セシウム134とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > セシウム134の意味・解説 

セシウム134

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/16 14:25 UTC 版)

セシウム134: caesium-134, 134
55
Cs
)はセシウム放射性同位体の1つで、質量数が134のものを指す。半減期は2.0652年である。核分裂生成物のうち放射能汚染の原因となる主要三核種のひとつである[2]


  1. ^ [1] Nuclide Information 55-Cs-134
  2. ^ ほかの主要三核種はヨウ素131セシウム137である。三核種は軽いため飛び散りやすく、人体に摂取されやすい水溶性である。(高田純『放射線防護の基礎知識』イーグルパブリシング、2011年、pp.102-103)
  3. ^ Fission Product Yields per 100 Fissions for 235U Thermal Neutron Induced Fission Decay, T.R. England and B.F. Rider, LA-UR-94-3106, ENDF-349


「セシウム134」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「セシウム134」の関連用語

セシウム134のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



セシウム134のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのセシウム134 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS