鶴の林とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 隠語辞典 > 鶴の林の意味・解説 

つる の はやし 【鶴の林】

鶴林かくりん」に同じ。 「煙絶え雪降りしける鳥辺野は-の心地こそすれ栄花 鶴の林

鶴(ツル)の林

読み方:つるのはやし

  1. 釈迦入滅の地をいふ。沙羅林白く変じて如くなりたりとの故事拠る。〔後捨遺〕忠岑、つき雪降りしける鳥部野は鶴の林の心地こそすれ。〔涅槃経序品、爾時拘尸那城娑羅樹林変白、猶如白鶴
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

鶴の林

読み方:ツルノハヤシ(tsurunohayashi)

釈迦入滅のとき、釈迦をおおっていたシャラ木の葉の色がたちまち白く変じて白鶴ようになったとされることをいう

季節

分類 宗教



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鶴の林」の関連用語

鶴の林のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鶴の林のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2019 Weblio RSS