日米原子力協定とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 契約 > 協定 > 日米原子力協定の意味・解説 

日米原子力協定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/14 15:09 UTC 版)

日米原子力協定(にちべいげんしりょくきょうてい)は、1988年7月に発効した条約である。アメリカ合衆国から日本への核燃料の調達や再処理、資機材・技術の導入などについて取り決めている。正式名称は原子力の平和的利用に関する協力のための日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の協定英語: Agreement for Cooperation Between the Government of the United States of America and the Government of Japan Concerning Peaceful Uses of Nuclear Energy)。


  1. ^ 1955年(昭和30年)12月29日外務省告示第138号「原子力の非軍事的利用に関する協力のための日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の協定に法的効力を与えるため必要な憲法上の又は法律上のすべての手続が完了したことを確認した公文がアメリカ合衆国政府との間で交換された件」
  2. ^ 原子力産業会議 1986, p. 37.
  3. ^ 『昭和52年版原子力白書』日米原子力協力協定の動き
  4. ^ 田中慎吾「日米原子力研究協定の成立:日本側交渉過程の分析」 (PDF) 『国際公共政策研究』13(2) pp.141-156
  5. ^ 原子力年表 1958年(昭和33年)(17-01-02-06) - 原子力百科事典ATOMICA
  6. ^ 原子力産業会議 1986, p. 64.
  7. ^ 1959年(昭和34年)2月17日条約第10号「原子力の非軍事的利用に関する協力のための日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の協定を改正する議定書」、1959年(昭和34年)2月17日外務省告示第23号
  8. ^ 1968年(昭和43年)7月10日条約第14号「原子力の非軍事的利用に関する協力のための日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の協定」、1968年(昭和43年)7月10日外務省告示第169号「原子力の日軍事的利用に関する日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の協定の効力発生の件」
  9. ^ 原子力産業会議 1986, p. 176.
  10. ^ 1973年(昭和48年)12月21日条約第13号「原子力の非軍事的利用に関する協力のための日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の協定を改正する議定書」、1973年(昭和48年)12月21日外務省告示第302号「原子力の非軍事的利用に関する協力のための日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の協定を改正する議定書の効力発生の件」
  11. ^ 1988年(昭和63年)7月2日外務省告示第354号「原子力の平和的利用に関する協力のための日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の協定の効力発生に関する件」
  12. ^ 日米原子力協定 (13-04-02-01) - 原子力百科事典ATOMICA
  13. ^ 遠藤哲也(日本国際問題研究所特別研究員、元原子力委員会委員長代理)「満期が近づく日米原子力協定の今後」(2012年9月19日記)


「日米原子力協定」の続きの解説一覧



日米原子力協定と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日米原子力協定」の関連用語

日米原子力協定のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日米原子力協定のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日米原子力協定 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS