原子力外交とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 原子力外交の意味・解説 

原子力外交

読み方:げんしりょくがいこう

原子力発電中心とした原子力技術利用に関する諸外国との交渉海外建設計画が進められている原子力発電所建設受注などを得るため、外交政策として推進されている。

原子力発電は、安定して多量電力供給でき、発電時に二酸化炭素排出しない発電手段である。近年になって「原子力ルネサンス」とも呼ばれる見直し再評価進んでいる。特に2000年代後半からは、世界各地原発建設計画が進められており、原発建設ラッシュとも呼べる状況を呈している。

日本国内50基以上の原子炉を持つ、世界有数原子力発電利用国であり、原子力発電プラント開発についても高い市場シェア持っている技術力と、原子力の平和的利用に関する国際的信頼などを活かした、原発ビジネス国際的展開が期待されている。

原子力関連技術資材について輸出入を行うには、2国間あるいは多国間で原子力協定締結する必要がある日本これまで日米原子力協定日英原子力協定日豪原子力協定日加原子力協定日仏原子力協定日中原子力協定日ユーラトム原子力協定などを締結している、2000年代後半になり、さらに日韓原子力協定日露原子力協定日越原子力協定日トルコ原子力協定日・ヨルダン原子力協定日インド原子力協定などを締結もしくは締結にむけて交渉を進めている。これらの国の多くが、今後数年から数十以内国内原発建設計画している国である。

関連サイト
日本の原子力外交 - 外務省


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「原子力外交」の関連用語

原子力外交のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



原子力外交のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS