アタマとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > アタマの意味・解説 

あたま【頭】

動物の体の上端または前端部分で、脳や目・耳・鼻などの重要な感覚器官のある部分

㋐首から上の部分。かしら。こうべ。「頭を深く下げる」

人間では、頭髪生え部分動物では頭頂のあたり。「頭をかく」「の頭をなでてやる」

脳の働き思考力考え。「頭の回転速い」「頭に入れておく」「頭を切り替える

髪。頭髪。髪の形。「頭が白くなる」「頭を刈る」

物の先端上端てっぺん。「釘(くぎ)の頭」

物事のはじめ。最初。はな。「来月の頭から始める」

うわまえ。「頭をはねる」

主だった人。人の上に立つ者。首領。長。かしら。「頭に据える」

人数。頭かず。「頭がそろう」

(「ひとり」の下に付き接尾語的に用いて)人を単位とすることを表す。…あたり。「ひとり頭千円集める」

10 新聞一面トップ記事題号の左や下を占める。→肩

11 相場の最高点天井。「頭つかえ」

12頭金(あたまきん)」の略。

13 マージャンで、雀頭(ジャントウ)の俗称

[下接語] 毬栗(いがぐり)頭・石頭・大頭金槌(かなづち)頭・金柑(きんか)頭・慈姑(くわい)頭・芥子(けし)頭・外法(げほう)頭・孔子頭才槌(さいづち)頭・散切(ざんぎ)り頭・白髪頭・擂(す)り粉木頭茶瓶(ちゃびん)頭・禿(はげ)頭・ビリケン頭・坊主頭本多頭薬缶(やかん)頭・野郎頭


天窓

読み方:アタマ(atama

かしらの頂。


頭 アタマ


アタマ

読み方:あたま

  1. 火口ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・京都府
  2. 火口ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・大阪府

分類 京都府大阪府

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アタマ」の関連用語

アタマのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アタマのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
オレンジハウスオレンジハウス
Copyright(C) 2020 ORANGE HOUSE All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2020 Weblio RSS