相良層とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 相良層の意味・解説 

相良層

読み方:さがらそう

静岡県南部存在する地盤長期間にわたる砂や泥の堆積によって生成された岩盤堆積軟岩)であり、基本的には軟岩に分類される。

相良層は浜岡原子力発電所基礎岩盤となっている。「軟岩」であることから、震災対す強度面での懸念の声などもあるが、地震によって想定される平・垂直方向の圧力には十分に耐えうる強度があることが確認されている。

相良層

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/18 14:11 UTC 版)

相良層(さがらそう)は、静岡県遠州灘東部と駿河湾南西部に位置する御前崎の北部の相良(現 牧之原市)一帯の基礎岩盤で、平均的な軟岩と認められている。




「相良層」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「相良層」の関連用語

相良層のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



相良層のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの相良層 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS