ロードバイクとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ロードバイクの意味・解説 

ロード‐バイク【road bike】


ロードバイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 21:16 UTC 版)

ロードバイク: road bike)とは国際自転車競技連合(UCI)が定めたロードレース用自転車またはそれに準じた物。「ロードレーサー」と呼ばれることもある[1](80年代までは「レーサー」の呼称の方が一般的だった。「バイク」は自動二輪車の呼称のため)。ツール・ド・フランスなどのUCI管轄の自転車ロードレースで用いられる。


注釈

  1. ^ 変速機もすでに登場していたが、ツール・ド・フランスでは禁止されていた。
  2. ^ 当時はフロントはシングル、リア3速が一般的だった。
  3. ^ 正確には、パンタグラフ=菱形、ではなく、平行四辺形=パラレログラム
  4. ^ 2010年1月に東京都稲城市で起きたロードバイクとの衝突による歩行者の死亡事故では、「前傾姿勢で信号が見えにくい。仕方がない」[2]「自転車の構造上、下向きになり、ヘルメットもかぶっていたので、信号が見えにくかった」[3]という加害者側の主張が一部認められ、禁錮2年、執行猶予3年の有罪判決で結審している[3]
  5. ^ しかし、特別な製品を除き、大多数の製品は競技など高いレベルでの使用を考慮した場合、手組ホイール同様にメカニックによる調律は必要である。
  6. ^ ただし、UCI管轄のロードレースでもタイムトライアル競技では空気抵抗を少しでも減らすためにブルホーンハンドルをもとに、ダウンヒルバーというアタッチメントがハンドル上部に装着する事が許される。UCIが管轄するロードレース以外の事に関してはUCIは関与できないため一般的に拘束できない。このため、一般的な街乗りやトライアスロン競技等ではブルホーンハンドルやダウンヒルバーを使うことは許される。

出典

  1. ^ 大辞林
  2. ^ 東光宏. “自転車に家族を殺されるということ”. 2015年3月24日閲覧。
  3. ^ a b 命奪う一瞬の不注意”. 読売新聞 (2015年3月5日). 2015年3月24日閲覧。[リンク切れ]
  4. ^ Weight Weenies WEIGHTWEENIES”. 2015年3月24日閲覧。



ロードバイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/06/10 01:59 UTC 版)

クライン (自転車ブランド)」の記事における「ロードバイク」の解説

クァンタムQuantum ) - クライン製作するロードバイクのフラッグシップレース機材としての性能追求したモデル派生型であるクァンタムプロ(Quantum Pro )では、独自のヘッドセット、エアヘッドが導入された。その他、クァンタムレース(Quantum Race )やその前モデルクァンタム2(Quantum 2 )、クァンタムエリート(Quantum Elite )などもある。なお後継のQライン違い全てアルミ製キルスティンKirsten ) - トップチューブ大きなスローピングがつけられており、足つき配慮されていた。サイズも47cmと50cmの二つで、小柄なライダー的を絞ったモデルだった。 パフォーマンスPerformance ) - 長距離レースツーリング主な用途とするモデル荷台取り付ける為の台座フレーム用意されていた。 Q-プロ(Q-Pro ) - シートステーとフロントフォークカーボン使用された、クァンタム後継となるモデル派生モデルとしてスローピングしたトップチューブを持つQ-カーボンQ-carbon )があり、後アウラAuraとなった Q-エリート(Q-Elite ) - クライン初となるフルカーボンバイク。ただしOCLVカーボンではない。 カルマKarma ) - シートステーとフロントフォークカーボン用い、フラットハンドルバーを取り付けたモデルレーヴRêve ) - カーボン化されたシートステーにエラストセルバンパーと呼ばれる樹脂製のサスペンション取り付けられ後輪から伝わ衝撃を吸収する機構になっているジオメトリ工夫により、ペダリングエネルギーサスペンション吸収されてしまうペダリングロスを極力排しシッティングでは通常のロードバイクと比べて遜色ない走行が可能。2007年パリ~ルーベでは、トレック自社のロードバイクにこの技術投入し実戦使用した。

※この「ロードバイク」の解説は、「クライン (自転車ブランド)」の解説の一部です。
「ロードバイク」を含む「クライン (自転車ブランド)」の記事については、「クライン (自転車ブランド)」の概要を参照ください。


ロードバイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/23 15:38 UTC 版)

GTバイシクルズ」の記事における「ロードバイク」の解説

ロードバイク車種備考Edge フレーム販売アルミチタンクロモリラインナップがあった。 FURY 偏平エアロチューブを多用したエアロロードモデル。後にDHバイクの名となったATTACK 6000系アルミフレームのミドルレーシングモデル。トリプルトライアングルフレーム採用FORCE 7000系アルミフレームシマノRSX組み合わせたエントリークラスロード。カジュアルロードと位置づけられている。こちらも後にMTBモデル名として復活している。 VENGEANCE フレーム販売トライアスロン向けエアロフレーム。 RAVE クロモリフレームのツーリング向けモデルZR 1999年発表ZRはZASKAR ROADの略。その名の通りトリプルトライアングルフレーム採用のレーシングフレームのロードバイク版。2000年代始めにベルギーLotto Adecco機材供給されツールドフランス等にも出ていた。上位グレードアメリカ本国生産

※この「ロードバイク」の解説は、「GTバイシクルズ」の解説の一部です。
「ロードバイク」を含む「GTバイシクルズ」の記事については、「GTバイシクルズ」の概要を参照ください。


ロードバイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/23 15:38 UTC 版)

GTバイシクルズ」の記事における「ロードバイク」の解説

現行車種2016年モデル車種備考GTS GTRシリーズ後継モデル GRADE グラベルロードモデル。カーボンフレームラインナップされる

※この「ロードバイク」の解説は、「GTバイシクルズ」の解説の一部です。
「ロードバイク」を含む「GTバイシクルズ」の記事については、「GTバイシクルズ」の概要を参照ください。


ロードバイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/08 22:29 UTC 版)

ポルシェバイクス」の記事における「ロードバイク」の解説

RS R ストークお家芸であるカーボン技術投入したRS、Rはその軽さ極限まで追い求め2003年度販売されたロードバイクの中では最軽量誇ったコンポーネンツはどちらのモデルシマノ社製デュラエースか、もしくはアルテグラから選択することが出来るRS・デュラエースモデルの重量は7100gで、価格74万円

※この「ロードバイク」の解説は、「ポルシェバイクス」の解説の一部です。
「ロードバイク」を含む「ポルシェバイクス」の記事については、「ポルシェバイクス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ロードバイク」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ロードバイク」の関連用語

ロードバイクのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ロードバイクのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのロードバイク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのクライン (自転車ブランド) (改訂履歴)、GTバイシクルズ (改訂履歴)、ポルシェバイクス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS