既往歴とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 既往 > 既往歴の意味・解説 

既往歴

読み方:きおうれき

「既往歴」とは、医者現状病気診断する際治療法を選ぶ際などに手がかりとなる患者過去にかかったことがある病気怪我などの履歴病歴のことを意味する表現
既はすでに起きた事実、往は過ぎた時間指し既往過去意味する言葉で今現在含まれない。歴は経てきた痕跡を指す言葉であり、既往歴は経験済み病気指している。健康診断問診票には、いま現在罹患している病気健康状態は既往歴に含まず現病歴記載するのが正し書き方だ。既往歴を英語にするとmedical historyとなる。

既往歴についてどこまで健康状態病気を含むべきかは、過去に一定期間治療を必要とした病気のほか、薬の副作用事故など原因とする骨折なども既往歴に含まれる一方で一時的な治療完治する風邪軽度の下痢などの体調不良含まないのが一般的だ過去全年齢経験した病気を含むが、胎生期に起きた病気も既往歴となる。治癒した病気怪我の程度は関係ないため、重度の病気怪我のみ既往歴に含む訳ではなく盲腸やもっと軽度な病気含まれる
また、既往症との違いはなく、こちらも今は完治した病気を示す病院のほかに告知義務があるケースでは、既往歴による後遺症などが日常生活や業務影響しない場合記載されないことも多い。
既往歴の語を用った例文としては「患者に既往歴があるか確認し、現在起きている異常へ影響があるか確認する」「昏倒した高齢者には、心臓病脳卒中の既往歴があった」などが挙げられる

きおう‐れき〔キワウ‐〕【既往歴】

読み方:きおうれき

既往症

「既往歴」に似た言葉

既往歴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/22 13:39 UTC 版)

口腔診断学」の記事における「既往歴」の解説

患者今まで生きてきた時系列における疾病歴史である。既往歴によって、過去疾患との関わり特定することが出来るほか、慢性疾患における常用影響も探ることが出来る

※この「既往歴」の解説は、「口腔診断学」の解説の一部です。
「既往歴」を含む「口腔診断学」の記事については、「口腔診断学」の概要を参照ください。


既往歴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/13 17:43 UTC 版)

診察」の記事における「既往歴」の解説

これまでにかかったことがある病気、けが。手術歴や輸血歴、アレルギー有無は特に大切である

※この「既往歴」の解説は、「診察」の解説の一部です。
「既往歴」を含む「診察」の記事については、「診察」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「既往歴」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「既往歴」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



既往歴と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「既往歴」の関連用語

既往歴のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



既往歴のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2023 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの口腔診断学 (改訂履歴)、診察 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS