疲労破壊とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 疲労破壊の意味・解説 

疲労破壊

読み方:ひろうはかい

金属はじめとする機械物質負荷積み重ねによって強度を失い、亀裂発生などの破壊に至ること。英語「fatigue fracture」の訳語で、日本では一般的に金属疲労」と呼ばれている。実際に金属でなくても同様の現象は起こる。

疲労 (材料)

(疲労破壊 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/28 09:23 UTC 版)

疲労(ひろう、Fatigue)は、物体が力学的応力を継続的に、あるいは繰り返し受けた場合にその物体の機械材料としての強度が低下する現象。金属で発生するものは金属疲労(Metal fatigue)として一般に知られているが、金属だけではなく樹脂ガラスセラミックスでも起こり得る。また、力学的応力だけではなく電圧温度の継続的または繰り返し負荷によって絶縁耐力耐熱性が低下する現象を指すこともあるが一般的ではない。こちらはむしろ経年劣化と呼ぶ。


注釈

  1. ^ 一定応力下で時間が経過し、破断に至る現象はクリープと呼ばれる。
  2. ^ ただし疲労限度も含めたその材料の一般的な疲労に対する強度のことを疲労強度と呼ぶことも多い。

出典



「疲労 (材料)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「疲労破壊」の関連用語

疲労破壊のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



疲労破壊のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの疲労 (材料) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS