be.とは? わかりやすく解説

be

別表記:ビー

「be」の意味

「be」は英語の助動詞であり、主に存在や状態を表す。また、be動詞とも呼ばれることがある主語補語結びつける役割果たし形容詞名詞副詞などと組み合わせて使用される。さらに、「be」は、現在形(am, is, are)、過去形(was, were)、現在分詞being)、過去分詞(been)など、文脈主語に応じて様々な形変化する

「be」の発音・読み方

「be」の発音は、IPA表記では/bi/であり、カタカナ表記では「ビー」となる。日本人発音するカタカナ英語では「ビー」と読む。ただし、be動詞変化形によっては発音異なることに注意が必要である。

「be」の語源

「be」の語源は、古代インド・ヨーロッパ語族言語であるプロト・インド・ヨーロッパ語の「*uH-」に由来する。これは「成長する」や「存在する」といった意味を持っていた。その後古英語の「bēon」や「bēo」を経て現代英語の「be」に至っている。

「be」の類語

「be」の類語には、主に状態や存在を表す動詞含まれる例えば、「exist存在する)」、「remain(残る)」、「stay滞在する)」などが挙げられる。ただし、これらの類語文脈ニュアンス異なるため、適切な使い分けが必要である。

「be」に関連する用語・表現

「be」に関連する用語表現には、be動詞を含む様々なフレーズがある。例えば、「be able to(~することができる)」、「be going to(~する予定である)」、「be supposed to(~することになっている)」などがある。これらの表現は、be動詞特性活かした英語の構文である。

「be」の例文

1. I am a student.(私は学生である)
2. She is beautiful.(彼女は美しい)
3. They are playing soccer.(彼らはサッカーをしている)
4. The book is on the table.(本はテーブルの上にある)
5. We were at the park yesterday.(昨日私たち公園にいた)
6. You are not allowed to smoke here.(ここで喫煙することは許されていない
7. He is going to travel next month.(彼は来月旅行する予定である)
8. The meeting will be held tomorrow.(会議明日開催される
9. She has been studying English for five years.(彼女は5年間英語を勉強している)
10. If I were you, I would study harder.(もし私があなたなら、もっと勉強するだろう)

ビー‐イー【B/E】

読み方:びーいー

bill of exchange為替手形


ビー‐イー【BE】

読み方:びーいー

成人男子衣料品サイズで、胸囲胴囲との寸法差が4センチの人の体型を表す。


反射電子 RE,BSE,BE: reflected electron,backscattered electron


後方散乱電子(背面散乱電子) BE,BSE: backscattered electron


グルシナム


物質名
ベリリウム
英語名
Beryllium
元素記号
Be
原子番号
4
分子量
9.012182
発見
1797年
原子半径(Å)
1.13
融点(℃)
1278
沸点(℃)
2399
密度(g/cm3
1.84
比熱(cal/g ℃)
0.45
イオン化エネルギー(eV)
9.322
電子親和力(eV)
0

アルカリ土類金属有毒である。緑柱石を主要鉱物とする。非常に小さく散乱断面積大きいため、原子炉における中性子減速材反射材として用いられる

.be

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/28 19:25 UTC 版)

.beは、ベルギーに割り当てられている国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)。1989年に利用可能となり、ルーヴェン・カトリック大学のPierre Verbaetenによって管理される。2000年にDNS Belgiumに移管される。






「.be」の続きの解説一覧

BE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/08/19 10:10 UTC 版)

BE, Be, be




「BE」の続きの解説一覧

Be.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/07/16 06:37 UTC 版)

Be.(ビー)は、日本の男性2人組の東京を拠点とする器楽曲・アコースティック・ギター・デュオ。インディーズで1枚のアルバムをリリース。2009年、アルバム「Life Time」でHATS UNLIMITEDからメジャーデビュー。 MIMI ENTERPRISE所属。




「Be.」の続きの解説一覧

Be...

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/02 06:14 UTC 版)

Be...」(ビー)は、Ms.OOJAの5枚目のシングル2012年2月29日Universal Sigmaから発売された[4]


  1. ^ RIAJ 2016年4月度
  2. ^ a b Ms.OOJA/Be...”. oricon. 2021年7月1日閲覧。
  3. ^ a b Billboard Japan-Hot100-2012/03/07”. Billboard Japan. 2021年7月1日閲覧。
  4. ^ Ms.OOJA/Be...”. Universal Music. 2021年7月1日閲覧。
  5. ^ Ms.OOJA、ドラマ「恋愛ニート」の主題歌書き下ろし”. natalie. 2021年7月1日閲覧。
  6. ^ Ms.OOJA ドラマ主題歌『Be...』が遂にミリオン突破”. Billboard Japan. 2021年7月1日閲覧。
  7. ^ Ms.OOJA「Be...」新MVでソフトバンク明石選手が妻への感謝語る”. 音楽ナタリー (2016年2月9日). 2016年2月9日閲覧。
  8. ^ 明石選手、現役ラストで648安打目!「19年間本当に幸せなプロ野球人生でした」”. 福岡ソフトバンクホークス. 2022年9月28日閲覧。
  9. ^ 【ソフトバンク】明石健志の引退セレモニーでMs.OOJAが登場曲「Be...」の生歌披露”. 報知新聞社. 2022年9月28日閲覧。
  10. ^ Ms.OOJA「Be...」PV公開!!!”. ameblo. 2022年3月1日閲覧。
  11. ^ Ms.OOJAのシングル売上ランキング”. oricon. 2022年3月1日閲覧。
  12. ^ Ms.OOJA「10th Anniversary Best ~私たちの主題歌~」インタビュー|リスナーに寄り添い、歌い続けた10年の軌跡”. ナタリー (ニュースサイト). 2022年3月1日閲覧。
  13. ^ Ms.OOJA. “Be...Stardust Version”. 2021年7月1日閲覧。
  14. ^ Ms.OOJA/Woman-Love Song Covers-”. Billboard Japan. 2021年7月1日閲覧。
  15. ^ Ms.OOJA「Be...」リアレンジ版に武部聡志&ゴスペラーズ黒沢参加”. 音楽ナタリー (2016年2月10日). 2016年2月10日閲覧。
  16. ^ 期待の女性シンガーMs.OOJAが歌う、未来に向けた壮大なバラード”. FanPlusMusic. 2021年7月1日閲覧。
  17. ^ Ms.OOJA/Be...”. Tower Records. 2021年7月1日閲覧。


「Be...」の続きの解説一覧

板東英二

(be. から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/01 04:53 UTC 版)

板東 英二(ばんどう えいじ、1940年昭和15年〉4月5日[注 1] - )は、日本の元プロ野球選手、元タレント野球解説者俳優司会者YouTuber。「東英二」は誤記[2][注 2]。愛称は「板(ばん)ちゃん」。


注釈

  1. ^ 本人が主張する実際の出生日は3月31日。詳細は#高校野球時代を参照。
  2. ^ 『オリコン芸能人事典』では、「板東英二」「坂東英二」両表記ごとのプロフィールが配信されている。
  3. ^ コトバンクのプロフィール(『デジタル版 日本人名大辞典+Plus』の解説)。『プロ野球12球団全選手百科名鑑』『12球団全選手カラー百科名鑑』シリーズ各年版に掲載された、解説者としてのプロフィール(参考:'98、2000、2002 - 2009)。
  4. ^ ただし、1試合25奪三振は延長戦で達成したため、参考記録として扱われている。
  5. ^ a b 1950年12月15日に会社設立。1951年9月1日にラジオ単営局として開局。1956年12月にテレビ本放送も開始しラジオ・テレビ兼営局となる。2013年4月にラジオ放送業務はCBCラジオ、2014年4月にテレビ放送業務はCBCテレビとしてそれぞれ子会社の運営に移行。テレビ放送の移管に伴い放送持株会社化。
  6. ^ 『めちゃ×2ユルんでるッ!』への出演自体は、『QuickJapan』113号(2014年4月12日発売、太田出版発行)掲載の『めちゃ2イケてるッ!』特集内記事「ここがゼロテレビだ!! 『めちゃユル』開拓史&全話解説」でも記述されている。
  7. ^ 正木敦がエグゼクティブプロデューサーを務めるなど、TBSも若干制作に関与している。
  8. ^ ただし、「B.E.」とは「boiled egg」の略称であり、由来は板東英二のイニシャルでは無い。
  9. ^ 『板東英二金曜生BAN BAN』で「あの時が一番苦しかった。仕事の大切さを知ったからオファーは断らない」と振り返っていたが「副業(財テク)の重要さを更に肝に銘じたけど、これが上手い事いかんねやー!」とも語っている。[出典無効]
  10. ^ 2012年新春放送の『嵐にしやがれ』2時間スペシャルで『マジカル』が復活した際には、司会をパネラーとして出演していた中山秀征と担当した。
  11. ^ ただし、『ひるドラ』自体の最終作である『おちゃべり』(毎日放送制作分)には出演していない。
  12. ^ しかし王とは仲が良く、プロ入り後に対戦する前日には一緒に夕食を取るほどだった。また、板東が『金曜日の妻たちへシリーズ』に出演していた当時、巨人の監督を務めていた王は「俺も1度(「金曜日の妻たちへ」に)出てみたいよ」と非常に羨ましがったという。
  13. ^ ただし、あくまでもテレビカメラやマイクの前だけの話で、プライベートでは先輩らしく「セン」と呼んでいる。
  14. ^ 1991年リリースの「往年の名選手編」では選手として歌詞に登場する。
  15. ^ 中日球場は中日スタヂアム事件の影響で運営会社が倒産したため、その過程でナゴヤ球場に球場名が変更された。
  16. ^ 解説者となった2010年当時、板東の個人事務所「オフィスメイ・ワーク」に所属していた[68]
  17. ^ 1951年3月15日に朝日放送(ABC)として会社設立。同11月11日にラジオ単営局として開局。1959年6月に大阪テレビ放送(OTV)を合併しラジオ・テレビ兼営局となる。2018年4月に朝日放送グループホールディングスへと社名変更・放送持株会社化し、ラジオ放送業務は朝日放送ラジオ(ABCラジオ)、テレビ放送業務は朝日放送テレビ(ABCテレビ)としてそれぞれ子会社の運営に移行。
  18. ^ このエピソードは、板東がスペシャルパートナーとして出演した『上泉雄一のええなぁ!』(2014年6月6日放送分)の放送中に、「wikipediaにも答えが載っていない超難問」という「パートナークイズ」としてリスナーに出題された(同番組の公式アカウントへ投稿された解答ツイートを参照)
  19. ^ 2015年3月まで『師岡正雄 サタデーショウアップスポーツ』内の箱番組として編成。同年4月以降は、単独番組として、毎週月曜日の18:00 - 18:20(ナイターイン編成)か毎週土曜日の19:40 - 20:00(ナイターオフ編成)に放送している。

出典

  1. ^ 表示環境によって文字化けする場合があるため、インターネットエクスプローラーにて、右クリック→「エンコード」→「日本語(シフトJIS)」に設定の上で閲覧する必要あり



BE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/19 09:38 UTC 版)

血液ガス分析」の記事における「BE」の解説

BE とは base excess のことである。これは採取した動脈血in vitroPaCO2 = 40 とした時の pH測定して計算した HCO3- 濃度から計算した値である。BE がプラスなら代謝性アルカローシス頻回嘔吐下痢など)、BE がマイナスなら代謝性アシドーシスショック腎不全糖尿病など)が疑われるが、HCO3- 濃度から計算したに過ぎないので病態によって解釈異なる。

※この「BE」の解説は、「血液ガス分析」の解説の一部です。
「BE」を含む「血液ガス分析」の記事については、「血液ガス分析」の概要を参照ください。


BE(ビーデッドエッジ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/16 01:03 UTC 版)

自転車用タイヤ」の記事における「BE(ビーデッドエッジ)」の解説

BEは引きかける部分より下側に耳が出ていて、タイヤ装着するチューブタイヤ包み込む形となる。通称耳つきタイヤ」。リム打ちパンク強く荷重悪路に強いが、重い。サイズWO英国規格と同様でinch×inch分数表記。現在ではかなり珍しいタイプで、古い運搬用の実用車見られる

※この「BE(ビーデッドエッジ)」の解説は、「自転車用タイヤ」の解説の一部です。
「BE(ビーデッドエッジ)」を含む「自転車用タイヤ」の記事については、「自転車用タイヤ」の概要を参照ください。


Be

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/06 21:21 UTC 版)

エトワール凱旋門に名前を記された人物の一覧」の記事における「Be」の解説

ウジェーヌ・ド・ボアルネEugène Rose de Beauharnais1781年-1824年) - イタリア副王イタリア方面軍(フランス語版司令官。【24列】 ルイ・クレシャン・カリエール(フランス語版)(Louis Chrétien Carrière de Beaumont1763年-1830年) - 中将。【17列】 ミシェル・ド・ボーピュイ(フランス語版)(Michel de Beaupuy、1755年-1796年) - 中将。エメンディンゲン(フランス語版)で砲撃により戦死。【18列】 ニコラ=ジョセフ・ボールペール(フランス語版)(Nicolas-Joseph Beaurepaire、1740年-1792年) - 中佐ヴェルダンの戦い戦死。【8列】 ジャン=ピエール・ベショー(フランス語版)(Jean-Pierre chaud、1770年-1814年) - 少将オルテズ戦い (1814年)(フランス語版)で戦死。 【38列】 ニコラ・レオナール・バジェル・ベケル(フランス語版)(Nicolas Léonard Bagert Beker、1770年-1840年) - 少将。【26列】 アントワーヌ・アレクサンドル・ジュリエンヌ(フランス語版)(Antoine Alexandre Julienne、1775年-1838年)、凱旋門には「Bellair」と記。 - 少将。【9列】 ジャック・ニコラ・ベラヴェーヌ(フランス語版)(|Jacques Nicolas Bellavène1770年-1826年)、Bellavesneとも。 - 中将。【17列】 オーギュスタン=ダニエル・ベリアール(フランス語版)(Augustin-Daniel Belliard、1769年-1832年) - 中将。【24列】 シジモン=フレデリク・ド・ベルクエイム(フランス語版)(Sigismond-Frédéric de Berckheim、1772年-1819年) - 中将。【12列】 フランソワ・ベルジュ(フランス語版)(François Berge、1779年-1832年) - 将軍。【29列】 ジャン・バティスト・ジュール・ベルナドットJean Baptiste Jules Bernadotte、1763年-1844年) - フランス元帥スウェーデン王およびノルウェー王 【3列】 ジャン=フランソワ・ベリュイエ(フランス語版)(Jean-François Berruyer、1738年-1804年) - 軍司令官。【31列】 ピエール・ベルセゼヌ(フランス語版)(Pierre Berthezène1775年-1847年) - 中将。【27列】 ルイ=アレクサンドル・ベルティエLouis Alexandre Berthier1753年-1815年) - 元帥総参謀長。【23列】 アントワーヌ・マルク・オーギュスタン・ベルトレッティ(フランス語版)(Antoine Marc Augustin Bertoletti、1775年-1846年) - 少将。【37列】 アンリ・ガティアン・ベルトランHenri Gatien Bertrand1773年-1844年) - 中将。【14列】 ジャン=バティスト・ベシェールJean-Baptiste Bessières1768年-1813年) - 元帥。リパッハ(Rippach)で砲撃により戦死。【13列】 ベルトラン・ベシェール(フランス語版)(Bertrand Bessières1773年-1854年) - 将軍。【29列】 ジャン・エルネスト・ド・ブールマン(フランス語版)(Jean Ernest de Beurmann、1775年-1850年) - 少将。【39列】 フレデリク・オーギュスト・ド・ボールマン(フランス語版)(Frédéric Auguste de Beurmann、1777年-1815年)【39列】 ピエール・リエル・ド・ブールノンヴィル(フランス語版)(Pierre Riel de Beurnonville、1752年-1821年)- 元帥。【3列】 マルシャル・ベイラン(フランス語版)(Martial Beyrand、1768年-1796年)、凱旋門には「BAYRAND」と記。 - 少将カスティリオーネの戦い戦死。【28列】

※この「Be」の解説は、「エトワール凱旋門に名前を記された人物の一覧」の解説の一部です。
「Be」を含む「エトワール凱旋門に名前を記された人物の一覧」の記事については、「エトワール凱旋門に名前を記された人物の一覧」の概要を参照ください。


Be (ベリリウム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/17 06:23 UTC 版)

堆積学」の記事における「Be (ベリリウム)」の解説

同位体の10Beおよび7Beと鉛の同位体210Pbの存在比率により、地層堆積物輸送どのようなイベント生じたのか、つまり「ゆっくりと安定した堆積なのか」「河川の氾濫洪水、嵐による急激な堆積なのか」などを調べることが可能である。

※この「Be (ベリリウム)」の解説は、「堆積学」の解説の一部です。
「Be (ベリリウム)」を含む「堆積学」の記事については、「堆積学」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「be.」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「BE」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



be.と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

be.のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



be.のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JEOLJEOL
Copyright © 1996-2024 JEOL Ltd., All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2024 京浜河川事務所 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.be (改訂履歴)、BE (改訂履歴)、Be. (改訂履歴)、Be... (改訂履歴)、板東英二 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの血液ガス分析 (改訂履歴)、自転車用タイヤ (改訂履歴)、エトワール凱旋門に名前を記された人物の一覧 (改訂履歴)、堆積学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS