リスト処理言語とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > リスト処理言語の意味・解説 

LISP

フルスペル:LISt Processing language
読み方リスプ
別名:リスト処理言語

LISPとは、手続き型プログラミング言語要素兼ね備えた関数型プログラミング言語である。

LISPは、マサチューセッツ工科大学MIT)に在籍していた人工知能研究者であるジョン・マッカーシーJohn McCarthy)によって考案され、MIT学生だったスティーブ・ラッセル(Steve Russell)によってプログラミング言語として作り上げられた。生まれ経緯言語仕様から人工知能AI)の分野利用されることが多い。

なお、現在多く使われている多くのLISP処理系当初言語仕様とは大きく異なっているものが多い。LISPには、Common LispCLISP)やEmacs Lisp (ELisp)、Schemeなどがあるが、1996年ANSI標準になったCommon LispLISP言語代表的存在になっている


参照リンク
GNU CLISP - (clisp.org)
Information Technology - Programming Language - Common Lisp - (ANSI
プログラミングのほかの用語一覧
プログラミング言語の種類:  Java  Kotlin  関数型言語  LISP  なでしこ  ニーモニック  PL/I


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「リスト処理言語」の関連用語

1
36% |||||

2
8% |||||

3
6% |||||

4
4% |||||

リスト処理言語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



リスト処理言語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリLISPの記事を利用しております。

©2020 Weblio RSS