手練とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 学術 > 技巧 > 手練の意味・解説 

て‐れん【手練】

人をだましてあやつる技巧方法手管(てくだ)。

娼妓(うかれめ)に―あるは当然にして」〈逍遥当世書生気質


しゅ‐れん【手練】

[名](スル)熟練した手際。よく慣れてじょうずな手並みまた、よく練習すること。「手練の早業

琵琶の上手なりしが、又三味線をも―し」〈田口日本開化小史


て‐だれ【手足れ/手練】

《「てだり」の音変化。「てたれ」とも》技芸武芸などに熟達していること。腕きき。「―の剣客




手練と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「手練」の関連用語

手練のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



手練のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2020 Weblio RSS