坂本竜馬とは?

さかもとりょうま 【坂本竜馬】 ○

1835~1867幕末の志士。名は直柔(なおなり)。土佐藩士。脱藩して勝海舟の門に入り海軍操練所設立尽力。また海援隊組織薩長同盟締結仲介して倒幕派結集、前藩主山内容堂を説き、大政奉還成功させたが、京都幕吏暗殺された。

坂本竜馬

作者宮地佐一郎

収載図書人物日本剣豪伝 5
出版社学陽書房
刊行年月2001.7
シリーズ名人物文庫


坂本竜馬

作者泉淳

収載図書坂本竜馬
出版社勉誠出版
刊行年月2004.12


坂本龍馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/13 16:46 UTC 版)

坂本 龍馬(さかもと りょうま、天保6年11月15日新暦1836年1月3日〉 - 慶応3年11月15日新暦1867年12月10日〉)は、江戸時代末期志士土佐藩郷士


  1. ^ 松浦玲『坂本龍馬』(岩波新書、2008年)p.2
  2. ^ 松浦玲『坂本龍馬』(岩波新書、2008年)p.3
  3. ^ 『坂本龍馬とその時代』p.19
  4. ^ a b c 坂崎紫瀾『汗血千里駒』(明治16年)
  5. ^ 弘松宣枝『阪本龍馬』(大正元年)
  6. ^ 千頭清臣『坂本龍馬』(大正3年)
  7. ^ 松浦玲『坂本龍馬』(岩波新書、2008年)pp.5-7
  8. ^ 高知県立坂本龍馬記念館 龍馬の生涯 少年期
  9. ^ 『坂本龍馬歴史大事典』(新人物往来社、2008年)p.58
  10. ^ 新・歴史群像シリーズ 20『坂本龍馬と海援隊』(学研パブリッシング、2009年)p.47
  11. ^ a b c d 京都国立博物館蔵
  12. ^ 『坂本龍馬歴史大事典』(新人物往来社、2008年)p.242
  13. ^ 足立史談508号 (PDF) (足立区教育委員会)
  14. ^ 「武士道教育総論」P.155〜182).
  15. ^ 『坂本龍馬歴史大事典』(新人物往来社、2008年)p.72
  16. ^ a b 『及門録』(増訂『象山全集』五巻、信濃毎日新聞、1934年)
  17. ^ 河田小龍回顧録『藤陰略話』(明治20年代)
  18. ^ 松浦玲『坂本龍馬』(岩波新書、2008年)p.12
  19. ^ 『坂本龍馬歴史大事典』(新人物往来社、2008年)p.60
  20. ^ 松浦玲『坂本龍馬』(岩波新書、2008年)pp.12-13
  21. ^ 飛鳥井雅道『坂本龍馬』(講談社学術文庫、2002年)pp.122-123
  22. ^ 『維新土佐勤王史』p.63
  23. ^ 飛鳥井雅道『坂本龍馬』(講談社学術文庫、2002年)pp.127-128
  24. ^ 飛鳥井雅道『坂本龍馬』(講談社学術文庫、2002年)pp.128-130
  25. ^ 松浦玲『坂本龍馬』(岩波新書、2008年)pp.17-18
  26. ^ 松浦玲『坂本龍馬』(岩波新書、2008年)pp.18-19
  27. ^ 「通天閣: 第七代大阪商業会議所会頭・土居通夫の生涯」P28〜29
  28. ^ 瑞山会『維新土佐勤王史』p.108,『那須信吾書簡』文久二年十一月十六日那須俊平宛
  29. ^ a b 松浦玲『坂本龍馬』(岩波新書、2008年)p.20
  30. ^ 飛鳥井雅道『坂本龍馬』(講談社学術文庫、2002年)p.168
  31. ^ 松浦玲『坂本龍馬』(岩波新書、2008年)pp.20-21
  32. ^ 『坂本龍馬歴史大事典』(新人物往来社、2008年)p.344
  33. ^ 福井藩記録『続再夢紀事』
  34. ^ 『枢密備忘』
  35. ^ 『海舟日記』
  36. ^ 『坂本龍馬と海援隊』(新・歴史群像シリーズ 20)(学研パブリッシング、2009年)p.80
  37. ^ a b 『坂本龍馬歴史大事典』(新人物往来社、2008年)pp.142-143
  38. ^ 松浦玲『坂本龍馬』(岩波新書、2008年)pp.24-25
  39. ^ 飛鳥井雅道『坂本龍馬』(講談社学術文庫、2002年)pp.172-173
  40. ^ 『氷川清話』p.24
  41. ^ 『氷川清話』p.202
  42. ^ 松浦玲『坂本龍馬』(岩波新書、2008年)pp.57-60
  43. ^ この写真の女性はお龍ではないとする説も有力である。(平成26年1月5日付読売新聞朝刊10面記事参照)
  44. ^ 松浦玲『坂本龍馬』 (岩波新書、2008年)pp.60-61
  45. ^ 『海舟日誌』、松浦玲『坂本龍馬』(岩波新書、2008年)pp.61-63
  46. ^ 松浦玲『坂本龍馬』 (岩波新書、2008年) p.61
  47. ^ a b 安岡秀峰『反魂香』(明治32年)。『坂本龍馬大事典』p.348、『坂本龍馬伝』p.139
  48. ^ 『大西郷全集』。『坂本龍馬歴史大事典』(新人物往来社、2008年)p.348
  49. ^ 『氷川清話』p.51
  50. ^ 松浦玲『坂本龍馬』(岩波新書、2008年)p.69
  51. ^ 松浦玲『検証・龍馬伝説』など
  52. ^ 『坂本龍馬と海援隊』(新・歴史群像シリーズ 20)(学研パブリッシング、2009年)p.125
  53. ^ 飛鳥井雅道『坂本龍馬』(講談社学術文庫、2002年)p.256
  54. ^ 『坂本龍馬と海援隊』(新・歴史群像シリーズ 20)(学研パブリッシング、2009年)p.126
  55. ^ 松浦玲『坂本龍馬』(岩波新書、2008年)pp.82-84、87-93
  56. ^ a b 佐々木克『幕末政治と薩摩藩』(吉川弘文館、2004年)。
  57. ^ 松浦玲『坂本龍馬』(岩波新書、2008年)pp.96-98
  58. ^ 松浦玲『坂本龍馬』(岩波新書、2008年)pp.96-97
  59. ^ a b 山岡悦郎, p. 108-109.
  60. ^ a b 1月21日とする説もある。松浦玲『坂本龍馬』(岩波新書、2008年)p.100
  61. ^ 山岡悦郎, p. 23.
  62. ^ 山岡悦郎, p. 109.
  63. ^ 山岡悦郎, p. 107.
  64. ^ a b “坂本龍馬は教科書に必要か 大政奉還や薩長同盟、史実は:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. https://www.asahi.com/articles/ASL174FXXL17UWPJ003.html 2018年5月10日閲覧。 
  65. ^ a b 宮地佐一郎『龍馬の手紙』(講談社学術文庫、2003年)pp.237-243
  66. ^ 川田瑞穂『千里駒後日譚』(明治32年)
  67. ^ 『坂本龍馬伝』p.42
  68. ^ 松浦玲『坂本龍馬』(岩波新書、2008年)pp.110-112
  69. ^ (慶応2年7月28日付書簡)宮地佐一郎『龍馬の手紙』(講談社学術文庫、2003年)pp.207-209
  70. ^ 『坂本龍馬歴史大事典』(新人物往来社、2008年)p.353
  71. ^ 松浦玲『坂本龍馬』 (岩波新書、2008年) pp.119-120
  72. ^ 『坂本龍馬と海援隊』(新・歴史群像シリーズ 20)(学研パブリッシング、2009年)pp.110-111
  73. ^ 松浦玲『坂本龍馬』 (岩波新書、2008年) pp.120-121、126
  74. ^ 『坂本龍馬歴史大事典』(新人物往来社、2008年)pp.150-151、『坂本龍馬と海援隊』(新・歴史群像シリーズ 20)(学研パブリッシング、2009年)p.128
  75. ^ 佐々木克『坂本龍馬とその時代』(河出書房新社、2009年)pp.153-154
  76. ^ 松浦玲『坂本龍馬』(岩波新書、2008年)pp.129-130
  77. ^ 川田瑞穂『千里駒後日譚』(明治32年)
  78. ^ 『坂本龍馬と海援隊』(新・歴史群像シリーズ 20)(学研パブリッシング、2009年)p.129
  79. ^ 『坂本龍馬歴史大事典』(新人物往来社、2008年)p.176
  80. ^ 佐々木克『坂本龍馬とその時代』(河出書房新社、2009年)p.197
  81. ^ 菊地明、伊東成郎、山村竜也『坂本龍馬101の謎』(新人物往来社、2009年)pp.242-244
  82. ^ 『坂本龍馬伝』pp.106-109
  83. ^ 千里駒後日譚
  84. ^ 国立国会図書館下関市立長府博物館
  85. ^ a b c 坂本龍馬暗殺5日前の直筆手紙発見 高知の幕末維新博で公開へ 高知新聞、2017年1月14日閲覧。
  86. ^ a b 佐々木克『坂本龍馬とその時代』(河出書房新社、2009年)p.209
  87. ^ 『坂本龍馬と海援隊』(新・歴史群像シリーズ 20)(学研パブリッシング、2009年)p.96
  88. ^ 菊地明、伊東成郎、山村竜也『坂本龍馬101の謎』(新人物往来社、2009年)pp.303-305
  89. ^ 谷干城; 島内登志衛(編者) (1912年). “谷干城遺稿. 上”. 靖献社. 2018年11月6日閲覧。
  90. ^ 松浦玲『坂本龍馬』(岩波新書、2008年)pp.186-187など
  91. ^ 菊池明『龍馬暗殺 最後の謎』(新人物往来社、2009年)pp.78-121
  92. ^ 相川司『龍馬を殺したのは誰か』(河出書房新社、2009年)pp.199-202
  93. ^ 大正四年、鏡川畔顕彰碑
  94. ^ 明治十九年十二月十一日 松平春嶽書状、土方久元宛
  95. ^ 慶応二年二月二十二日付木戸書簡。東京国立博物館蔵
  96. ^ 『岩倉具視賜邸祝宴記』明治三年正月六日、東京日比谷邸。
  97. ^ 『公雑筆記』足利学校所蔵
  98. ^ 『東久世伯爵公用雑記』
  99. ^ 慶応二年二月二日『吉川経幹周旋紀』
  100. ^ 時田少輔、木戸寛治宛書簡
  101. ^ 防長史談会 『防長史談会雑誌』、1909年(日本語)。
  102. ^ 国立国会図書館デジタルコレクション - 維新風雲録 : 伊藤・井上二元老直話” (日本語). dl.ndl.go.jp. 2018年6月13日閲覧。
  103. ^ 『伊藤公直話』120P
  104. ^ 『坂本龍馬・中岡慎太郎式年祭』大山巌の祭文
  105. ^ 宮地正人 (2015). 平田国学の幕末維新. 吉川弘文館. 
  106. ^ 『毛利家文庫』 三吉慎蔵談話ノ要
  107. ^ 京都東山・贈正四位、坂本龍馬君忠魂碑
  108. ^ 『坂本龍馬言行録』
  109. ^ 『蘆花全集』第三巻所収、「青山白雲」
  110. ^ 『尾崎三良自叙略傳』中央公論社,1976
  111. ^ 長井, 長義、徳島大学薬学部長井長義資料委員会 『長井長義長崎日記』 徳島大学薬友会出版部、2002年(日本語)。
  112. ^ 寺村, 道成 『寺村左膳道成日記』 県立青山文庫後援会、1978年(日本語)。
  113. ^ 『寺村左膳道成日記』
  114. ^ 『下山尚述記西南紀行』龍馬越前藩士下山尚ニ大政返上策ヲ説ク
  115. ^ 関義臣回顧談『海援隊の回顧』
  116. ^ 『実録維新十傑 第九巻』
  117. ^ 『吉田数馬先生』川田正澂「逸事数節」
  118. ^ 昭和三年五月二十七日、朝日新聞記者・藤本尚則インタビュー
  119. ^ 若尾瀾水『葭厓座右帳』巻之六・三宅建海翁談
  120. ^ 武井 優. 龍馬の姪 岡上菊栄の生涯. 鳥影社. 
  121. ^ 雑誌キング昭和4年3月号(第5巻3号)「或日の龍馬」
  122. ^ 『生きている歴史』
  123. ^ 慶応3年(丁卯)11月18日、宮地彦三郎書簡
  124. ^ 『黒川秀波筆記』
  125. ^ 道太郎, 新谷; 18??-, 諏訪, 正; 述, 新谷道太郎; 編著, 諏訪正 (1937). 志士の遺言書 : 維新秘話. 塩冶村 (島根県): 諏訪正. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I001934086-00. 
  126. ^ 明治三十年八月一日・世界之日本第十八号所載『後藤伯』
  127. ^ 高知藩士故坂本竜馬故中岡慎太郎等家名再興』 アジア歴史資料センター Ref.A15071363700 
  128. ^ 賞典禄扶持等ノ部』 アジア歴史資料センター Ref.A07061837700 
  129. ^ 菊地明、伊東成郎、山村竜也『坂本龍馬101の謎』(新人物往来社、2009年)pp.343-345
  130. ^ 『坂本龍馬伝』pp.116-117
  131. ^ 近世報国赤心士鑑”. www.wul.waseda.ac.jp. 2018年6月21日閲覧。
  132. ^ 知野文哉. 「坂本龍馬」の誕生. 人文書院. 
  133. ^ a b 鳥居, 美和子 『明治以降教科書総合目録』 小宮山書店、1967年(日本語)。
  134. ^ a b c HI144 坂本龍馬忠魂碑”. 情報提供システム「フィールド・ミュージアム京都」. 京都市. 2018年11月11日閲覧。
  135. ^ 菊地明、伊東成郎、山村竜也『坂本龍馬101の謎』pp.346-348
  136. ^ 龍馬が寺田屋で襲撃された際に女将であったお登勢の子
  137. ^ 飛鳥井雅道『坂本龍馬』 (講談社学術文庫、2002年) p.9
  138. ^ TBS「歴史ミステリー 龍馬の黒幕」(2006年2月26日放送)
  139. ^ テレビ東京「新説!?日本ミステリー 第26回 坂本龍馬も薩長もフリーメイソンだった!? 」(2009年2月10日放送)
  140. ^ テレビ東京「ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説2010 春の2時間スペシャル! Mr.都市伝説 関が、坂本龍馬と秘密結社の関係に迫る!」(2010年3月15日放送)
  141. ^ 加治将一『あやつられた龍馬―明治維新と英国諜報部、そしてフリーメーソン』(祥伝社、2006年)、加治将一『石の扉―フリーメーソンで読み解く世界』(新潮社、2004年)
  142. ^ 加治将一『石の扉 フリーメーソンで読み解く歴史』(新潮社、2004年)
  143. ^ a b 宮地佐一郎『龍馬の手紙』(講談社学術文庫、2003年)pp.56-57
  144. ^ 平井家文書『平井女史涙痕録』(東京西山家所蔵)、宮地佐一郎『龍馬の手紙』(講談社学術文庫、2003年)p.57
  145. ^ 『坂本龍馬歴史大事典』(新人物往来社、2008年)p.61
  146. ^ 『幕末のこと』司馬遼太郎 1964 毎日新聞
  147. ^ 「竜馬の婚約者さなが結婚? 暗殺後、元鳥取藩士と」--共同通信、2010/07/03配信
  148. ^ (慶応元年9月9日付書簡) 宮地佐一郎『龍馬の手紙』(講談社学術文庫、2003年)pp.133-146、
  149. ^ 宮地佐一郎『龍馬の手紙』(講談社学術文庫、2003年)pp.257-264、
  150. ^ 安岡秀峰『反魂香』(明治32年)。鈴木かほる『史料が語る 坂本龍馬の妻お龍』(新人物往来社、2007年)pp.190-191
  151. ^ 阿井景子『龍馬と八人の女性』(戎光祥出版、2005年)pp.33-39
  152. ^ 『坂本龍馬歴史大事典』(新人物往来社、2008年)p.97
  153. ^ 阿井景子『龍馬と八人の女性』(戎光祥出版、2005年)pp.109-118
  154. ^ 安岡秀峰『反魂香』 (明治32年)。鈴木かほる『史料が語る 坂本龍馬の妻お龍』(新人物往来社、2007年)pp.200-201
  155. ^ 童門冬二『坂本龍馬の人生訓』pp.82-83
  156. ^ 『坂本龍馬 幕末歴史検定 公式テキストブック』(新人物往来社、2008年)pp.97-98
  157. ^ 『実録維新十傑. 第9卷』
  158. ^ 菊地明、伊東成郎、山村竜也『坂本龍馬101の謎』(新人物往来社、2009年)pp.220-222
  159. ^ 福永酔剣『日本刀物語』(雄山閣出版、1988年)pp.155-157
  160. ^ 小椋克己『龍馬が長い手紙を書く時』(戎光祥出版、2007年)pp.15-17
  161. ^ 福永酔剣『日本刀物語』(雄山閣出版、1988年)pp.159-162
  162. ^ 福永酔剣『日本刀物語』(雄山閣出版、1988年)pp.159
  163. ^ 福永酔剣『日本刀物語』(雄山閣出版、1988年)pp.158-159、163-166
  164. ^ 『企画展示「鐵[kuroganeの美2017」はじまりました!!』最上義光歴史館公式サイト2017年4月5日]
  165. ^ 写真と当時着用していた紋付のサイズを元に研究者が計算したところでは180cm(「爆笑問題のもうひとつの龍馬伝」NHK総合テレビ、2009年12月30日放送)
  166. ^ “龍馬大男説に1つの異論…169cm62kg”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2010年4月27日). http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20100427-OYT1T00064.htm 2010年4月27日閲覧。 
  167. ^ a b 童門冬二『坂本龍馬の人生訓』p197、php研究所
  168. ^ 坂本龍馬の家紋は?家紋の名前を教えてください。 - 高知県立坂本龍馬記念館
  169. ^ 土居晴夫『坂本龍馬の系譜』(新人物往来社、2006年)などが詳しい。
  170. ^ 土居晴夫『坂本龍馬とその一族』(新人物往来社、1985年)ISBN 978-4404013187、土居晴夫『坂本龍馬の系譜』(新人物往来社、2006年)。[1]
  171. ^ 橋本知事の記者会見
  172. ^ 高知龍馬空港公式サイト内「誕生「高知龍馬空港」」 (PDF)
  173. ^ 豊田きいち『事件で学ぶ著作権』(太田出版、2011年)pp.16-17
  174. ^ 小椋克己『龍馬が長い手紙を書く時』(戎光祥出版、2007年)p.221
  175. ^ 「リョーマの休日」県ポスター、彫刻作品と酷似 読売新聞 2012年5月5日
  176. ^ “都市間交流宣言:龍馬の絆で結ぶ協定 全国8市区、観光・防災で交流へ”. 毎日新聞. (2014年11月16日). オリジナルの2015年7月6日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/dWs14 
  177. ^ 『雋傑坂本先生傳』今幡西衛著”. 坂本中岡両先生銅像建設會 (1927年). 2014年8月8日閲覧。
  178. ^ ヤングアニマル連載・不定期連載。
  179. ^ 国立国会図書館デジタルコレクション - 近世史畧. 卷2” (日本語). dl.ndl.go.jp. 2018年6月14日閲覧。
  180. ^ 近事紀略” (日本語). school.nijl.ac.jp. 2018年6月14日閲覧。
  181. ^ 近世事情 三篇::近代書誌・近代画像データベース” (日本語). school.nijl.ac.jp. 2018年6月14日閲覧。
  182. ^ 国母陛下の御瑞夢::近代書誌・近代画像データベース” (日本語). school.nijl.ac.jp. 2018年6月23日閲覧。





坂本竜馬と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「坂本竜馬」の関連用語

坂本竜馬のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



坂本竜馬のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2019,Hofu Virtual Site Museum,Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの坂本龍馬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS