手締めとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 手締めの意味・解説 

手締め

読み方:てじめ
別表記:手じめ

物事が無事に終了したことを祝して、協力者の皆で揃って手拍子を打つこと。手拍子をもって締め」とし、物事区切り付けることを意味する表現

て じめ [0][3]手締め

物事決着成就を祝って、関係者がそろって拍子合わせて手を打つこと。手打ち

手締め

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/12 17:09 UTC 版)

手締め(てじめ)とは日本の風習の一つで物事が無事に終わったことを祝って、その関係者が掛け声とともにリズムを合わせて打つ手拍子である。手打ちともいう。祭り冠婚葬祭などの式典、商談や株主総会などの終わりに行われる。


  1. ^ a b c d e f g h i j k 端田晶「第二講義 無礼講での暴言と謀議」『もっと美味しくビールが飲みたい! - 酒と酒場の耳学問』講談社〈講談社文庫〉、2008年7月15日、第1刷、72から76ページ。ISBN 978-4062761130


「手締め」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「手締め」の関連用語

手締めのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



手締めのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの手締め (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS