擬似乱数とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 高等数学 > 乱数 > 擬似乱数の意味・解説 

擬似乱数

読み方ぎじらんすう
【英】:pseudo-random numbers

サイコロを振って出る目(数)のようなものを乱数(列)というのに対して漸化式のような代数的方法アルゴリズム)によって作り出される数(列)で, 一見すると乱数(列)のように見えるもののこと. 乱数列のような予測不能性(次に出る数を正確に当てることが不可能という性質)は持っていないが, 一様性などの性質近似的に満たしていて, モンテカルロ法などでは,特に支障ならないことが多い.


詳しく一様乱数を見よ


擬似乱数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/11 15:48 UTC 版)

擬似乱数(ぎじらんすう、pseudorandom numbers)は、乱数列のように見えるが、実際には確定的な計算によって求めている擬似乱数列による乱数。擬似乱数を生成する機器を擬似乱数列生成器、生成アルゴリズム擬似乱数列生成法と呼ぶ。


  1. ^ 現代では通常使われない
  2. ^ 1980年代以前から使われている
  3. ^ 1990年代以降に提案された


「擬似乱数」の続きの解説一覧



擬似乱数と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「擬似乱数」の関連用語

擬似乱数のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



擬似乱数のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2019 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの擬似乱数 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS