高山正行とは?

高山正行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/24 02:50 UTC 版)

高山 正行(たかやま まさゆき、1942年(昭和17年)- )は、日本最初のプロ和太鼓奏者[1]。越前龍天太鼓宗家。福井県出身。1965年(昭和40年)、関西プロダクション株式会社にスカウトされ、1966年(昭和41年)、大阪市内で日本芸能界初となるプロ和太鼓集団・王将太鼓[2]を結成し吉本興業舞台デビュー。一躍看板的存在となり多くの主要舞台に立った。後年は活動の中心を北陸地方に移し、和太鼓チームの結成や指導などに数多く携わっている。福井県太鼓協会創立者。夫人は大手婦人雑誌社の元モデルで、元福井放送アナウンサー。また、映画制作者の永田雅一は夫人方の縁戚にあたる。


  1. ^ 『京都新聞』 『関西新聞』 『大阪新聞』 『読売新聞』 1966年(昭和41年)2月24日付版
  2. ^ 『京都新聞』 『関西新聞』 『大阪新聞』 『読売新聞』 1966年(昭和41年)2月24日付版
  3. ^ 『和太鼓・・その心、真髄・・・』 2002年(平成14年)3月論文
  4. ^ 『関西新聞』 1966年(昭和41年)3月2日付版
  5. ^ 『京都新聞』 『関西新聞』 『大阪新聞』 『読売新聞』 1966年(昭和41年)2月24日付版
  6. ^ 『福井新聞』 2003年(平成15年)8月15日付版
  7. ^ NEVER GIVE UP チャリティーコンサート『蘇れ、美しき郷、中越!!』 2005年(平成17年)1月30日開催。(後援:新潟県、中野区、深川富岡八幡宮、世田谷区教育委員会)
  8. ^ 『農協共済記念大会』 1966年(昭和41年)6月20日興行プログラム
  9. ^ なんば花月(現在の「NGKなんばグランド花月」)』 1966年(昭和41年)5月1日~5月10日興行プログラム(No.102号)
  10. ^ 『なんば花月』 1966年(昭和41年)5月1日~5月10日興行プログラム(No.102号)・『奈良県演芸会』 1966年(昭和41年)10月8日、10月15日興行プログラム
  11. ^ 『なんば花月』 1966年(昭和41年)5月1日~5月10日興行プログラム(No.102号)
  12. ^ 『なんば花月』 1966年(昭和41年)5月1日~5月10日興行プログラム(No.102号)
  13. ^ 『なんば花月』 1966年(昭和41年)5月1日~5月10日興行プログラム(No.102号)
  14. ^ 京都花月』 1966年(昭和41年)6月1日~6月10日興行プログラム(No.145号)
  15. ^ 『なんば花月』 1966年(昭和41年)5月1日~5月10日興行プログラム(No.102号)・『京都花月』 1966年(昭和41年)6月1日~6月10日興行プログラム(No.145号)・『奈良県演芸会』 1966年(昭和41年)10月8日、10月15日興行プログラム
  16. ^ 『なんば花月』 1966年(昭和41年)5月1日~5月10日興行プログラム(No.102号)・『京都花月』 1966年(昭和41年)6月1日~6月10日興行プログラム(No.145号)
  17. ^ 『中村大劇』 1966年(昭和41年)3月22日~3月31日開場記念興行プログラム
  18. ^ 『奈良県演芸会』 1966年(昭和41年)10月8日、10月15日興行プログラム
  19. ^ 『福井新聞』 1981年(昭和56年)3月21日付版


「高山正行」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「高山正行」の関連用語

高山正行のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



高山正行のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの高山正行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS