空間線量率とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 装置 > 原子力プラント > 空間線量率の意味・解説 

空間線量率(空気吸収線量率)

対象とする空間単位時間当たりの放射線量を空間線量率という。 放射線の量を物質放射線から吸収したエネルギー量で測定する場合線量率単位は、Gy/h(グレイ/時)で表す。空気吸収線量率ともいい、表示単位一般的にnGy/h(ナノグレイ/時)及びμSv/h(マイクロシーベルト/時)である。 原子力発電所では、周辺環境の安全を確かめるため、モニタリングステーション及びモニタリングポスト施設周辺設置し、環境中の空気吸収線量率連続して測定している。



空間線量率と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「空間線量率」の関連用語

空間線量率のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



空間線量率のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
文部科学省文部科学省
Copyright (C) 2020 文部科学省 All rights reserved.
環境防災Nネットホームページ原子力防災基礎用語集

©2020 Weblio RSS