論理型プログラミングとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 論理型プログラミングの意味・解説 

論理プログラミング

(論理型プログラミング から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/28 04:12 UTC 版)

論理型プログラミングLogic Programming)は、述語論理を基礎にしたプログラミング技法である。人工知能の研究を主な目的にして始められた分野である。パターンマッチングを基軸にしたプログラムコード実行順序の選択決定が特徴である。アルゴリズム論理式で宣言的に記述し、節形式で並べられた原子論理式を解釈する導出原理により手続き的に計算して求められた解答を推論するという、失敗による否定非決定性を枠組みにしたパラダイムである。論理型プログラミングは数々の応用的サブパラダイムに分類されて研究されている。




  1. ^ Robert Kowalski. The Early Years of Logic Programming
  2. ^ Kenneth Kahn, and Viyaj Saraswat, Actors as a Special Case of Concurrent Constraint Programming


「論理プログラミング」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「論理型プログラミング」の関連用語

論理型プログラミングのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



論理型プログラミングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの論理プログラミング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS