猶予とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > 猶予 > 猶予の意味・解説 

ゆう‐よ〔イウ‐〕【猶予】

[名](スル)

ぐずぐず引き延ばして、決定実行しないこと。「もはや一刻の猶予も許されない」「猶予している場合ではない」

実行日時を延ばすこと。「返済一か月間猶予する」「執行猶予


いざよい〔いざよひ〕【十夜/猶予】

動詞いざよう」の連用形から。上代は「いさよい」》

十六夜

十六夜の月のこと。《 秋》「―もまだ更科の郡(こほり)かな/芭蕉

陰暦16日また、その夜

(猶予)進もうとして進まないこと。ためらい躊躇(ちゅうちょ)。

「君や来む我や行かむの―に(まき)の板戸もささず寝にけり」〈古今・恋四〉

[補説] 曲名別項。→十六夜


いざよい いざよひ [0]十六夜猶予

動詞いざよう連用形から。上代いさよい
陰暦8月16日の月。また、陰暦16日の夜。 十六夜 [季] 秋。 -もまた更科の郡かな /芭蕉 月の出十五夜よりやや遅くなるのを、月がためらっていると見立てた語
いざよいの月」の略。
ためらい猶予 青嶺あおね)ろにたなびくの-に物をそ思ふのこのころ/万葉集 3511

ゆう よ いう- [1]猶予

スル
実行期日を延ばすこと。また、延期認めること。 支払いを-してもらう 執行
ぐずぐずして物事決めないこと。 一刻も-すべき時ではない 猶余と書くのは誤り


猶予

読み方:イザヨイ(izayoi)

陰暦16日の月


猶予

読み方:ユウヨ(yuuyo)

実行期日を延ばすこと


猶予

作者

収載図書アフリカから吹いてきた風―牧創作
出版社同時代
刊行年月2004.1


猶予

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 06:42 UTC 版)

名詞

(ユウヨ)

  1. 期日延ばすこと。
  2. 物事ぐずぐず引き延ばしすこと。
  3. いざよい」の漢字表記熟字訓)のひとつ。

発音

ゆ↘ーよ

関連語

翻訳




猶予と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「猶予」の関連用語

猶予のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



猶予の意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの猶予 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS