エリンギとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 食べ物 > 食品 > 食用キノコ > エリンギの意味・解説 

エリンギ【(ラテン)eryngii】


エリンギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/14 13:42 UTC 版)

エリンギ学名: Pleurotus eryngii)は、ヒラタケ科ヒラタケ属のキノコの一種である。子実体食用とされる。


  1. ^ a b c d e 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編 2012, p. 156.
  2. ^ 文部科学省 「日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  3. ^ a b c d 講談社編 2013, p. 211.
  4. ^ 安住紳一郎アナ キノコ業界の「偉人」という超大物ミュージシャンについて語る「ポケットの中から…」毎日新聞 2023年6月4日配信 2023年8月5日閲覧。
  5. ^ 【極秘】国民的歌手・桑田佳祐の知られざる噂と秘密情報9選を発表! 国民的バンドに引き抜かれそうになった過去が判明ライブドアニュース 2017年12月23日配信 2023年2月19日閲覧
  6. ^ 有吉のお金発見 突撃!カネオくん 食欲の秋!キノコのお金のヒミツ エリンギ専門工場TVでた蔵 2020年10月24日配信 2023年2月19日閲覧
  7. ^ ホクト水野雅義社長<3>桑田佳祐の一言でエリンギブームに日刊ゲンダイDIGITAL 2016年12月7日配信 2023年2月19日閲覧
  8. ^ a b c d e 主婦の友社編 2011, p. 222.
  9. ^ 山浦由郎:キノコ中毒における最近の動向と今後の課題食品衛生学雑誌 2010年 51巻 6号 pp. 319 - 324, doi:10.3358/shokueishi.51.319
  10. ^ 林野庁「平成22年の主要な特用林産物の生産動向」、2011年。2013年1月閲覧。
  11. ^ 【技術名称】2-1-1-5 エリンギ(Pleurotus eryngii)”. 特許庁. p. 122. 2011年3月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年4月30日閲覧。
  12. ^ 松茸風味のきのこごはん(エリンギ使用) 永谷園
  13. ^ 長さ59センチのエリンギ栽培 ギネス世界記録に認定”. msn産経ニュース (2014年7月25日). 2014年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月26日閲覧。
  14. ^ 青山一郎「ミニコラム クワガタムシとカブトムシ」(PDF)『みどりの東北』第125巻、東北森林管理局、2014年8月1日、8頁。 


「エリンギ」の続きの解説一覧

エリンギ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 10:57 UTC 版)

語源

イタリア語 eryngi

名詞

エリンギ

  1. ハラタケ目ヒラタケ属に属すきのこ一種学名:Pleurotus eryngii

「エリンギ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エリンギ」の関連用語

エリンギのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



エリンギのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
文部科学省文部科学省
食品成分値は文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補 日本食品標準成分表」、 科学技術庁資源調査会編「改訂日本食品アミノ酸組成表」によります。 食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。 連絡先:文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 電話(03)5253-4111(代)
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエリンギ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのエリンギ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS