もうひとつの原宿物語とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > もうひとつの原宿物語の意味・解説 

もうひとつの原宿物語

原題:
製作国:日本
製作年:1990
配給:
スタッフ
監督:石田芳子 
製作:宮川和男 ミヤガワカズオ
プロデューサー:玉川長太 タマガワチョウタ
原作:空木景 
脚本:石田芳子 
企画:宮川和男 ミヤガワカズオ
撮影:井上明夫 イノウエアキオ
音楽:カルマミルク・ウエノ 

ベッピーナ・イケト 
主題曲:薬師寺容子 ヤクシジヨウコ
美術:丸尾知行 マルオトモユキ
編集:谷口登司夫 タニグチトシオ
録音:浦田和治 ウラタカズハル
スチール:副田宏明 
監督補:白井政一 シライマサカズ
助監督:小笠原直樹 オガサワラナオキ
照明:前原信雄 
キャスト(役名
薬師寺容子 ヤクシジヨウコ (空木美想)
藤村正美 フジムラマサミ (南沢珠実
樹本彩華  (中川有里
渡辺梓 ワタナベアズサ (綾乃
原田大二郎 ハラダダイジロウ (大和田
SAM Suffit (杉崎優)
多岐川裕美 タキガワユミ (空木鮎子
夏木陽介 ナツキヨウスケ (美想の父・敏雄)
ハナ肇 ハナハジメ (優の父・伍朗)
マイケル河本 マイケルカワモト (珠実の父)
本田博太郎 ホンダヒロタロウ (トマト中年男)
小坂一也 コサカカズヤ (ビデオ監督
小倉一郎 オグライチロウ (カメラマン
山田吾一 ヤマダゴイチ (洋品店親父
村上允俊  (テレビレポーター
星野雄史 ホシノユウジ (若い男
解説
若者の街・原宿舞台華麗パフォーマンス繰り広げるダンスグルーブと彼らに憧れ少女たちの青春模様を描く。空木景原作同名小説映画化脚本監督新人石田芳子撮影井上晴夫それそれ担当
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
原宿生まれ育った三人少女・美想、珠実有里今や別々の高校進み、別々の道を歩き始めていたが、ある日ロジ天(路地裏天国)でパフォーマンス試みグループBC”のダンスを見に行った三人はそこで幼い頃から憧れていた優と再会し、たちまち恋に落ちてしまう。美想は複雑な家庭環境で育っていた。幼い頃に母を亡くし、父の再婚新しい母親を得たものの、二人はすぐに離婚今はその実の母でない鮎子暮らしていた。一方BC”は“SC”と呼ばれるプロ目指すダンスチーム過激対立繰り広げていた。美想たち三人は“BC”を応援しようと、彼らの宣伝のために竹下通り表参道チラシを配るが、そのチラシ思わぬ反響呼びロジ天はたちまちマスコミ取り上げられていく。テレビ中継車まで駆けつけ、レポーターは勝手なコメント喋り始める。怒った“BC”はカラフルに塗った自分たちの空間真っ黒に塗りつぶしてしまう。優に平謝りする美想だったが、優はそんな美想に優しくキスをするのだった思わぬファーストキッス舞い上がる美想はこのトキメキ押さえ切れず、恋仇珠実有里電話してしまう始末。そしていよいよ“BC”と“SC”がホコ天のダンスコンテストで対決することになった。優勝チームブロードウェイ・ミュージカルへの切符を手に出来るというビッグイベントだ。ところが急にコンテスト中止になって会場は大パニック。美想は騒ぎをおさめようと、舞台に立って「コンテストより、もっと大切なものがあるんじゃないですか!」と訴える。そして一生懸命に演説する美想の必死思い通じ若者たちは心をひとつにして踊り出すのだった

もうひとつの原宿物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/13 21:53 UTC 版)

もうひとつの原宿物語』(もうひとつのはらじゅくものがたり)は、1990年に公開された日本映画原宿ストリートダンスホコテンを軸足として、原宿育ちの女子高生トリオの青春群像を描いている。




「もうひとつの原宿物語」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「もうひとつの原宿物語」の関連用語

もうひとつの原宿物語のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



もうひとつの原宿物語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのもうひとつの原宿物語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS