ANSIとは? わかりやすく解説

ANSI 【American National Standards instiute】


ANSI [American National Standards Institute]


アメリカ規格協会

別名:米国規格協会
【英】American National Standards Institute, ANSI

アメリカ規格協会とは、工業分野各種規格定め米国団体である。

アメリカ規格協会(American National Standards Institute)は「ANSI」(アンシー)と略記される。ANSIは、定められた規格のことを指す場合にも使われ、同協会により定められたもはANSI標準呼ばれる。ANSIは、日本において日本工業標準調査会定めJIS規格相当するものである。

アメリカ規格協会は、1918年設立されAmerican Engineering Standards Committee(AESC)が源流で、その後1969年にアメリカ規格協会と改名されている。

アメリカ規格協会は、さまざまな組織定めた規格査定管理承認することにより、米国国際競争力活性化する役目担っている。アメリカ規格協会は、ISOInternational Organization for Standardization)に属しており、互いに同様の規格承認している例も多い。

ANSIによって制定され規格として、例えば、情報分野では、通信計算機などで用いられる文字コード定めたASCIIコードLISPCOBOLC言語などプログラミング言語規格などの例がある。


参照リンク
ANSI - (英語)
企業活動のほかの用語一覧
業務システム:  ユビレジ  ユニバーサルキュー
標準化団体:  ISO  アメリカ規格協会  インターネットソサエティ  BDA  CCITT

ANSI

英語 American National Standards Institute Inc

アメリカ規格協会アメリカ国家規格制定している機関で、制定され規格協会の略称であるANSIが使われている。ANSI規格には、アメリカ団体規格であるASTM(工業用材料規格)、SAE(自動車規格)などが採用されている。なお、ANSIの旧称ASAである。

参照 SAE
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ANSI(American National Standard Institute)


ANSI:米国規格協会 American National Standards Institute


ANSI

American National Standards Institute
米国規格協会定め規格の事。

米国国家規格協会

(ANSI から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/25 07:03 UTC 版)

米国国家規格協会べいこくこっかきかくきょうかい: American National Standards Institute)は、アメリカ合衆国の国内における工業分野の標準化組織であり、公の合意形成のためにさまざまな規格の承認を担っている。


  1. ^ 14 May 1918, Minutes, American Engineering Standards Committee (AESC), p. 1
  2. ^ ANSI membership page, www.ansi.org/membership
  3. ^ 江藤学『標準化教本 世界をつなげる標準化の知識』、日本規格協会、2016年7月29日 初版第1刷、21ページ
  4. ^ ANSI』 - コトバンク


「米国国家規格協会」の続きの解説一覧

ANSI (米国規格協会)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 14:32 UTC 版)

標準化団体 (コンピュータと通信)」の記事における「ANSI (米国規格協会)」の解説

アメリカ工業分野

※この「ANSI (米国規格協会)」の解説は、「標準化団体 (コンピュータと通信)」の解説の一部です。
「ANSI (米国規格協会)」を含む「標準化団体 (コンピュータと通信)」の記事については、「標準化団体 (コンピュータと通信)」の概要を参照ください。


ANSI (アメリカ合衆国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/12 17:08 UTC 版)

紙の寸法」の記事における「ANSI (アメリカ合衆国)」の解説

アメリカ合衆国のANSI/ASME Y14.1では、伝統的なデファクトスタンダードだったレターレターサイズ)を基準とした用紙サイズ標準化されている。 A列などと異なりレターがAとなり、アルファベット順面積が倍になる。 ANSI Aレター)はA4に似るがやや短く縦横比は 2 : 1 {\displaystyle {\sqrt {2}}:1} ではない。そのためANSI系列は、面積が倍になるにつれ縦横比が1.294と1.546(=2/1.294)の間で交互に入れ替わる。辺長も 2 {\displaystyle {\sqrt {2}}} 倍にはなっていない。 短辺×長辺 (mm)短辺×長辺 (in)比通称近いISOANSI E 864×1118 34×44 1.294 A0 ANSI D 559×864 22×34 1.546 A1 ANSI C 432×559 17×22 1.294 A2 ANSI B 279×432432×279 11×1717×11 1.546 タブロイドレジャー A3 ANSI A 216×279 ×11 1.294 レター A4

※この「ANSI (アメリカ合衆国)」の解説は、「紙の寸法」の解説の一部です。
「ANSI (アメリカ合衆国)」を含む「紙の寸法」の記事については、「紙の寸法」の概要を参照ください。


ANSI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/08 11:52 UTC 版)

アメリカ合衆国各州の略号一覧」の記事における「ANSI」の解説

ANSI標準INCITS 38:2009による、2文字及び2桁数字コード

※この「ANSI」の解説は、「アメリカ合衆国各州の略号一覧」の解説の一部です。
「ANSI」を含む「アメリカ合衆国各州の略号一覧」の記事については、「アメリカ合衆国各州の略号一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ANSI」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



ANSIと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ANSI」の関連用語

ANSIのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ANSIのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2022 Japan Video Software Association
日本バーコード日本バーコード
Copyright 1997-2022 (c) Nippon Barcode Co.,Ltd.. All rights are reserved.
音楽電子事業協会音楽電子事業協会
Copyright 2022 AMEI.OR.JP
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリアメリカ規格協会の記事を利用しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
株式会社EMC鹿島株式会社EMC鹿島
© Copyright EMC Kashima all right reserved.
石油技術協会石油技術協会
Copyright © 2022, 石油技術協会 作井技術委員会 作井マニュアル分科会
日本板硝子日本板硝子
(C) 2022 Nippon Sheet Glass Co., Ltd. All Rights Reserved.
日本板硝子ガラス用語集
発泡スチロール協会発泡スチロール協会
Copyright (c) 2022 Japan Expanded Polystyrene Association All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの米国国家規格協会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの標準化団体 (コンピュータと通信) (改訂履歴)、紙の寸法 (改訂履歴)、アメリカ合衆国各州の略号一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS