Weblio 辞書 > 金融コラム一覧 > 株365のDAX証拠金取引と為替相場との関係

株365のDAX証拠金取引と為替相場との関係

 

株365のDAX証拠金取引と為替相場とはどのような関係にあるでしょうか。

ここでは、DAX証拠金取引の値動きのもととなるDAX30と主要通貨のチャートを見比べてみます。

次の図は、DAX30の価格をチャートに表したものです。


DAX30のチャートを見ると、2008年1月に8,180ポイントの高値をつけた後(Aの地点)、下降トレンドで推移して2009年3月に3,500ポイントまで下落しました(Bの地点)。その後、2011年7月まで上昇トレンドが続きました(Cの地点)。なお、2011年3月の東日本大震災の影響はDAX30にも表れています(Dの地点)。

その後、2011年9月に底をつけた後(Eの地点)、2012年9月まで上昇トレンドで推移しています。

次に、主要通貨のチャートを見てみます。ここでは、EUR/JPY、EUR/USD、EUR/GBPのチャートを表示します。

▼EUR/JPY
下のグラフは、EUR/JPYの価格をチャートに表示したものです。表示期間におけるEUR/JPYは、下降トレンドの円高で推移しています。トレンドの方向性は2007年から2008年頃までは同じですが、2009年以降はDAX30が上昇トレンドであるのに対して、EUR/JPYは下降トレンドになっています。この期間では、DAX30は買われ、EUR/JPYではユーロが売られて円が買われている状況です。


▼EUR/USD
下のグラフは、EUR/USDの価格をチャートに表示したものです。EUR/USDはユーロが売られて少しずつ下値を更新する相場が続いています。表示期間におけるEUR/USDの値動きとDAX30の値動きを比べると連動した部分は見つかりません。


▼EUR/GBP
下のグラフは、EUR/GBPの価格をチャートに表示したものです。表示期間におけるEUR/GBPの値動きとDAX30の値動きを比べると、2007年7月から2008年においてはDAX30が下降トレンドであるのに対してEUR/GBPは上昇トレンドにあります。また、2009年以降はDAX30が上昇トレンドであるのに対してEUR/GBPは下降トレンドにあります。ユーロの通貨不安によってユーロが売られて英ポンドが買われていることが原因の1つと考えられます。


DAX30とEUR/GBPの値動きは、DAX30が上がればEUR/GBPが下がり、DAX30が下がればEUR/GBPが上がるという関係にあることがわかります。
(2012年09月19日更新)




カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

検索ランキング

©2022 GRAS Group, Inc.RSS