食育とは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 酪農用語 > 食育の意味・解説 

食育


食育とは、平成17年7月15日施行された「食育基本法に基づき国民生涯にわたって健全な心身を培い、豊かな人間性育むことができるよう計画的推進することです。

食育基本法の中では、「食育」を次のように説明しています。
(1) 生きる上で基本であって知育徳育及び体育基礎となるべきもの
(2) 様々な経験通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、
  健全な食生活実践することができる人間育てること

近年日本人食生活は、ライフスタイル多様化などに伴って大きく変化てきています。「食」を大切にする心や優れた食文化が失われつつあるという危機感の中から、「食育基本法」が制定されました。
実際栄養偏り、不規則食事、「食」に関する正し知識を持たない人の増加などが問題となっており、健全な食生活取り戻していくことが国民全体課題となっています。


食育

現在および将来にわたり、健康で文化的国民の生活や豊かで活力のある社会実現するため、様々な経験通じて国民食の安全性栄養食文化などの 「食」に関する知識と「食」を選択する力を養うことにより、健全な食生活実践することができる人間育てることをいいます。
平成17年7月15日施行された食育基本法では、「食育を、生きる上で基本であって知育徳育及び体育基礎となるべきものと位置付けるとともに様々 な経験通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活実践することができる人間育てる食育を推進することが求められている」としています。

食育

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/12 10:30 UTC 版)

食育(しょくいく)とは、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てることである。2005年に成立した食育基本法においては、生きるための基本的な知識であり、知識の教育、道徳教育、体育教育の基礎となるべきもの、と位置づけられている。単なる料理教育ではなく、食に対する心構えや栄養学、伝統的な食文化についての総合的な教育のことである。


  1. ^ 石塚左玄『化学的食養長寿論』 1896年(明治29年)、276頁。
    石塚左玄『通俗食物養生法』 1898年(明治31年)、178頁。
  2. ^ 村井弦斎、『食道楽』 全8冊、第3冊秋の巻、242-245頁、1903年(明治36年) - 1913年(大正2年)、東京、報知社。[1]
  3. ^ 菟道春千代『食パン亡国論』 食養新聞社、1906年(明治39年)、広告欄。
  4. ^ 菟道春千代『食パン亡国論』 食養新聞社、1906年(明治39年)、68頁
    角地藤太郎『化学的食養の調和』 増訂3版、1911年(明治44年)、36頁。
  5. ^ 厚生省保健医療局健康増進栄養課 『食育時代の食を考える』 中央法規出版、1993年11月。ISBN 978-4-8058-1165-8
  6. ^ 服部幸應 『食育のすすめ』 マガジンハウス、 1998年3月。ISBN 978-4838709564
  7. ^ 服部幸應、三國清三 『味覚を磨く』 角川書店《角川oneテーマ21 》、2006年11月。84頁。ISBN 978-4047100626
  8. ^ マクロビオティック協会 議員 日本の政治の方向転換 - 久司財団会長 久司道夫氏 インタビュー (イーウーマン)
  9. ^ 「マクロビィオティック講演会」講演録(平成17年7月7日開催)(静岡県ホームページ)、「第2部 鼎談」の3頁。
  10. ^ 第156回国会 農林水産委員会 第18号 平成15年6月26日(木曜日)(国会会議録検索システム)
  11. ^ マクドナルドが食育サイトを開設 (日経BPネット)
  12. ^ 食育授業レポート ちゃんと食べる.jp:食育
  13. ^ [2][リンク切れ]
  14. ^ 「食育」が危ない (フーズアンドヘルス研究所)
  15. ^ 食育の推進にむけて(PDF)(内閣府)
  16. ^ 中村丁次、前川喜平 特集 対談 「なぜ今、食育か」 『ふたば』、母子健康協会 No.70、2006年。(財団法人 母子健康協会)
  17. ^ 健康日本21とは - 各論 - 歯の健康21世紀における国民健康づくり運動
  18. ^ Food Marketing to Children and Youth: Threat or Opportunity?(Institute of medicine)
  19. ^ 米国の子どもたちの肥満は、「健康に悪い食品のCM」にさらされているから?(AFPBB News、2007年09月08日 10:16)
  20. ^ Bottlers Agree to a School Ban on Sweet Drinks(The New York Times, 2006-5-4)
  21. ^ Limiting Ads of Junk Food to Children(New York Times, July 18, 2007)
  22. ^ Interagency Working Group Seeks Input on Proposed Voluntary Principles for Marketing Food to Children(FTC, April 28 2011)
  23. ^ Julie Jargon マクドナルドに「ジャンクフード販売」中止要請―ロナルドにも引退勧告(ウォール・ストリート・ジャーナル日本版、2011年5月18日 )
  24. ^ Junk food ad crackdown announced(BBC NEWS, 17 November 2006)
  25. ^ Agency revises advice on certain artificial colours(英語)(Food Standards Agency)
  26. ^ a b Board discusses colours advice(Food Standards Agency, Friday 11 April 2008)
  27. ^ a b EU plans warning labels on artificial colours(The Guardian, August 11 2008)
  28. ^ Assessment of the results of the study by McCann et al. (2007) on the effect of some colours and sodium benzoate on children’s behaviour - Scientific Opinion of the Panel on Food Additives, Flavourings, Processing Aids and Food Contact Materials (AFC)(英語)(European Food Safety Authority, 14 March 2008)
  29. ^ 山田豊文『細胞から元気になる食事』新潮社 52頁 ISBN 978-4101372310
  30. ^ “東欧で肥満児急増 体操教室流行・ジャンクフード税導入”. 朝日新聞. (2010年3月16日). http://www.asahi.com/international/update/0316/TKY201003150469.html 2010年3月18日閲覧。 
  31. ^ 農林水産省:実践食育ナビ
  32. ^ 「健康寿命をのばそう!アワード」結果
  33. ^ ヘルスビズウォッチ:海外の食育に関する考察


「食育」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「食育」の関連用語

食育のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



食育のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
一般社団法人中央酪農会議一般社団法人中央酪農会議
(C) 2019 Japan Dairy Council All right reserved.
食品安全委員会食品安全委員会
Copyright © 2006 - 2019 Food Safety Commission. All Right Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの食育 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS