消費税増税とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 消費税増税の意味・解説 

消費増税

読み方:しょうひぞうぜい
別名:消費税増税

消費税対象とする増税消費税税率上げること、あるいは消費税対象広げることも該当し得る

消費増税は財源確保対応策ひとつとしてしばしば検討俎上に載る。ただし消費増税による消費活動萎縮景気への悪影響といったリスクも多い。消費増税の実施判断は慎重を極める

2011年3月東日本大震災発生し、政権与党であった民主党震災復興財源として復興再生債の発行立案した。その復興再生債の償還手段ひとつとして、消費増税も検討された。2012年には野田再改造内閣が消費増税を中心に据えた「社会保障と税の一体改革」を法案として成立させた。

2014年4月より地方消費税率が従来の5パーセントから8パーセント引き上げられた。さらに2015年10月に0パーセントまで引き上げ予定tなっているが、2014年10月時点10パーセントへの引き上げ時期再検討すべきとの議論が出てきている。

関連サイト
消費税法


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「消費税増税」の関連用語

消費税増税のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



消費税増税のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS