智拳印とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > 智拳印の意味・解説 

ちけん いん [2] 【智拳印】

金剛界大日如来印相左右それぞれ親指中にして拳を結び、左手人差し指伸ばし右手掌中に入れる。仏の智慧ちえ)の境地に入ることを表す。 →

智拳印

読み方:チケンイン(chiken’in)

金剛界如来の印で、左頭指立て右拳で左頭指を握るもの。


ちけんいん 【智拳印】

金剛界大日如来が結ぶ手印で、胸の前で左手食指立て右手の拳で握るもの。右手は仏、左手衆生で、無明妄想を滅し仏智に入ることを示す。→ 印相


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「智拳印」の関連用語

智拳印のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



智拳印のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS