達士とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 達士の意味・解説 

たっ‐し【達士】

ある物事熟達した人。練達の士


教士

(達士 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/04 09:00 UTC 版)

教士(きょうし、:Teacher)は、武道における称号の第2位。上位の称号に「範士」、下位の称号に「錬士」がある[注釈 1][1]


注釈

  1. ^ 居合道においては、全日本居合道連盟のみ、教士と範士の間に「準範士」の称号を制定している。
  2. ^ 戦前は、段位と称号を併記して肩書きに使うことはほとんどなく、称号のみを使っていた。戦後に併記するようになったが、称号の上に段位を付し、「七段教士」といういい方もなされていた[2]
  3. ^ 学位は学校教育法学位規則に定められているが、武道の称号にそのような根拠法令はない。また、軽犯罪法第1条15の規定により、「官公職位階勲等学位その他法令により定められた称号若しくは外国におけるこれらに準ずるものを詐称し、又は資格がないのにかかわらず、法令により定められた制服若しくは勲章記章その他の標章若しくはこれらに似せて作つた物を用いた者」は、拘留又は科料に処されるが、武道の称号はこれには該当しない。
  4. ^ 1914年大正3年)9月、「技能円熟特に斯道の模範となるべき者」には60歳未満であっても特例で範士号を授与することと定め、剣道内藤高治(52歳)、高野佐三郎(52歳)、門奈正(59歳)、柔道磯貝一(44歳)、山下義韶(50歳)、永岡秀一(39歳)に範士号が授与された。

出典

  1. ^ 新村出広辞苑 第六版』(岩波書店2011年)729頁および松村明編『大辞林 第三版』(三省堂2006年)650頁参照。
  2. ^ 日本武道学会剣道専門分科会編『剣道を知る事典』95頁、東京堂出版
  3. ^ 資格審査登録者一覧「教士」|日本泳法 公益財団法人日本水泳連盟


「教士」の続きの解説一覧



達士と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「達士」の関連用語

達士のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



達士のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの教士 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS