Approachとは?

アプローチ【approach】

[名](スル)

近づくこと。接近

対象とするものに迫ること。また、その方法。「宗教研究社会学的にアプローチする」

建物施設への導入路。

陸上スキージャンプ競技で、スタートから踏み切りまでの間。また、その助走

ゴルフで、グリーン近くからの寄せ打ち

登山口、または登攀(とうはん)ルート取り付きまでの行程


アプローチ

【英】approach

接近するの意味。外販場合は、セールスマン電話手紙あるいは訪問などによって見込客連絡をとり商談ができる状況にもっていくまでの段階をいう。店頭販売場合には、販売員が客に声をかけるタイミングをいう。このアプローチは、セールス第一歩であり、この段階見込客どれだけ好印象をもってもらえるかが、その後セールス成否大きな影響与えることになる。

アプローチ

【英】Approach

アプローチとは、米ロータス社(現日本IBM)が販売していたデータベースソフトの名称である。データベースに関する専門的知識のない人でも気軽に操作できること、ローカルハードディスク上に置いたデータベースファイルを取り扱うだけでなくOracleに代表されるデータベースサーバー接続してクライアントサーバシステムとしても使えることなどが特徴となっていた。

元来アプローチというソフトウェア会社開発販売していたソフトだったが、米ロータス社が買収し、そのロータス社はその後日本IBM買収されて現在に至っている。

データベースのほかの用語一覧
SQL言語:  SELECT文  UPDATE文  WHERE句
データベース:  アプローチ  Bento  CRUD  DB2

アプローチ〈approach〉

本来は、目的近づく、という意味だが、建築用語としては、道路門扉から玄関などの出入り口までの導入路を指す。庭を通り抜けるアプローチ、ガレージ直接つながるアプローチなど、そのスタイルはさまざま。レンガ枕木敷き詰めたり花壇で囲んだり、人を迎え入れる場所でもあるので、素敵な演出施したい。

アプローチ

【英】:approach

主に,門扉から玄関までの道をアプローチと呼ぶ。それ以外の

アプローチ (曖昧さ回避)

(Approach から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/29 04:30 UTC 版)

アプローチ(approach)は英語で接近を意味する。




「アプローチ (曖昧さ回避)」の続きの解説一覧

APPROACH

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/19 16:57 UTC 版)

APPROACH」(アプローチ)は、1989年6月1日にリリースされたDREAMS COME TRUEの2ndシングル






「APPROACH」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Approach」の関連用語

Approachのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Approachのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2020by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリアプローチの記事を利用しております。
地球丸地球丸
Copyright© The Whole Earth Publications Co.,Ltd. All Rights Reserved.
地球丸ログハウス用語集
社団法人日本造園組合連合会社団法人日本造園組合連合会
JAPAN FEDERATION OF LANDSCAPE CONTRACTORS 2020 All rights reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアプローチ (曖昧さ回避) (改訂履歴)、APPROACH (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS