論理型プログラミングとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > 論理型プログラミングの意味・解説 

論理プログラミング

(論理型プログラミング から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/19 16:42 UTC 版)

論理プログラミング(Logic Programming)とは、数理論理学(記号論理学)を基礎にしたプログラミングパラダイム、または数理論理学コンピュータプログラミングへの応用である。形式論理論理式ソースコードの書式に投影することが基本になる。プログラミングに適用するための幅広い解釈が加えられており、研究対象としての論理プログラミングは非常に多様である。


  1. ^ Alain Colmerauer and Philippe Roussel, The birth of Prolog
  2. ^ Robert Kowalski. The Early Years of Logic Programming
  3. ^ Robert Kowalski. The Early Years of Logic Programming
  4. ^ R.A.Kowalski (July 1979). “Algorithm=Logic + Control”. Communications of the ACM 22 (7): 424–436. doi:10.1145/359131.359136. 
  5. ^ Kenneth Kahn, and Viyaj Saraswat, Actors as a Special Case of Concurrent Constraint Programming


「論理プログラミング」の続きの解説一覧

論理型プログラミング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/03 01:23 UTC 版)

prologなどの論理型プログラミング言語考え方は、ホーン節基本に宣言的解釈可能なこと、項(term)という共通のデータ形式用いること、論理変数用いることなど、並行論理プログラミングよく似ているシンタックスほぼ同じである。実際多くの並行論理プログラミング言語プロトタイプprolog上で作成された。しかし論理型プログラミング言語が持つデータ流れ(入出力)の方向性無さ探索機能など、大きく違った部分も多い。多くの並行論理プログラミング言語は、並行実行機能除けば一般の論理型プログラミング言語より低レベル言語と言うこともできる。

※この「論理型プログラミング」の解説は、「並行論理プログラミング」の解説の一部です。» 「並行論理プログラミング」の概要を見る


論理型プログラミング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/03 01:23 UTC 版)

prologなどの論理型プログラミング言語考え方は、ホーン節基本に宣言的解釈可能なこと、項(term)という共通のデータ形式用いること、論理変数用いることなど、並行論理プログラミングよく似ているシンタックスほぼ同じである。実際多くの並行論理プログラミング言語プロトタイプprolog上で作成された。しかし論理型プログラミング言語が持つデータ流れ(入出力)の方向性無さ探索機能など、大きく違った部分も多い。多くの並行論理プログラミング言語は、並行実行機能除けば一般の論理型プログラミング言語より低レベル言語と言うこともできる。

※この「論理型プログラミング」の解説は、「並行論理プログラミング」の解説の一部です。» 「並行論理プログラミング」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

論理型プログラミングのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



論理型プログラミングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの論理プログラミング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの並行論理プログラミング (改訂履歴)、並行論理プログラミング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS