手編みとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 手編みの意味・解説 

て‐あみ【手編み】

手で編むこと。また、手で編んだ物。


手編み

作者山田正紀

収載図書ロシアン・ルーレット
出版社集英社
刊行年月2005.3


手編み

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/14 22:44 UTC 版)

様々な棒針片側に抜け」を止める「玉」がついているものや両端とがっているものがあるかぎ針写真右下2本)、そしてあみものに使うさまざまな道具ほつれ止め、はさみ 等々)。 手編みの場合、複数本の棒針用い棒針編み技法や、鈎状かぎ針1本で編むかぎ針編みクロシェ)、また針は使わずもっぱら指だけで編む指編みなどがある。編物用いる「針」(棒状道具)を編み針呼び素材は、竹、金属プラスチックなどがある。「棒針」と「かぎ針」がある。針の太さは号数表し日本の規格では数字大きいほど太い。糸の編み始め編み終わり処理するため、あるいは編んだものを縫い合わせるために、糸を通す穴の開いた金属製とじ針用いられる形状一見すると裁縫用のに似ているが、先端鋭く尖ってはいない。その他、ほつれ止め作業休止する場合編み目が解ないよう保持する器具)、編んだ目の数を数えるためのカウンターなどが用いられる

※この「手編み」の解説は、「編み物」の解説の一部です。» 「編み物」の概要を見る


手編み

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/27 20:14 UTC 版)

一部生きている根の橋足場他の自然物人工物助け借りずインドゴムノキの根の手作業の手入れのみで、純粋に造成される。根の利用している地元の人は、機会を見て若い根を手入れして少しずつ手を加えていくことが多い。根の造成は非常に社会的な取り組みであり、維持永続的な作業であると言える

※この「手編み」の解説は、「生きている根の橋」の解説の一部です。» 「生きている根の橋」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「手編み」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

手編みのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



手編みのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの編み物 (改訂履歴)、生きている根の橋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS