価格競争とは?

かかく‐きょうそう〔‐キヤウサウ〕【価格競争】

商品サービス市場における競争のうち、価格安さ競うもの。多く性能品質などの差が競争者間で小さ場合に起こる。過熱すると、顧客獲得のため一時的採算割れ価格がつけられることもある。値引き競争値引き合戦


価格競争

商品販売競争は、最終的には価格で争われることになるが、これを価格競争という。しかし、消費者にとっての価格高低製品品質販売面でのサービス、店への時間距離などとのバランス決定されるものであり、絶対的金額多寡だけを示すものではない。そのため、真の意味での価格競争は、マーケティング戦略上の非価格競争同意的なものとなり、製品品質競争もとより販売面でのサービス向上競争など多く要素を含んだ競争となる。

価格競争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/12 18:39 UTC 版)

価格競争(かかくきょうそう、: price competition[1])とは、商品・サービスの市場における競争のうち、価格の安さを競うもの[2]。「値引き競争」「値引き合戦」とも[2]


注釈

  1. ^ 価格競争が全く起きない状況としては、理屈としては、独占寡占が行われていてプライスリーダーが存在すれば一応価格競争は起きないが、独占や寡占は顧客の側に不当な高値を強いるので、現代の自由主義では望ましいものとされておらず、これを禁止する法律(独占禁止法)や監視する制度(公正取引委員会 等)がある。
    またかつて社会主義のソヴィエト連邦が存在していた時代では、ソヴィエト連邦内では日用品などが統制価格で売られていて、そこでもやはり価格競争は無いが、これも資本主義では全く望ましいものとは考えられていない。

出典

  1. ^ 『日英・英日専門用語辞書』
  2. ^ a b c d デジタル大辞泉【価格競争】
  3. ^ グロービスMBA経営辞書【価格競争】


「価格競争」の続きの解説一覧



価格競争と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「価格競争」の関連用語

価格競争のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



価格競争のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの価格競争 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS