Prologとは?

プロログ [0]PROLOGprogramming logic

プログラム言語の一。述語論理に基づいたもので、知識情報処理記述に適している。

PROLOG プロログ


Prolog

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/29 09:45 UTC 版)

カテゴリ / テンプレート




注釈

  1. ^ これの糖衣構文として p -> q; r. が存在する。ISO標準の組み込み述語である。
  2. ^ ただし、コメントでそれらを代用することがよくあり、大体通用する表記法がある。引数の前に+を置けば入力、-を置けば出力、?ならばどちらにもなり得る。

出典

  1. ^ a b Robert Kowalski. The Early Years of Logic Programming, p.38.
  2. ^ Alain Colmerauer, Philippe Roussel. The birth of Prolog, p.2.
  3. ^ : resolution、融合
  4. ^ Buss, Samuel R., "On Herbrand's Theorem".
  5. ^ Alain Colmerauer and Philippe Roussel, The birth of Prolog, p.6.
  6. ^ Alain Colmerauer and Philippe Roussel, The birth of Prolog, pp.14-15.
  7. ^ : David H.D.Warren
  8. ^ W. F. Clocksin
  9. ^ : C. S. Mellish
  10. ^ : extended self-contained Prolog
  11. ^ 萩野達也,桜川貴司,柴山悦哉
  12. ^ : Bruce A. Tate
  13. ^ : Daniel Jackson
  14. ^ : Ivan Bratko
  15. ^ Alain Colmerauer, Philippe Roussel. The birth of Prolog, pp.3-7.
  16. ^ : longest common subsequence



Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Prolog」の関連用語

Prologのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Prologのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのProlog (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS