Prologとは?

Prolog

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/15 09:21 UTC 版)

カテゴリ / テンプレート




  1. ^ a b Robert Kowalski. The Early Years of Logic Programming, p.38.
  2. ^ Alain Colmerauer, Philippe Roussel. The birth of Prolog, p.2.
  3. ^ : resolution、融合
  4. ^ Buss, Samuel R., "On Herbrand's Theorem".
  5. ^ Alain Colmerauer and Philippe Roussel, The birth of Prolog, p.6.
  6. ^ Alain Colmerauer and Philippe Roussel, The birth of Prolog, pp.14-15.
  7. ^ : David H.D.Warren
  8. ^ W. F. Clocksin
  9. ^ : C. S. Mellish
  10. ^ 古川 康一, p.5.
  11. ^ 古川 康一, p.5.
  12. ^ : extended self-contained Prolog
  13. ^ 萩野達也,桜川貴司,柴山悦哉
  14. ^ https://www.complang.tuwien.ac.at/ulrich/iso-prolog/SWI7_and_ISO
  15. ^ : Bruce A. Tate
  16. ^ : Daniel Jackson
  17. ^ : Ivan Bratko
  18. ^ https://www.researchgate.net/publication/277325585_Aspects_of_Prolog_history_Logic_Programming_and_Professional_Dynamics


「Prolog」の続きの解説一覧

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Prolog」の関連用語

Prologのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Prologのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのProlog (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS