クラッシュ症候群とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 疾患 > 症候群 > クラッシュ症候群の意味・解説 

クラッシュ症候群

読み方:クラッシュしょうこうぐん
別名:挫滅症候群クラッシュシンドローム
英語:crash syndrome

長時間広範囲にわたり身体圧迫され、圧迫から開放されることによって引き起こされる症候群総じて致死率が高い。災害によって瓦礫下敷きになるような場合多くみられるとされる

挫滅症候群

(クラッシュ症候群 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/01 01:07 UTC 版)

挫滅症候群(ざめつしょうこうぐん)は、身体の一部が長時間挟まれるなどして圧迫され、その解放後に起こる様々な症候をいう。クラッシュ症候群(またはクラッシュ・シンドローム)とも呼ばれる。重傷であることが見落とされる場合もあり、致死率は比較的高い。




  1. ^ Über Nierenveränderungen nach Verschüttung
  2. ^ Virchows Arch、Path. Anat. 1923, 245, 247-67.
  3. ^ 松木明知「crush syndromeを世界で最初に報告した皆見省吾」(麻酔55(2) 222-228,2006)
  4. ^ Medical discoveries - Who and when- Schmidt JF. Springfield: CC Thomas, 1959. p.115.
  5. ^ Morton's medical bibliography -An annotated check-list of texts illustrating History of medicine (Garrison-Morton). Aldershot: Solar Press; 1911. p.654.


「挫滅症候群」の続きの解説一覧



クラッシュ症候群と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クラッシュ症候群」の関連用語

クラッシュ症候群のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



クラッシュ症候群のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの挫滅症候群 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS