TRCとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 石油用語 > TRCの意味・解説 

テキサス鉄道委員会

読み方てきさすてつどういいんかい
【英】: texas railroad commission
略語: TRC

1891 年鉄道管理目的として設立された組織であるが、その後テキサス州内の産油割当てあるいは生産制限規則策定し、実施するようになって著名になった行機関である。1920 年代後半、イースト・テキサス大油田発見生産技術進歩などにより原油乱掘がひどくなり、石油価格暴落した。このため国内石油資源将来に不安の影を投げかけ、石油節約資源保存コンサーベーションconservation)が叫ばれ始めた。こうした動き背景に既に 1919 年より州内の石油産業監督に当たることになっていたテキサス鉄道委員会は、本格的な産油規制乗り出した。鉄道委員会石油業の監督に当たったのは、石油州際取引は主に鉄道によって行われていたためである。委員会の最も重要な仕事は、月々許容産油量allowable)を決めることであった。その際基準となる市場需要量などの数字は、内務省鉱山局から送られてくる。鉱山局は全国的立場からテキサス鉄道委員会のような産油諸州の生産規制委員会(オクラホマ州では企業委員会規制にあたっていた)にこうした資料を送って、いわば「間接統制」の役割を果たしていた。委員会には大小会社の代表たちが、翌月自社原油生産希望量を提出し、委員会坑井別に許容生産日数と 1 日あたりバーレルという生産量決定する。委員会生産規制生産制限)を行う公の理由は「資源保存」にあったが、実際に生産増大によって暴落した価格回復安定最大目的であったことは、その後メジャーズOPEC生産制限と軌を一にしている。テキサス鉄道委員会は、許容産油量決定以外にも、油井間隔(ウェル・スペーシング:well spacing)や天然ガス消費抑制にも権限をもっていた。委員会また、油田開発にあたって、「ユニタイゼーションunitization)」を半ば強制的に行ってきた。テキサス鉄道委員会などによる生産規制は、第二次世界大戦中国産石油増産の必要から実質的中止されたことがあったが、戦後再開され、大統領令による石油輸入数量規制と相まって米国石油需給調整一翼を担ってきた。しかし次第余剰生産能力がなくなり、1972 年許容産油量生産能力に対し 100 %としたあとは、実質的生産規制役割はなくなってきた。

TRC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/01/12 05:14 UTC 版)

TRC






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「TRC」の関連用語

TRCのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



TRCのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2018 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのTRC (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS