導出原理とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > 原理 > 導出原理の意味・解説 

導出原理

読み方どうしゅつげんり
【英】:resolution principle

ロビンソン (J.A. Robinson) により1965年提案された定理証明技法1つである. 節形式表現された論理式に対し, 導出規則呼ばれる1つ推論規則適用することで定理証明を行うもので, 導出規則のみを用いた定理証明は完全であることが証明されている. 完全な推論規則で, かつ, 単純であるため, 計算機上で実現性に非常に優れている. その後, 支持集合導出, 入力導出, 意味導出など様々な効率的証明戦略提案されている.


導出原理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/28 17:21 UTC 版)

導出原理(どうしゅつげんり、: resolution principle)とは、ジョン・アラン・ロビンソン英語版により1965年に提案された[1]原理または手法を言う。


  1. ^ J. Alan Robinson, A Machine-Oriented Logic Based on the Resolution Principle. JACM, Volume 12, Issue 1, pp. 23–41. 1965.
  2. ^ Buss, Samuel R., "On Herbrand's Theorem", in Maurice, Daniel; Leivant, Raphaël, Logic and Computational Complexity, Lecture Notes in Computer Science, Springer-Verlag, pp. 195–209. 1995.
  3. ^ a b Martin Davis. The Early History of Automated Deduction. in Handbook of Automated Reasoning, Volume I, Alan J.A. Robinson and Andrei Voronkov(ed), 2001. ISBN 9780444829498
  4. ^ Wolfgang Bibel. Early History and Perspectives of Automated Deduction. in Advances in Artificial Intelligence, Lecture Notes in Computer Science, Springer-Verlag Berlin, 2007. ISBN 9783540745648
  5. ^ Lawrence Wos, G.A. Robinson, D.F. Carson. Efficiency and Completeness of the Set of Support Strategy in Theorem Proving. Journal of the ACM, Volume12, Issue 4, pp.536-541. 1965.
  6. ^ James Slagle. Automatic Theorem Proving With Renamable and Semantic Resolution. Journal of the ACM, Volume14, Issue 4, pp.687-697. 1967.


「導出原理」の続きの解説一覧



導出原理と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「導出原理」の関連用語

導出原理のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



導出原理のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2020 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの導出原理 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS