SL理論とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > ビジネス > 人材マネジメント用語 > SL理論の意味・解説 

SL理論

【英】Situational Leadership

1977年ハーシィ(P.Hersey)とブランチャード(K.H.Blanchard) が提唱したリーダーシップ条件適応理論

マネジメントする人間どのようなリーダシップを取るのが望ましいかというのは部下成熟度によって有効なリーダシップスタイルが異なるという考え方

フィドラーのコンティンジェンシー・モデルの状況要因を掘り下げて部下成熟度着目して提唱された。

縦軸仕事志向横軸人間志向強さとして4象限参加的・委任的・説得的教示的)に分けそれぞれの状況リーダーシップ有効性高めていくにはどうすれば良いかを示している

・SL理論では部下成熟度によって有効なリーダシップ下記の4つリーダーシップ規定される

教示指導)型リーダーシップ成熟度の低い部下の場合)
具体的に指示し行動促す
タスク志向高く人間関係志向の低いリーダーシップ
部下成熟度未成熟

説得コーチ)型リーダーシップ部下成熟度高めてきた場合
こちらの考え説明し疑問応える
タスク志向人間関係ともに高いリーダーシップ
部下成熟度:やや未成熟

参加カウンセリング)型リーダーシップ部下がさらに成熟度高めてきた場)
自立性促すため激励したり、考え合わせ環境整備する
タスク志向低く人間関係志向の高いリーダーシップ
部下成熟度:やや成熟

委任エンパワーメント)型リーダーシップ部下完全に自立性高めてきた場合
権限責任委譲する
タスク志向人間関係志向ともに最小限リーダーシップ
委任リーダーシップ
部下成熟度成熟

関連ページ
人事制度
人材育成
FFSurvey / 職務遂行診断
目標設定力育成プログラム
組織変革力育成プログラム

シチュエーションリーダーシップ

(SL理論 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/03 06:52 UTC 版)

シチュエーション・リーダーシップ理論,または 状況対応型リーダーシップ理論, または SL理論, は、ポール・ハーシー英語版ケン・ブランチャード英語版によって作成された理論で、組織が機能的に行動するための管理方法に取り組んでいる際開発された。この理論は1969年、彼らによって「リーダーシップのライフサイクル理論」"life cycle theory of leadership"として初めて導入された後、1970年代半ばに「状況対応型リーダーシップ理論」"Situational Leadership Theory"に改名された。国内ではSL理論としての呼称が多い。




「シチュエーションリーダーシップ」の続きの解説一覧

「SL理論」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

SL理論のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



SL理論のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2022 Active and Company Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシチュエーションリーダーシップ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS