既往歴とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 既往 > 既往歴の意味・解説 

既往歴

読み方:きおうれき

既往歴とは、患者過去罹患した病気や健康状態のこと。既はすでに起き事実、往は過ぎた時間指し既往過去を意味する言葉今現在は含まれない。歴は経てきた痕跡を指す言葉であり、既往歴は経験済み病気指している。健康診断問診票には、いま現在罹患している病気や健康状態は既往歴に含まず現病歴記載するのが正し書き方だ。既往歴を英語にするとmedical historyとなる。

既往歴についてどこまでの健康状態や病気を含むべきかは、過去一定期間治療を必要とした病気のほか、副作用事故などを原因とする骨折なども既往歴に含まれる一方で一時的治療完治する風邪軽度下痢などの体調不良含まないのが一般的だ。過去全年齢経験した病気を含むが、胎生期に起き病気も既往歴となる。治癒した病気怪我程度関係ないため、重度病気怪我のみ既往歴に含む訳ではなく盲腸やもっと軽度病気含まれる
また、既往症との違いはなく、こちらも今は完治した病気を示す。病院のほかに告知義務があるケースでは、既往歴による後遺症などが日常生活業務影響しない場合記載されないことも多い。
既往歴の語を用った例文としては「患者に既往歴があるか確認し、現在起きている異常へ影響があるか確認する」「昏倒した高齢者には、心臓病脳卒中の既往歴があった」などが挙げられる。

既往歴


きおう‐れき〔キワウ‐〕【既往歴】


きおう‐れき キワウ‥ 【既往歴】

〔名〕 ある病気以前かかった経験

白く塗りたる墓1970)〈高橋和巳〉三「三崎結核の既往歴はないと強調した」




既往歴と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「既往歴」の関連用語

既往歴のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



既往歴のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2022 GRAS Group, Inc.RSS