CR-Vとは?

CR-V

CR-V

主要諸元
タイプ ZXi HDD
NAVI
STYLE
ZX X ZLi HDD
NAVI
STYLE
ZL
駆動方式 4WD 2WD(FF)
  2.4L DOHC i-VTECPGM-FI
車名型式 ホンダ・DBA-RE4 ホンダ・DBA-RE3
トランスミッション 電子制御5速オートマチック









全長(m) 4.520
全幅(m) 1.820
全高(m) 1.690
ホイールベース(m) 2.620
トレッド(m) 前/後 1.565/1.565
最低地上高(m) 0.185
車両重量
kg
  1.560 1.550 1.550 1.530 1.500 1.480 1.480
最大車両重量
kg)※1
1.580 1.570 1.570 1.560 1.520 1.520 1.520
乗車定員(名) 5
客室寸法(m)
長さ/幅/高さ
1.900/1.465/1.255(サンルーフ装着車1.220)



エンジン型式 K24A
エンジン種類
シリンダー数及び配置
水冷直列4気筒横置
機構 DOHCチェーン駆動 吸気2 排気2
総排気量cm3 2.354
内径×行程mm 87.0×99.0
圧縮比 9.7
燃料供給装置形式 電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI
使用燃料種類 無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量(L) 58

最高出力
kWPS]/rpm)*
125[170]/5.800
最大トルク
N・mkg・m]/rpm)*
220[22.4]/4.200
燃料消費率km/L
10・15モード走行
国土交通省審査値)
11.6 12.2
(11.6)
※2
12.2
(11.6)
※3
主要燃費向上対策 可変バルブタイミング
最小回転半径(m) 5.5








変速比 1速 2.785
2速 1.613
3速 1.081
4速 0.772
5速 0.566
後退 2.000
減速比 前4.500
後2.562
4.500
ステアリング装置形式 ラック・ピニオン式(パワーステアリング仕様
タイヤ
前・後
225/60R18
100H
225/
65
R17
101S
225/60R18
100H
ブレーキ種類
形式(前/後)
油圧ベンチレーテッドディスク/
油圧ディスクドラム駐車ブレーキ内蔵
サスペンション方式
(前/後)
マクファーソン式(ストラット式)/
ダブルウィッシュボーン式
スタビライザー形式
(前/後)
トーション・バー

■※1メーカーオプション組み合わせ装着した場合最大車両重量です。各組み合わせ装着車両重量販売会社お問い合わせください
■※2〈 〉内は、メーカーオプション電動スモークドガラス・サンルーフ)装着車。
■※3〈 〉内は、メーカーオプション電動スモークドガラス・サンルーフ、運転席助手席8ウェイパワーシート)装着車。
。 ■*はネット値です。「ネット」とはエンジン車両搭載した状態とほぼ同条件測定したものです。 ■新単位として、出力は「PS」から「kW」に、トルクは「kg・m」から「N・m」に切り替わっています。

燃料消費率定められた試験条件での値です。お客様使用環境気象渋滞等)や運転方法急発進エアコン使用等)に応じて燃料消費率異なります。

主要諸元道路運送車両法による型式指定申請書数値
■CR-V、G-CON、IHCCINTER NAVI SYSTEMPGM-FIプロスマテックVSAVTEC本田技研工業株式会社登録商標です。
製造事業者本田技研工業株式会社


CR-V

英語 CR-V

Confortable Runabout Vehicle頭文字をとった。生活のあらゆるシーンを快適・軽快に楽しむクルマ標榜する。1995年10月初代モデル発売ホンダではこの種のクルマOEMにより他社から導入していたが、このクルマが初の自社開発SUVだった。セダン並み快適性ワゴンと並ぶユーティリティクロカン4WD負けない機動性あわせもつことを狙いとした。全幅は1750mmあり、3ナンバーエンジン新開発直4DOHC・2L(4連スリーブ)で、デュアルポンプによる4WDシステム採用97年10月マイナーチェンジ運転席助手席SRSエアバッグABSチャイルドシート固定機構付きシートベルトなどを標準装備とした。145psエンジンに5速MT組み合わせた、スポーティタイプを追加

98年12月フロントグリル前後バンパーを新デザインに、インテリアではシート表皮新しくする改良を行った。エンジン最高出力を150psにパワーアップした。4WDVSA(車両挙動安定システム)やAV一体型新世代ナビゲーションシステムオプション設定。新グレードとしてフルマーク追加。フルカラードボディ、バンパー内蔵フォグランプなど専用パーツ付けスペアタイヤ床下収納になった。99年11月には新世代ナビ標準装備したフルマークナビオ/パフォーマナビオを加え2000年5月にはパフォーマFF車設定した。

2001年9月6年ぶりのモデルチェンジがあり、寸法的には全長が25mm短くなったが、幅は30mm広がり室内長さ65mm、幅35mm、高さ20nアップして居住性が向上した。実用面でもリヤのシートが5:5から6:4分割になり、使い勝手がよくなった。エンジンは2Lの同排気量ながらi-VTEC変わりパワートルクとも増えた。4WD仕様には5速MT設定するが、4速ATが基本仕様モデルはフルマークとパフォーマ前者スペアタイヤをカーゴルーム床下収納するが、後者はテールゲートに設置することで見分けができた。

2002年10月一部モデル16インチアルミホイールや6スピーカー、キーレスエントリー・アンサーバック機構、リヤカメラ付きDVDナビゲーションシステム採用など、装備充実をはかった。iGモデルの4速AT車プライバシーガラス、フロントシートアームレスト、助手席シートアンダートレイをセットするCパッケージを、メーカーオプションモデルとして追加した。

CR-V

CR-V_2

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

バナジウム‐クロム

分子式CrV
その他の名称:Vanadium chromium、バナジウム-クロム


クロム‐バナジウム

分子式CrV
その他の名称:クロム-バナジウム、Chromium vanadium


ホンダ・CR-V

(CR-V から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/29 01:29 UTC 版)

CR-V(シーアール-ブイ)は、本田技研工業が生産・販売しているミドルサイズのSUVである。




注釈

  1. ^ 4WD車には「ルーフレール」を装備しない仕様が用意される

出典

  1. ^ 八重洲出版『driver』2012年12月号 p.54
  2. ^ [1] - 公益財団法人献血供給事業団
  3. ^ デアゴスティーニジャパン週刊日本の名車第23号17ページより。
  4. ^ 追加されたMT車はフロアシフトで駐車ブレーキもサイドレバー式となったため、ウォークスルーに適しているのはAT車である。
  5. ^ CR-V(ホンダ)1995年10月~2001年8月生産モデルのカタログ”. リクルート株式会社 (2020年1月19日). 2020年1月19日閲覧。
  6. ^ デアゴスティーニジャパン週刊日本の名車第34号17ページより。
  7. ^ CR-V(ホンダ)2001年9月~2006年9月生産モデルのカタログ”. リクルート株式会社 (2020年1月19日). 2020年1月19日閲覧。
  8. ^ デアゴスティーニジャパン週刊日本の名車第34号17ページより。
  9. ^ 东风本田汽车(武汉)有限公司CRV下线暨投放仪式” (中国語). 東風本田汽車 (2004年4月24日). 2013年7月26日閲覧。
  10. ^ 东风hondaCR-V5月12日全国统一上市” (中国語). 東風本田汽車 (2004年5月12日). 2013年7月26日閲覧。
  11. ^ デアゴスティーニジャパン 週刊日本の名車第26号 25ページより
  12. ^ 睿力和一 锋芒劲现-―东风Honda新世代CR-V超越诞生” (中国語). 東風本田汽車 (2007年4月18日). 2013年7月26日閲覧。
  13. ^ CR-V年销突破10万辆” (中国語). 東風本田汽車 (2009年12月10日). 2013年7月26日閲覧。
  14. ^ CR-V(ホンダ)2006年10月~2011年11月生産モデルのカタログ”. リクルート株式会社 (2020年1月19日). 2020年1月19日閲覧。
  15. ^ デアゴスティーニジャパン週刊日本の名車第89号15ページより。
  16. ^ デアゴスティーニジャパン週刊日本の名車第89号15ページより。
  17. ^ 2011年ロスアンゼルスオートショーにて「フィットEV」「CR-V」の市販モデルを世界初披露
  18. ^ New CR-V 先行スペシャルサイト
  19. ^ ホンダ CR-V 発表…日本専用モデル設定「やっぱりお膝元で売れてほしい」カービュー2011年12月9日(2011年12月13日 閲覧)
  20. ^ ホンダコリア、4世代CR-Vを発表中央日報 2011年12月21日(2012年3月8日閲覧)
  21. ^ 售价19.38—26.28万 全新CR-V领世启航” (中国語). 東風本田汽車 (2012年2月22日). 2013年7月26日閲覧。
  22. ^ デアゴスティーニジャパン週刊日本の名車第89号15ページより。
  23. ^ 2015 Honda CR-V 2015年3月16日閲覧
  24. ^ “北米向け新型「CR-V」を発表” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2016年10月14日), https://www.honda.co.jp/news/2016/4161014.html 
  25. ^ “北米向け新型「CR-V」を発表” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2016年10月14日), https://www.honda.co.jp/news/2016/4161014.html 
  26. ^ “東風ホンダ、新型「CR-V」を発表” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2017年7月10日), https://www.honda.co.jp/news/2017/4170710.html 
  27. ^ “「第45回東京モーターショー2017」Hondaブース出展概要について” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2017年9月29日), https://www.honda.co.jp/news/2017/c170929.html 
  28. ^ “「「東京オートサロン2018」出展概要” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2017年12月22日), https://www.honda.co.jp/news/2017/4171222.html 
  29. ^ “新型「CR-V」をホームページで先行公開” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2018年6月8日), https://www.honda.co.jp/news/2018/4180608.html 
  30. ^ “新型「CR-V」を発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2018年8月30日), https://www.honda.co.jp/news/2018/4180830-cr-v.html 
  31. ^ “「CR-V」をマイナーモデルチェンジし発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2020年6月18日), https://www.honda.co.jp/news/2020/4200618-cr-v.html 



CRV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/05/26 14:06 UTC 版)

CRV





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「CR-V」の関連用語

CR-Vのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
自動車メーカー一覧
ホンダの車種一覧



CR-Vのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
HONDAHONDA
(C) Honda Motor Co., Ltd. and its subsidiaries and affiliates. All rights reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのホンダ・CR-V (改訂履歴)、CRV (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS