伝送路符号とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 伝送路符号の意味・解説 

伝送路符号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/28 04:11 UTC 版)

伝送路符号(でんそうろふごう)またはライン符号(line code)とは、データ伝送路を介してデジタル信号伝送する際に、デジタル信号をデータ伝送路の特性に適した電圧電流または光子のパルス波形に変換するための符号である[1]。伝送路符号は、デジタルデータ転送によく使用される。一部の伝送路符号は、デジタルベースバンド変調またはデジタルベースバンド送信であり、回線が直流成分を搬送できるときに使用されるベースバンド伝送路符号である。


  1. ^ JIS X 0009:1997 情報処理用語(データ通信) 09.05.01
  2. ^ Karl Paulsen. "Coding for Magnetic Storage Mediums".2007.
  3. ^ Abdullatif Glass; Nidhal Abdulaziz; and Eesa Bastaki (2007), “Slope line coding for telecommunication networks”, IEEE International Conference on Signal Processing and Communication (Dubai: IEEE), http://ro.uow.edu.au/cgi/viewcontent.cgi?article=1285&context=dubaipapers, "Line codes ... facilitates the transmission of data over telecommunication and computer networks and its storage in multimedia systems." 
  4. ^ Jens Kröger. "Data Transmission at High Rates via Kapton Flexprints for the Mu3e Experiment". 2014. p. 16
  5. ^ 伝送路符号 http://www.lineeye.co.jp/html/term_denso.html
  6. ^ Peter E. K. Chow. "Code converter for polarity-insensitive transmission systems". 1983.
  7. ^ David A. Glanzer, Fieldbus Foundation. "Fieldbus Application Guide ... Wiring and Installation". Section "4.7 Polarity". p. 10
  8. ^ George C. Clark Jr., and J. Bibb Cain. "Error-Correction Coding for Digital Communications". 2013. p. 255. quote: "When PSK data modulation is used, the potential exists for an ambiguity in the polarity of the received channel symbols. This problem can be solved in one of two ways. First ... a so-called transparent code. ..."
  9. ^ Prakash C. Gupta. "Data Communications and Computer Networks". 2013. p. 13. quote: "Another benefit of differential encoding is its insensitivity to polarity of the signal. ... If the leads of a twisted pair are accidentally reversed..."


「伝送路符号」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「伝送路符号」の関連用語

伝送路符号のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



伝送路符号のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの伝送路符号 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS