ガイガーカウンターとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 装置 > 原子力プラント > ガイガーカウンターの意味・解説 

ガイガーカウンター


ガイガー‐カウンター【Geiger counter】

読み方:がいがーかうんたー

ガイガーミュラー計数管


ガイガー=ミュラー計数管

(ガイガーカウンター から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/01 14:16 UTC 版)

ガイガー=ミュラー計数管(ガイガー=ミュラーけいすうかん、Geiger-Müller counter)は、1928年ドイツハンス・ガイガーヴァルター・ミュラーが開発したガイガー=ミュラー管(Geiger-Müller tube)を応用した放射線量計測器である。


注釈

  1. ^ 防護量としては等価線量及び実効線量、実用量としては線量当量が用いられる。
  2. ^ NaI(Tl)シンチレーション検出器のガンマ線に対する検出効率は20~30%であり、GM管に比べて10~100倍も高い[11]
  3. ^ ガンマ線のさらに高度な分析、放射能(ベクレル)・エネルギー(スペクトル)・核種の同定の精密な計測には、素材にゲルマニウムなどを用いた半導体検出器が用いられるが、これは運用が非常に難しくコストもかかる。アルファ線やベータ線、中性子線などの測定には、ガンマ線専用とは違った素子を用いたそれぞれの線種に対応した専用のシンチレーション検出器などが用いられる。GM管でこれらを弁別するにはGM管を紙(アルファ線遮蔽)やアルミニウムアクリル樹脂(ベータ線遮蔽)などで覆うことによってアルファ線、ベータ線を遮蔽することによって、これらの差分をとることにより、アルファ線やベータ線の有無が判別出来る程度であり、アルファ線やベータ線を放出する核種やベクレルを精密に測定したい場合はそれぞれの線種に対応した専用の測定器を用いる必要性がある。

出典

  1. ^ 環境放射線の測定法 - 原子力百科事典ATOMICA
  2. ^ 神奈川歯科大 - ウェイバックマシン(2013年4月7日アーカイブ分)
  3. ^ GM 計数管の特性 一般の電気計測器に比較して桁違いに高い感度:東京理科大学理学部 物理学科
  4. ^ 大塚・西谷 2007, pp. 199–200.
  5. ^ 大塚・西谷 2007, p. 200.
  6. ^ 大塚・西谷 2015, p. 202.
  7. ^ a b 大塚・西谷 2007, p. 198.
  8. ^ a b c d e 大塚・西谷 2007, p. 197.
  9. ^ a b c d 大塚・西谷 2007, p. 196.
  10. ^ 大塚・西谷 2007, p. 199.
  11. ^ 大塚・西谷 2015, p. 222.
  12. ^ サーベイメータ 日本アイソトープ協会 (PDF)
  13. ^ GMサーベイメータ LUCREST TGS-1146 日立製作所 (PDF)
  14. ^ 放射線計測Q&A 公益財団法人放射線計測協会
  15. ^ α線用シンチレーションサーベイメータ TCS-232B 日立製作所 (PDF)
  16. ^ 放射線検出器(1) 兵庫県立篠山産業高等学校
  17. ^ 手作りセンサーで、放射線をキャッチしよう 日本ガイシ
  18. ^ Geiger counter(ガイガーカウンター)電脳実験室


「ガイガー=ミュラー計数管」の続きの解説一覧

「ガイガーカウンター」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ガイガーカウンターと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ガイガーカウンターのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ガイガーカウンターのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのガイガー=ミュラー計数管 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS