠・出産・育児とたばこ” (PDF). 「中学生向け防煙教材マニュアル」 3 中学生向け防煙教材 <基礎知識編>. 東京都福祉保健局. 2010年10月15日閲覧。
  9. ^ 乳幼児突然死症候群(SIDS)をなくすために”. 厚生労働省母子保健課. 2010年10月15日閲覧。
  10. ^ Gastroenteritis in children(2002年10月1日時点のアーカイブ)NSW Multicultural Health Communication Service
  11. ^ Clemens J, Elyazeed RA, Rao M, et al. (1999). “Early initiation of breastfeeding and the risk of infant diarrhea in rural Egypt”. Pediatrics 104 (1): e3. PMID 10390289. http://pediatrics.aappublications.org/content/104/1/e3.full. 
  12. ^ Arifeen S, Black RE, Antelman G, Baqui A, Caulfield L, Becker S (2001). “Exclusive breastfeeding reduces acute respiratory infection and diarrhea deaths among infants in Dhaka slums”. Pediatrics 108 (4): E67. PMID 11581475. http://pediatrics.aappublications.org/content/108/4/e67.long. 
  13. ^ Research confirming the risk of atopic eczema and asthma when infants are not breastfed (a partial list) (INFACT Canada, 2002)
  14. ^ Erik Lykke Mortensen, PhD; Kim Fleischer Michaelsen, MD, ScD; Stephanie A. Sanders, PhD; June Machover Reinisch, PhD The Association Between Duration of Breastfeeding and Adult Intelligence JAMA. 2002;287(18):2365-2371. doi:10.1001/jama.287.18.2365
  15. ^ How Good Is the Evidence Linking Breastfeeding and Intelligence? -- Jain et al. 109 (6): 1044 -- Pediatrics(2005年1月17日時点のアーカイブ
  16. ^ AAAAI - Media Center: JACI Highlights: Breast-feeding reduces the risk for childhood eczema(2005年12月27日時点のアーカイブ
  17. ^ Bergmann, Renate L; Diepgen, TL; Kuss, O; Bergmann, KE; Kujat, J; Dudenhausen, JW; Wahn, U; MAS-study group (2002). “Breastfeeding duration is a risk factor for atopic eczema”. Clinical & Experimental Allergy (Wiley Online Library) 32 (2): 205-209. doi:10.1046/j.1365-2222.2002.01274.x. https://doi.org/10.1046/j.1365-2222.2002.01274.x. 
  18. ^ Daddies and Breastfeeding(2003年12月4日時点のアーカイブ
  19. ^ 辨野義己『ビフィズス菌パワーで改善する花粉症』講談社、2007年1月。
  20. ^ 荒木和子、篠崎立彦、入江嘉子、宮澤幸久「ビフィズス菌のロタウイルス感染に対する予防効果の検討」『感染症学雑誌』Vol.73 (1999) No.4 P305-310, doi:10.11150/kansenshogakuzasshi1970.73.305
  21. ^ The AAP policy on breastfeeding 参照。引用部分訳出せず)
  22. ^ Levy, Steven M; Slager, Susan L; Warren, John J; Levy, Barcey T; Nowak, Arthur J (2002). “Associations of pacifier use, digit sucking, and child care attendance with cessation of breastfeeding”. Journal of Family Practice (APPLETON AND LANGE) 51 (5): 465. PMID 12019057. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/12019057/. 
  23. ^ Benis, M.M. :Are pacifiers associated with early weaning from breastfeeding, Adv Neonatal Care, 2 :259-266, 2002.
  24. ^ Howard, C.R. et al. :Randomized clinical trial of pacifier use breastfeeding, Pediatrics, 111:511-518, 2003.
  25. ^ É. Görbe; B. Kõhalmi; G. Gaál; A. Szánthó; J. Rigó; Á. Harmath; L. Csabay; Gy. Szabó (2002). “The relationship between pacifier use, bottle feeding and breast feeding”. The Journal of Maternal-Fetal & Neonatal Medicine (Taylor & Francis) 12 (2): 127-131. doi:10.1080/jmf.12.2.127.131. https://doi.org/10.1080/jmf.12.2.127.131. 
  26. ^ Breastfeeding - dealing with nipple problemsBreastfeed.com: Could You Have a Thrush Infection?(2000年8月17日時点のアーカイブ
  27. ^ My baby is sick - should I continue to breastfeed? August 1, 2011. Posted in: Baby's Health,Illness, Surgery & Medical Procedures
  28. ^ The Assessment and Management of Acute Pain in Infants, Children, and Adolescents -- Committee on Psychosocial Aspects of Child and Family Health 108 (3): 793 -- AAP Policy(2006年1月5日時点のアーカイブ)、The Child Having Surgery - Surgery and the Breastfeeding Infant(2002年11月19日時点のアーカイブ
  29. ^ This is somewhat embarrassing, isn’t it?
  30. ^ Midwifery Today E-News “Breastfeeding”
  31. ^ Ramesh Omranipour. Mastitis, Breast Abscess, and Granulomatous Mastitis. doi:10.1007/978-3-030-41596-9_7. PMID 32816262 
  32. ^ ビタミンB12 メルクマニュアル
  33. ^ How can I lose weight safely while breastfeeding?
  34. ^ 乳幼児のくる病が増えた理由 摂取栄養の偏りや日光浴不足でビタミンDが欠乏 日経メディカルオンライン 記事:2012年1月12日
  35. ^ a b 依藤亨:日本人正常新生児にはビタミンD欠乏症が高頻度に見られ、母乳栄養児で特に改善が遅れる 京都大学
  36. ^ 岡田斉、萩谷久美子、石原俊一ほか「Omega-3多価不飽和脂肪酸の摂取とうつを中心とした精神的健康との関連性について探索的検f討-最近の研究動向のレビューを中心に」『人間科学研究』(30),2008,pp87-96. NAID 120001859287
  37. ^ a b Skerrett PJ, Willett WC (2010). “Essentials of healthy eating: a guide”. J Midwifery Womens Health 55 (6): 492-501. doi:10.1016/j.jmwh.2010.06.019. PMC 3471136. PMID 20974411. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3471136/. 
  38. ^ Alexander DD, Schmitt DF, Tran NL, Barraj LM, Cushing CA (2010). “Partially hydrolyzed 100% whey protein infant formula and atopic dermatitis risk reduction: a systematic review of the literature”. Nutrition Reviews 68 (4): 232-45. doi:10.1111/j.1753-4887.2010.00281.x. PMID 20416019. 
  39. ^ American Sudden Infant Death Syndrome Institute(2003年6月21日時点のアーカイブ
  40. ^ 山本郁男、「大麻文化科学考(その11)」北陸大学紀要 (2000), 第24巻 p.1-23, doi:10.15066/00000203
  41. ^ 日本母乳バンク協会とは?”. 日本母乳バンク協会. 2023年1月20日閲覧。
  42. ^ [母乳育児の傾向と排他的母乳育児に関する国民健康目標の改正-アメリカ、2000~2004年出生年] "Breastfeeding Trends and Updated National Health Objectives for Exclusive Breastfeeding - United States, Birth Years 2000-2004" MMWR56(30):760-763.
  43. ^ “「母乳で育てた」5割超 生後1・3カ月、厚労省調査”. 日本経済新聞. (2016年8月24日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG24H1Q_U6A820C1CR0000/ 2017年8月15日閲覧。 
  44. ^ Breastfeeding Multiples:Breastfeeding Triplets NEW BEGINNINGS, Vol. 9 No. 5, September-October 1992, pp. 135-6, 148
  45. ^ Shared breastfeeding identified as new risk factor for HIV Ramharter M et al. Shared breastfeeding in central Africa. AIDS 18: 1847-1849, 2004.
  46. ^ La Leche League New Zealand Sore Nipples(1997年10月13日時点のアーカイブ
  47. ^ 授乳・離乳の支援ガイド(2019年改定版)”. www.mhlw.go.jp. 2023年1月7日閲覧。
  48. ^ ミルクの歴史:育児情報ひろば!|株式会社 明治
  49. ^ Ten steps to successful breastfeeding - WHO”. 2021年1月2日閲覧。
  50. ^ a b 母乳育児がうまくいくための10のステップ - 日本ラクテーション・コンサルタント協会 訳”. 2021年1月2日閲覧。
  51. ^ 赤ちゃんにやさしい病院 - 日本ユニセフ協会”. 2021年1月2日閲覧。
  52. ^ 日本母乳の会”. 2021年1月2日閲覧。
  53. ^ a b 授乳・離乳の支援ガイド(2019年改定版)- 厚生労働省”. 2021年1月2日閲覧。
  54. ^ [1][リンク切れ]
  55. ^ [2]
  56. ^ Breastfeeding and weaning practices in Vancouver. Can J Public Health. 1996 Jul-Aug;87(4):231-6.
  57. ^ Breastfeeding”. WHO. 2023年1月20日閲覧。
  58. ^ Ten steps to successful breastfeeding (revised 2018)”. 2023年1月25日閲覧。
  59. ^ 資料ダウンロード”. NPO法人日本ラクテーション・コンサルト協会. 2023年1月25日閲覧。
  60. ^ [3][リンク切れ]
  61. ^ “Breastfeeding and the use of human milk”. Pediatrics 129 (3): e287-41. (2012). doi:10.1542/peds.2011-3552. PMID 22371471. 
  62. ^ 「母乳と母乳育児に関する方針宣言(2012年改訂版)」の EXECUTIVE SUMMARY” (pdf). NPO法人日本ラクテーション・コンサルタント協会翻訳. 2022年2月26日閲覧。
  63. ^ 日本小児科学会|学会雑誌 110-6(2012年12月19日時点のアーカイブ
  64. ^ 編集委員・大久保真紀「完全母乳、観察が大事 低血糖で脳に障害起こる例も」『朝日新聞』、2008年5月28日。2022年2月26日閲覧。
  65. ^ [4] (株)メディカルトリビューン
  66. ^ “The changing concept of sudden infant death syndrome: diagnostic coding shifts, controversies regarding the sleeping environment, and new variables to consider in reducing risk”. Pediatrics 116 (5): 1245-55. (2005). doi:10.1542/peds.2005-1499. PMID 16216901. 
  67. ^ アメリカ小児科学会の「乳幼児突然死症候群に関する方針宣言」に対する声明” (pdf). 日本ラクテーション・コンサルタント協会 (2006年3月27日). 2022年2月26日閲覧。
  68. ^ “A summary of the Agency for Healthcare Research and Quality's evidence report on breastfeeding in developed countries”. Breastfeed Med 4 (Suppl 1): S17-30. (2009). doi:10.1089/bfm.2009.0050. PMID 19827919. 
  69. ^ “Does breastfeeding reduce the risk of sudden infant death syndrome?”. Pediatrics 123 (3): e406-10. (2009). doi:10.1542/peds.2008-2145. PMID 19254976. 
  70. ^ “Breastfeeding and reduced risk of sudden infant death syndrome: a meta-analysis”. Pediatrics 128 (1): 103-10. (2011). doi:10.1542/peds.2010-3000. PMID 21669892. 
  71. ^ “SIDS and Other Sleep-Related Infant Deaths: Updated 2016 Recommendations for a Safe Infant Sleeping Environment”. Pediatrics 138 (5). (2016). doi:10.1542/peds.2016-2938. PMID 27940804. 
  72. ^ Breast feeding(2006年10月7日時点のアーカイブ
  73. ^ Breastfeeding could save lives BBC NEWS Friday, 25 April, 2003, 23:01 GMT 00:01 UK
  74. ^ MADE IN THE USA: DEADLY EXPORTS(2006年5月5日時点のアーカイブ
  75. ^ Myths stop women giving babies the best start in life(2004年5月19日時点のアーカイブ
  76. ^ [5] (PDF) [リンク切れ]
  77. ^ MSPs approve breastfeeding move
  78. ^ WHO Global Data Bank on Breastfeeding and UNICEF Global Database Breastfeeding Indicators - UNICEFの全世界母乳栄養指標データベース(原文のアルファベット順のまま掲載)
  79. ^ a b 下垂体性PRL分泌亢進症(指定難病74) - 難病情報センター
  80. ^ 赤坂守人他『小児歯科学』医歯薬出版 1996年 ISBN 426345314X
  81. ^ Ollila, P. et al.:Prolonged pacifier-sucking and use of a nursing bottle at night:possible risk factors for dental caries in children, Acta Odontol Scand, 56:233-237, 1998.
  82. ^ 牛田永子、米津卓郎ほか:1歳6か月児の吸てつ行動とう蝕罹患状態との関連性に関する累年的研究、歯科学報、103:534, 2003



母乳栄養

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/29 14:23 UTC 版)

授乳」の記事における「母乳栄養」の解説

詳細は「母乳栄養」を参照 医学的に問題ない場合は、母乳栄養、特に母乳直接乳房から飲ませることが最良とされている。日本でも厚生省母乳栄養推進運動盛んに展開したネスレなどの大手食品メーカ粉ミルク宣伝行い母乳栄養を妨げているとしてボイコット運動展開された。WHO/UNICEFの「母乳代替品マーケティングに関する国際基準」の決議棄権した日本でも、現在では粉ミルクTV宣伝禁止されている。 母乳与えるのは必ずしも産みの親とは限らない。 「乳母」も参照

※この「母乳栄養」の解説は、「授乳」の解説の一部です。
「母乳栄養」を含む「授乳」の記事については、「授乳」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「母乳栄養」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「母乳栄養」の関連用語

母乳栄養のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



母乳栄養のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの母乳栄養 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの授乳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS