インプレッサとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > インプレッサの意味・解説 

インプレッサ

英語 Impreza

インプレッサとは紋章金言などの意味の英語impresaからの造語水平対向エンジン4WDなど、スバル伝統テクノロジーベースに、若さ軽快さ、スポーティなどのイメージ付加したクルマとして、新し時代に新鮮な印象与える意味を込めネーミングだった。初代モデル1992年11月発売だが、それに合わせるようにレオーネ消滅

新型は4ドアハードトップのセダンと5ドアワゴンがあり、エンジン水平対向4気筒SOHC16バルブ・1.5Lの97psをベースとして、1.6L100ps、1.8L・115ps、2L・DOHC16バルブ・インタークーラー付きターボ・240psの4種。駆動方式FF4WDがあった。4WDシステムAT車電子制御多板クラッチによるアクティブ・トルクスプリット方式、5速MT車ベベルギヤによるセンターデフビスカスLSD組み合わせだった。サスペンション基本的にレガシィのものを流用

93年9月ワゴン型にスポーツ車WRXとWRX-SAを追加した。2L・DOHC16バルブ・ターボ付き・220psエンジンを積むフルタイム4WD車。セダンWRX電子制御E-AT(VTD不等L可変トルク配分装置付き)車も設定した。

94年1月スバル・テクニカ・インターナショナル(STI)が手がけた受注生産車、WRX-STi加えた。鍛造ピストンなど高度のチューニング施した250psエンジンを積むセダン/ワゴンで、ともに4WD仕様9月マイナーチェンジEJ20エンジンパワーアップエントリーモデル(1.5CS)の追加を行った。11月STIチューンWRXタイプRASTi発売。275psのハイパワーエンジンを搭載4WDシステム前後トルク配分3565デフロック比はフリーからロックまでをドライバー走行中も任意に行える機構付き12月、2ドアクーペをリトナの名前で追加設定エンジンSOHC16バルブで、1.5Lが97ps、1.6Lが100ps。1.5LエンジンFF車だけ。1.6Lエンジン搭載車は5速MTパートタイム4WD、ATはフルタイム4WD仕様だった。リトナとはスペイン語のRETONO(若枝、再び芽を出す)からの造語発売95年1月から。

95年8月WRX・STiバージョン追加

96年9月エンジン大幅改良従来SOHC16バルブの1.6Lはなくなり、1.5L・102ps、1.8L・120ps、2L・135psの自然吸気と、2L・240ps/同ターボ280psを機種により積み分けた。

97年9月マイナーチェンジインテリア改良したほか、WRX系のエンジン性能アップ安全性の向上をはかった。

98年9月、おもにエンジン改良。低・中速トルク強め加速をよくし、燃費向上も果たした。エクステリアでは新デザインフロントグリル、マルチリフレクター・ヘッドランプを採用12月ワゴンレトロ調特別仕様車カサブランカ設定。名前は、カサブランカの花のようなイメージからとった。99年9月には標準設定移行した。

2000年8月8年ぶりの衣替え。2代目4ドアセダンと5ドアワゴン、2ドアクーペの布陣を、セダンワゴンだけとし、セダン3ナンバー幅に広げて2L専用車とした。シリーズ名はWRX4WD仕様だけ。ワゴンエントリーカーのFF1.5L車とスポーツモデルの4WD仕様1.5L/2L車に分けた。2Lエンジンは155psとターボの250psの2本立て。これに5速MTとスポーツシフト付きE-AT(1.5LはスポーツシフトなしのE-AT)を組み合わせていた。10月、より走行性能高めSTiシリーズ追加セダンが3グレードワゴンが1グレードの計4機種セダンタイプRAには17インチ・タイヤ+ブレンボブレーキ16インチ・タイヤ仕様の2タイプがあった。エンジンは2L水冷DOHC16バルブターボで、ボア×ストローク92×75mraは8月発表時のもの変わらないが、STIシリンダーブロックピストンおよびコンロッドターボチャージャーインタークーラーのほか、排気系にも入念チューニング施した。最高出力280ps/6400rpm、最大トルク38.0kg-m/4000rpm。新開発クロスレシオ6速マニュアルミッションが付く。デュアルSRSエアバッグ標準装備走りに撤したスペシャル仕様だった。

12月装備見直しにより購入しやすい価格としたセダンSTi-S仕様追加2001年9月フロントグリルリファインなど意匠変更を行った。また、パワートレーンシャシー改良による運動性能と燃費の向上、EBD付きブレーキシステムの展開拡大など、全車改善した。フロントグリルオーナメントも、スバルエンブレム(六連星むつらぼし)に変更した。同じ月、WRX・STiベースSTi Prodrive Style設定した。スバルWRCカーチューニングするイギリスプロドライブ社と共同開発した、専用バンパーグリルサイド/リヤスポイラーなどをまとった本格的ロードスポーツ車。続いて12月にはSTi type RA spec Cを追加した。競技使用前提とした軽量化エンジン性能強化シャシー大幅改良をはかったモデル

2002年1月、スポーツワゴンにTYPE EURO設定。第35東京モーターショー参考出品したモデル市販したもので、ポルシェデザイン社が專用につくったバンパーグリル、ルーフスポイラーなどを架装エンジンは1.5L/2.0L/2.0Lターボ付きの3タイプがあった。11月フロント中心としたエクステリア一新同時に商品力強化をはかった。特にWRX STiシリーズ動力性能大幅高めとともにスバルMT車初となる電子制御4WDシステムドライバーズコントロールセンターデフ(オートモード付き)方式採用した。グレード呼称改めた。ターボエンジン搭載車は「WRX」、NAエンジン車は排気量数字で表す呼び方(1.5Lの場合は「15」、2Lの場合は「20」という数字最初に付く)になった。2003年9月には仕様装備充実をはかった。

インプレッサ

インプレッサ_2

インプレッサ_3

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

スバル・インプレッサ

(インプレッサ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/27 06:59 UTC 版)

インプレッサラテン文字表記: IMPREZA)は、SUBARU(旧・富士重工業)が生産・販売する乗用車である。


  1. ^ 初代のみ「グラベルEX」として日本でも販売
  2. ^ 若さ、軽快さ、スポーティなどのイメージを付加したクルマとして、新しい時代に、新鮮な印象 (=impression) を与える意味を籠めて命名した[3]という。
  3. ^ イスラエルにおいてはデビュー当初『グランドレオーネ』として販売された時期があった。別項「スバル・レオーネ#幻の4代目」も参照のこと。
  4. ^ ただし、スバルでこの程度のモデルサイクルは珍しくなく、サンバーは3代目 - 5代目までいずれも8 - 9年、最後の自社生産車となった6代目で13年、初代ドミンゴは11年、初代ジャスティは10年、初代プレオは11年(乗用モデルに限れば9年)である。
  5. ^ 「WRX」の由来は、かつてスバルのスポーティモデルを担っていたレオーネ RXに由来するという説と、「当時開発陣が、発売後はレガシィに代わるWRC参戦車両になることから"World Rally X"を略したコードで呼んでいたものがそのまま採用されただけ」とする説[10]がある。初代WRX(GC8型)のパッケージングの決定には、スバルワールドラリーチームとして活動しているイギリスプロドライブ社の意見も数多く取り入れられたと言われている。
  6. ^ 同社のヴィヴィオも同様の意匠。
  7. ^ 無塗装、エンジン・補器類・内装を装備しない基本骨格構造のみのボディ。
  8. ^ 電磁石を持つ円盤、鉄製円盤の2枚の円盤(クラッチプレート)からなり、回転する電磁石側の円盤に電流を流すと発生した磁力によりもう片方の鉄製円盤が吸い寄せられ摩擦力が発生し、トルクが伝わるというもの。電流のオンオフで動力の伝達・非伝達が切り替えられ、また、電力を調整することで伝達率も調節できる。
  9. ^ 「WRX type RA」には「インタークーラー・ウォーター・スプレー」を装備している。
  10. ^ 1994年から北米で販売されていた初代アウトバックスポーツの日本向けモデルである。アウトバックスポーツはアウトバック(日本名:レガシィグランドワゴン)のように専用デザインのバンパーは用意されていなかったが、グラベルEXは当時のRVブームに合わせガードバーやスペアタイヤキャリアを装備していた(のちに背面タイヤなし車も設定)。日本では人気を得ることができず、総生産台数は1,313台にとどまった。日本でのグラベルEX廃止以降も北米では2代目 - 3代目のインプレッサの5ドアをベースにした2 - 3代目アウトバックスポーツが存在し、2代目XVの北米導入に伴い廃止。
  11. ^ 一般販売車に設定されていたメタリックカラーの青とは別色の、スポーツブルーと呼ばれる当時のワークスラリーカーの塗装と同じ、ソリッドカラーの青である。
  12. ^ 1997年と1998年にもWRCメイクスタイトル獲得を記念して「V-Limited」が発売されたが、1999年と2000年はWRCでタイトルを逃したため、特別仕様車「Limited」として発売された。また、ベース車両は年によって異なる。
  13. ^ 22B-STI Versionはエンジンが無鉛プレミアムガソリン専用であり、レギュラーガソリンの使用は厳禁であった。
  14. ^ ワゴンは215/45ZR17タイヤまでの対応であったが、セダンは225/45ZR17タイヤに対応している。発売当初は2 Lターボモデル (WRX NB、20K) でも205/50R16タイヤが装着されたにとどまった(ノンターボのWRX NA、20Nは195/60R15)が、後に発売されたSTiには前記の17インチタイヤがそれぞれ装着された。また、フロントロアアームもセダンの2 L車(NA車AT車も含む)のみアルミ鍛造になっている。一方ワゴンはSTiでも鉄製である。
  15. ^ A,B,C各ピラーの上下端を左右一対で環状に繋ぐことで籠のような構造を成し、衝突時の衝撃を各フレームに分散させることでキャビンの変形を防ぎ、結果乗員を保護するというもの。全方位衝突に対応するという。3代目レガシィで初めて採用された。
  16. ^ プリ触媒:従来の触媒の他に高温度になりやすいターボチャージャーの直後にもうひとつ触媒を設置して、エンジン始動後早期に触媒の活性化、エンジン始動直後の排出ガスのクリーン化を図る。
  17. ^ 低燃費・低公害車の自動車税・自動車取得税を軽減する[24]
  18. ^ AT車はアクティブトルク スプリット4WD、MT車はビスカスLSD付センターデフ方式四輪駆動となる。
  19. ^ 5ドアは旧ワゴンの全長とほぼ同等とした上でハッチバックへ変更。
  20. ^ インプレッサが全車3ナンバー化されたことにより、スバルの軽自動車やトヨタダイハツからのOEM車種であるDEXを除く乗用車は、すべて3ナンバー登録の普通乗用車となっている。
  21. ^ 国外向けには4ドアセダンのWRXも存在する。
  22. ^ デュアルAVCSと呼称。
  23. ^ 5速MTは1.6 L・四輪駆動車のみ。
  24. ^ 「1.6i-L」の四輪駆動車・5MT車はオプション装着により「平成22年度燃費基準+25%」達成となる。
  25. ^ ルーフアンテナを含む数値。ルーフ高は1,455 mm。
  26. ^ 板厚を連続的に変化させて圧延した鋼板。
  27. ^ ホンダ・オデッセイで使用された英語バージョンではなく、オリジナルバージョンを起用。
  28. ^ 先代モデルでは「インプレッサSPORT HYBRID」の専用色として設定。
  29. ^ 「555」の数字は、当時スバルチームのスポンサーであったタバコブランド「ステートエクスプレス555」をタバコ広告禁止国でもアピールすべく、車両名にブランド名として付与したものである。
  30. ^ 同車系に2ドアモデルがない場合のみ4ドアモデルも使用できる。
  31. ^ スバル車としてはクスコのインプレッサに代わって、この年フルモデルチェンジしたレガシィB4がR&D SPORTより参戦している。
  32. ^ 企業名の表記は一貫して「STI」であるが、製品名には2005年(平成17年)4月24日まで「STi」が使われていた。
  33. ^ スバル車一般に対する愛称としてSUBIE(スビー)があり、そこからScoobyが派生し、知名度の高いインプレッサを特に指すようになった。英語発音のSUBARU(soo-ba-roo)とScooby-Dooが韻を踏んでいる。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「インプレッサ」の関連用語

インプレッサのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



インプレッサのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスバル・インプレッサ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS