ギャランとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > ギャランの意味・解説 

ギャラン

英語 Galant

ギャランとは、フランス語で勇ましい、勇気ある、洗練された華麗ななどの意味をもつ。初代1969年12月発売

三菱として初めコンピューター活用して開発したクルマといわれており、クリーンテイスト特徴だった。4ドアセダンで、エンジンは1.3Lと1.5L、フロントエンジン・リヤドライブ5ナンバーサイズ70年5月には三菱初の2ドアハードトップ車発売エンジンは1.5Lだった。ホイールベース2420mmはセダン同数値。71年8月ハードトップ車をマイナーチェンジ、1.5Lエンジンを1.6Lに拡大した。9月にはセダンタイプもマイナーチェンジして、エンジンは1.4Lと1.6Lに変わった

73年1月ハードトップGSモデルエンジンを、1.6Lから1.7Lに換装した。6月フルモデルチェンジ、2代目初代寸法全長4060/4080mm、全幅1560/1570mm(セダンハードトップ)だったが、新型ホイールベースだけ同じで、全長4200mm、全幅1600/1615mmになり多少拡大した。エンジンは1.6L、1.85L、2Lの3タイプだった。

76年5月、3代目になり、名称がギャランΣ(シグマギリシャ語アルファベット18番目の文字。英語のSに相当し、Summation、すべてを加えるの意。理想的セダン象徴)となった。コルトという名称は消滅した。エンジンバリエーション旧型変わらない。セダンタイプだけで、ホイールベース全長全幅ともに大型化した。11月に∧(ラムダギリシャ語豪華さを意味する)というモデル追加した。

80年5月デビューした4代目はさらに大きくなった。エンジンは1.6L、1.8L、2Lのガソリン、そして2.6Lのディーゼルターボが選べた。11月には2Lのターボエンジンを追加82年10月には1.8Lにもターボ仕様設定した。

83年9月、5代目FF車となって登場した。時代ミートする変更だった。4ドアセダンだけで、エンジンガソリンの1.8Lと2L自然吸気(NA)とターボ計4種。このとき、∧は消滅84年2月、1.6Lガソリンと1.8Lディーゼルターボエンジンを追加シリーズ充実をはかった。84年10月、4ドアハードトップ車を発売。ピラードタイプだった。エンジンは2Lで、NAターボインタークーラー付きターボと3チューンをそろえた。電子制御サスペンション電子制御パワーステアリングなどを採用したモデル

85年6月マイナーチェンジでは、シリウス・ダッシュという新エンジン搭載した。径の異なる2本のインテーク・バルブを2段階作動させ、200psの最高出力達成した。ATは電子制御タイプ進化

87年10月、6代目誕生今度はΣのサブネームを外し、新ギャランのデビューとなった(ただし、Σの名前はV6エンジン搭載セダンハードトップ車に残りその後タクシー仕様として生産続けた)。新型はオーガニック・フォルムと呼ぶ豊かな曲面をもつスタイリングとなった。エンジンガソリン仕様の1.6L、1.8L、2L、駆動方式FF4WDがあった。トップの2Lエンジン搭載モデルは、インタークーラー付きターボで205psを発生した。88年3月、1.8Lディーゼルターボ車を設定したのち、89年10月マイナーチェンジのときにAMGモデル追加

92年5月フルモデルチェンジで7代目となった。スタイリングシャープテイストをもち、サイズの点で3ナンバー車となった。エンジンガソリン仕様だけで直4の1.8L、V6の1.8Lと2L、同ターボをそろえた。2か月後の7月、2L直4のディーゼルターボエンジン車設定93年10月、2L・V6MIVEC(カム形状切替え機構備えDOHCエンジン)と1.8L、2直4MW(希薄燃焼エンジン)搭載車を発売した。

94年8月、4ドアハッチバック車のスポーツ加えた。RV要素盛り込んだ高性能タイプだった。

96年8月、8世代目となるフルモデルチェンジを行った。最大ニュースは、GDIと呼ぶシリンダー内直噴射ガソリン1.8Lエンジン導入したことだった。最大トルク最高出力を向上させながら低燃費と低エミッション達成した。5速ATも新採用このあと98年8月にフロント・リヤまわりのデザイン変更、2.4L・GDIエンジン採用などがあった。さらに、2000年5月マイナーチェンジで、1.8L・GDI新開発の2L・GDIエンジン(145ps)に変更そのほかボディ強化内外リフレッシュ実施した。なお、ギャランには姉妹車としてアスパイアというモデルがあり、カープラザ店販売する。2000年5月にギャランと一緒に一部改良エンジンを1.8Lから2L・GDIタイプ換装した。2.4Lエンジン設定はない。アスパイアとは大志を抱く、憧れの意。

2002年9月、ギャランに設定していた2.4L・GDIと2.5L・DOHCターボエンジンを廃止。2L・GDIのみになった。アスパイアも2L仕様だけ。同時に一部車種ホイールタイヤサイズアップブレーキドラムからディスクタイプに変更した。

ギャラン

ギャラン_2

ギャラン_3

ギャラン_4

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

三菱 ギャラン

8代目として1996年登場した新型ギャランは、世界先駆けて開発した究極高効率1.8Lエンジン=筒内噴射ガソリンエンジン:GDI(Gasoline Direct Injection)を搭載し、燃料消費35%、パワー10%、CO2排出量△35%を実現し、地球環境保護エネルギー問題に対応するとともにマニュアル感覚のシフト操作たのしめるINVECS-スポーツモード4A/Tと組合わせて力強い走り実現した。
GDIその後2.0L、2.4Lエンジン搭載ギャランにも採用拡大した。

保管場所:-

製作(製造)年:1996

製作者(社):三菱自動車工業株式会社

資料種類:-

現状:-

車名 / 製作
車名:ギャラン

モデル:E-EA1A

会社名:三菱自動車工業株式会社

製作年:19962005

設計者:三菱自動車工業株式会社

車種用途:ギャランシリーズ・乗用

型式 / 重量
スタイル:セダン

ドア:4ドア

乗員:5名

車両重量:1260Kg

車体 / 寸法
構造:モノコック

バンパー:あり

ステップ:なし

全長:4620mm

全幅:1740mm

全高:1420mm

ランプ形式:ハロゲンヘッドランプ

タイヤサイズ:195/60R15 88H

車体 / 車軸 /
操縦 / 付属
フレーム:モノコック

前軸:マルチリンク

後軸:マルチリンク

軸距:2635mm

トレッド×後トレッド:1510mm×1505mm

車高調:なし

ステアリング:ラック&ピニオン(パワーステアリング)

ブレーキ:ベンチレーテッドディスク、後ディスク

駐車ブレーキ:後輪制動

ダンパー:筒型単動式

スタビライザー:あり

走行安定装置:ABS

機関 / 寸法 /
出力
原動機:4G93

冷却/気筒配列:水冷直列4気筒

機構:DOHC16バルブ

気化器:電子制御塔内燃料噴射

内程×行程:81.0mm×89.0mm

排気量:1843cc

点火:フルトランジスタ式

最高出力/回転数:150PS/6500rpm

最大トルク/回転数:18.2kgf・m/2500rpm

排気浄化:HC選択還元リーンNOx触媒

燃料タンク容量:64L

ハイブリッド
ハイブリッドシステム形式:なし

駆動系
変速機:4AT、5MT

駆動方式:2WD

性能
モード燃費:16.2km/l


ギャラン

名前 Garrahan

ギャラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/10 09:26 UTC 版)

ギャラン






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ギャラン」の関連用語

ギャランのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ギャランのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
社団法人自動車技術会社団法人自動車技術会
COPYRIGHT(C)SOCIETY OF AUTOMOTIVE ENGINEERS OF JAPAN, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのギャラン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS